ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学−ぱらぶら屋書店目録


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


 
F191 F442 F443 F192 F200 F543 
   
 F604 F423 F614 F209 F325 F647 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
F330 カフカ傑作短篇集 フランツ・カフカ/長谷川四郎訳 福武文庫 1989
4版
\500 程度A \410
●カフカ文学の一大転換点ともなった記念碑的作品「判決」をはじめ、長篇「アメリカ」の序章ともいうべき「火夫」、アフォリズム的断章を積み重ねた「彼」など21篇を収録。
F163 アメリカ フランカ・カフカ/中井正文訳 角川文庫リバイバルコレクション 1989
11版
\600 程度A \670
●故国ドイツを追われたカール少年はアメリカへ渡る…。一種の冒険旅行小説の形式を借りた本書は、「城」「審判」とともに孤独三部作といわれ、絶好のカフカ入門テクストである。
F673 カフカ(身体のトポス)現代思想の冒険者たち04 平野嘉彦 講談社 1996
初版
\800 程度A- \2,600
●近代の悪夢を予兆する異化と夢幻の作品世界を、記号論の方法で精緻に読み解く。付・略年譜、主要著作ダイジェスト他。
F286 カフカの恋人 ミレナ M・ブーバー=ノイマン/田中昌子訳 平凡社ライブラリー 1993
初版
\500 程度A- \1,400
●ひとりのジャーナリストとして、またひとりの人間、ひとりの女性として、真摯かつ果敢に生を全うしたミレナ。ナチス女性収容所で彼女と出会い、固い友情で結ばれた著者によって綴られる、ミレナの生涯と過酷な時代の証言。
F314 複製技術時代の芸術(ヴァルター・ベンヤミン著作集2) ヴァルター・ベンヤミン/編集解説佐々木甚一 晶文社 1996
26版
\600 程度A、帯、ビニールカバー \1,600
●20世紀は映像の世紀である。映画や写真などの複製芸術はどんな可能性をはらんでいるのか?巨大な思想家ベンヤミンの刺激あふれる先駆的映像芸術論。
F441 ドイツ・ロマン主義(ヴァルター・ベンヤミン著作集4) ヴァルター・ベンヤミン/編集解説大峯顕・高木久雄 晶文社 1989
9版
\600 程度A、ビニールカバー、帯 \1,600
●「ドイツロマン主義における芸術批評の概念(序論、反省、芸術批評、初期ロマン主義の芸術理論とゲーテ)」を収録。
F442
画像
ボードレール(新編増補)(ヴァルター・ベンヤミン著作集6) ヴァルター・ベンヤミン/編集解説川村二郎・野村修 晶文社 1986
5版
\600 程度A、ビニールカバー、帯 \1,550
●「パリ19世紀の首都」「ボードレールにおける第2帝政期のパリ」「ボードレールのいくつかのモティーフについて」「セントラル・パーク」「翻訳者の使命」を収録。
F443
画像
文学の危機(ヴァルター・ベンヤミン著作集7) ヴァルター・ベンヤミン/編集解説高木久雄 晶文社 1989
7版
\700 程度A、ビニールカバー、帯 \1,700
●「マルセル・プルーストのイメージについて」「カール・クラウス」「フランツ・カフカ」「ローベルト・ワルザー」「ドストエフスキーの『白痴』」「小説の危機」「物語作者」を収録。
F627 ボードレール他5編(ベンヤミンの仕事2) ヴァルター・ベンヤミン/野村修編訳 岩波文庫 2005
5版
\500 程度A- \798
●時代の強風にあおられて、その生の中断を余儀なくされたベンヤミンだが、彼の遺した仕事はこの危機の時代においてますます清新な輝きを放っている。パリ亡命後に書かれた文章のうち、大衆化時代の芸術を考える上で欠かせない「複製技術の時代における芸術作品」など、生涯の思考の結晶ともいうべき「歴史の概念について」に至る6篇。
F215 ヴァルター・ベンヤミン(近代の星座) 高橋順一 講談社現代新書 1991
