日本の演劇(評論・教本/俳優自伝・エッセー)/ミュージカル/ダンス/舞踏/バレエ/歌舞伎の他−ぱらぶら屋書店目録


●トップページ ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


     
H276  H991 H740 H787 H1509 H700 H1222 H1531 
     
 H540 H1328 H1301 H949 H012 H811 H951 H1511 
番号 書名 著者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
H012
画像
同時代演劇と劇作家たち 大笹吉雄 劇書房 1981
2版
\800 程度A-〜B+ \1,600
●60年、70年代の演劇の流れを綴った第1部。別役実、清水邦夫、寺山修司、佐藤誠、唐十郎、井上ひさし、里吉よしみ、つかこうへい、各々の作家論を描いた第2部という構成による評論集。
H1509
画像
盗まれたリアル(90年代演劇は語る) 長谷部浩 アスペクト 1998
初版
\700 程度A-、帯 \2,100
●岩松了、野田秀樹、宮沢章夫、デヴィット・ルヴォー、いのうえひでのり、平田オリザ、松尾スズキの7人の劇作家・演出家が語る21世紀の風景。90年代小劇場演劇の動向についてのスケッチも収録。
H1510 紙宇宙船に乗って(川本三郎対談集) 川本三郎 白水社 1987
初版
\700 程度A-〜B \1,300
●都市を写像する六つのキーワードと、それをめぐっての六つの対談。これは、時代のパイロット川本三郎と都市に生きる6人の演劇人が行なう「ことばの星間旅行」である。
H276
画像
IT’A SMALL WORLD(東京・小劇場の俳優たち) 写真・大