初版
\600 程度A(表紙カバー裏袖の下角の応募券切り痕) \600
●オーム・ド・レットル―ジャンルを越境・解体する文の人。近代という歴史状況の中で断片としての事象の裂け目から根源の歴史=目覚めを待つ歴史の真理を見通すベンヤミン。認識のラディカリズムを貫き通した彼の思考運動の核を探る。
F423
画像
ベビュカン(あるいは奇蹟のディレッタントたち) カール・アインシュタイン/鈴木芳子訳 未知谷 2003
初版
\800 程度A- \1,680
●1912年初出のキュビスムス小説。崇高と卑俗の変転、形而上学と道化芝居の交錯。全篇を貫く知的諧謔に、同時代の表現主義者やダダイスト達から熱狂的な支持を受けた。詳細解説付き。
F669 スフィンクスステーキ(ミュノーナ短篇集) ミュノーナ/鈴木芳子訳 未知谷 2005
初版
\800 程度A- \1,890
●人生の戯画を飄々たる笑いに昇華させた彩り豊かなショート・ショートで、物語の底にユーモアと哀しみと苦渋が漂う。論理的知性と奇抜なアイデア、哲学者=作家としての遊び心が一体化し、思わず読み手を奇想の世界に引き込む。
F403 十三の不気味な物語 ハンス・ヘニー・ヤーン/種村季弘訳 白水ブックス 1991
6版
\500 程度A-(カバー天少シワ) \960
●神を恐れぬ肉欲、同性愛、近親相姦、動物偏愛…ヤーンの好んでとりあげる世界に尋常一様なものはなにひとつない。すべてが、赤裸々にあばかれた生の暗流のなかを寄辺なくただよう。「デーブリン亡きあとドイツ散文の最も重要な作家」と評された、ヤーンの戦慄的な13篇。
F200
画像
蜘蛛の巣 ヨーゼフ・ロート/池内紀訳 白水社 1991
初版
\600 程度A- \1,400
●1923年のウィーンの日刊誌に連載された小説「蜘蛛の巣」。連載が終了した二日後ナチスによるミュンヘン暴動。ほとんど原寸大といっていい正確さで、暴動前夜の時代の雰囲気を伝えている。主人公テオドール・ローゼはいま一人のヒトラー、あるいはヒムラーである(訳者あとがきより)。ロートの処女作。
F201 果てしなき逃走 ヨーゼフ・ロート/平田達治訳 岩波文庫 1993
初版
\500 程度A- \460
●オーストリアの将校トゥンダは第一次世界大戦のさなかロシア軍に捕えられ、赤軍の兵士として革命を戦うことになる。十年ののち故郷に帰還したとき、もはやそこには彼の居場所はなかった…。ロートが故郷喪失者のさすらいを描いた代表作。
F337 マリオと魔術師 トマス・マン/竹村道雄訳 角川文庫リバイバルコレクション 1989
3版
\500 程度A- \360
●いかなる深淵にも恐れることなく降りゆく果敢な冒険者、マン。ロマン主義の鬼子ナチスの影が忍び寄るドイツで、魂の深層に潜む前理性的なものの巧妙な利用を描いた「ファシズムの心理学」である。
F204 ケストナーの生涯(ドレースデンの抵抗作家) 高橋健二 福武文庫 1992
初版
\500 程度B+、(1頁分、頁隅折れ痕及びシワ、修復済) \728
●「エーミールと探偵たち」「飛ぶ教室」など知られるケストナー。ナチス政権化、多くの作家が亡命する中、執筆を禁止され財産をさしおさえながらも、愛するドイツに留まった強靭な精神の持ち主でもあった。ドイツ文学研究の第一人者が記す、ケストナーの波瀾に富んだ生涯、出生の秘密「ケストナーについて」も収録。
F647
画像
大きなケストナーの本 エーリッヒ・ケストナー、シルヴィア・リスト編/丘澤静也・岸美光・初見基訳 マガジンハウス 1995
2版
\1,200 程度A-、帯 \3,800
●8歳から80歳までの「子ども」たちに愛され、軽快で、簡潔で、男らしく、ユーモアにみちた作品を書いたケストナーの魅力がたっぷりの一巻全集。物語、詩、ドラマ、評論、講演、自伝、日記、手紙を、彼の生涯にそって並べた画期的な編集。写真、絵、図版も多数収録。
F640 三人の女・黒つぐみ ムジール/川村二郎訳 岩波文庫 2008
3版
\500 本体程度A、カバー程度A- \630
●愛するトンカの不貞と妊娠。疑いようもない事実を前に困惑しながらも、恋人の青年はなお不貞を否認するトンカの言葉を信じようとする。限りなく哀切な愛の物語「トンカ」をはじめ、「グリージャ」「ポルトガルの女」の3篇からなる短篇集『三人の女』に、日常世界への神秘の訪れを語った短篇「黒つぐみ」を併収。
F654 [新訳]メトロポリス テア・フォン・ハルボウ/酒寄進一訳 中公文庫 2011
初版
\400 程度A- \800
●バビロンタワーがそびえたち、歓楽街ヨシワラの灯がきらめく巨大都市メトロポリス。その全ては労働者たちがかしずく偉大な機械で支えられていた。ある一体の女性ロボットが誕生するまでは―言わずと知れた名画の原作、近代ドイツの黄金期を反映した耽美なSF世界が新訳で登場!詳細な訳注・訳者解説を収録。
F543
画像
リスボンの夜 レマルク/松谷健二訳 早川書房 1972
初版
\500 程度A- \800
●「西部戦線異常なし」で世界的な作家になったレマルクの長編第10作目。祖国を追われ、中立国ポルトガルの都リスボンにたどり着いた亡命ドイツ人の物語。
F604
画像
汽車は遅れなかった ハインリヒ・ベル/桜井正寅訳 三笠書房 1974
初版
\500 程度A-〜B+、帯(イタミ・ヤブレ) ¥750
●ノーベル賞受賞作品。青春を戦争でふみにじられ、死期すらも予告された一帰休兵を主人公に、人間の限界状況における「生」の実存に鋭く迫った反戦文学の最高峰。
F635 女ねずみ ギュンター・グラス/高本研一・依岡隆児訳 国書刊行会 1994
初版
\700 程度A-、カバー程度A-〜B+ \2,800
●ブリキの太鼓、グリム童話、ハーメルンの笛吹き男…。奔放な想像力によって塗りかえられた物語の悪夢。記憶にひそむ終末の予感…。既存の秩序を大きく揺るがす問題作。現代文明への問いかけを続けるグラスの80年代の傑作。
F542 蟹の横歩き(ヴィルヘルム・グストロフ号事件) ギュンター・グラス/池内紀訳 集英社 2003
初版
\800 程度A- \2,205
●ヒットラー政権末期、ドイツ難民を乗せた客船がソ連の魚雷に撃沈された。海運史上最大の惨事となりながら記憶から抹殺された悲劇が、あえてタブーに挑んだグラスの手で甦る。
F619 幸せではないが、もういい ぺーター・ハントケ/元吉 瑞枝訳 同学社 2003
再版
\600 程度A \1,575
●51歳で自殺した母。事実を前に言葉は「闇の中へ失墜する」。事実と言葉をめぐる戦いの記録。ハントケ初期の代表作。
F209
画像
イギリスだより(カレル・チャペックエッセイ選集2) カレル・チャペック/飯島周編訳 恒文社 1996
初版
\700 程度A-、帯 \1,900
●公園の老木と芝生の美しさ、伝統主義の秘密、島国根性の長所と短所、大都会ロンドンの交通事情…等、現代にも通じるイギリス文明批評。
F625 スペイン旅行記(カレル・チャペックエッセイ選集5) カレル・チャペック/飯島周編訳 恒文社 1997
初版
\700 程度A-、帯 \2,000
●イスラムやキリスト教はじめ多種多様な文化が混在して豊かな趣をたたえたスペインの風物を、独自の観察と描写で紹介!マドリード、トレド諸都市の風景、ベラスケスやゴヤなどの絵画、闘牛やフラメンコ、壮大な建築、魅力的な美女な風俗一般を、巧みに描写。
F192
画像
ポケットから出てきたミステリー カレル・チャペック/田才益夫訳 晶文社 2001
初版
\900 程度A- \2,520
●人生こそ、究極のミステリー。金庫破りの達人はなぜ捕まったのか?赤ん坊誘拐事件の真相は?ゆかいな結婚詐欺師の陥った罠とは?人間のおかしさ、愚かさ、ぎこちなさをとびっきりのユーモアにくるんで描く24の狂想曲。味わい深いショートミステリー集。
F557 クラカチット カレル・チャペック/田才益夫訳 楡出版 1992
初版
\900 程度A-〜程度B+、帯 \2,500
●原子爆薬“クラカチット”のレシピー取得に賭けて発明者プロコプがたどる、恋と冒険のロマネスク。作品発表時に二十数年後の核兵器製造にかかわった物理学者たちの良心の行動を予見した問題作。
F614
画像
不埒な人たち ヤロスラフ・ハシェク/飯島周訳 平凡社 2002
初版
\700 程度A- \1,890
●不良で、動物好きで、とてつもない飲んべえで、法螺吹きのでたらめ人間、でも、文章を書く能力は抜群で、威張っている奴を見ると、どうしてもからかいたくなる―そんなハシェクの魅力を一挙紹介!『兵士シュヴェイクの冒険』で知られ、カフカ、チャペックと並ぶチェコの代表的人気作家の実体験に基づく(?)面白すぎる短編25編。
F675 チョコスロヴァキアめぐり(カレル・チャペック旅行記コレクション) カレル・チャペック/飯島周編訳 ちくま文庫 2007
初版
\400 程度A- \777
●故郷をこよなく愛するとともに、世界各地の多様な風景・風俗を愛したチャペックは多くの旅行記を遺している。本書は故郷チェコスロヴァキアの国内見聞記。子どもの頃から親しみ、童話の舞台にもなった風景や人々の暮らしを丁寧にあたたかく描くなかに、鋭い社会批評が挟まれる名エッセイ。イラスト多数。
F325
画像
ズザナとマリエ(女のロマネスクE) オルガ・シャインプルゴヴァー/栗栖継訳 晶文社 1975
初版
\600 程度A-〜程度B+ \980
●人気絶頂の美貌の女優ズザナ。思いかけぬ火傷を顔面に負って、その苦悩と絶望の日々が始まる。離婚問題を一方に抱え、自殺まで思いつめるズザナの前に、ある日数奇な運命の重荷を背負う一人の女が現れた。ナチス・ドイツの侵略という時代の嵐のなかで、悲痛な愛の生きたこの女マリエの告白は、ズザナを驚愕させずにおかない…。
F606 裏切られた遺言 ミラン・クンデラ/西永良成訳 集英社 1994
初版
\800 程度A-、カバー微ヤブレ(修復済) ¥2,600
●カフカ、ヘミングウェイ、ストラヴィンスキー、ヤナーチェク…彼らはなぜ裏切られたのか。冷戦の終焉により、言いたいことが言えるようになったことを冷静で透徹した考察の形で発表、ミラン・クンデラの小説のような評論集。
F394 灰とダイヤモンド(上) アンジェイェフスキ/川上 洸訳 岩波文庫 1998
初版
\700 程度A- \588
灰とダイヤモンド(下) アンジェイェフスキ/川上 洸訳 岩波文庫 1998
初版
(2冊揃い) 程度A- \588
●焦土と化した戦後ポーランドの混沌とした状況を4日間の出来事に凝集した長篇小説。政権側要人の暗殺命令を一人で引き受けて射殺される一青年の悲劇を中心に、社会各層の混乱と矛盾を鮮やかに描き出される。作者が脚本に参加したワイダの同名の映画の原作。
F191
画像
ムロージェク短編集 所長 スウヴォーミル・ムロージェク/芝田文乃訳 未知谷 2001
初版
\700 程度A- \2,050
●現代ポーランドを代表する異能作家がグロテスクで不条理な設定を駆使し、ナンセンス、パロディ、黒いユーモア、シュールなホラ話、辛辣な風刺諧謔と、ステロタイプな思考や制度を嗤う68編。一読微笑、再読哄笑、三読苦笑の快作。
F550 ムロージェク短編集 鰐の涙 スウヴォーミル・ムロージェク/芝田文乃訳 未知谷 2002
初版
\700 程度A- \2,100
●世界でも指折りのショートショートの名手が、風刺的な才能を満開に、不条理を嗤う。理屈抜きに面白い73篇に15の1コマ漫画も収録。2001年刊行「所長」に続く第2弾。
F426 令嬢クリスティナ ミルチャ・エリアーデ/住谷春也訳 作品社 1995
2版
\800 程度A-、帯 \2,200
●現世から離れ切れない幽霊、その霊にあやつられる美少女…。ルーマニアの貴族屋敷を舞台に繰り広げられる、妖しくもエロティックな吸血鬼伝説。
F653 新詩集 アデイ・エンドレ/原田清美訳 未知谷 2006
初版
\900 程度A- \2,520
●ぼくはゴーグとマゴーグの息子、 門を、壁を、空しく叩く だが、おまえたちにたずねたい、 カルパチアの下で泣いてもよいのか、と。「ハンガリーのボードレール」と称されるアディの、運命の人レーダに捧げた詩集。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る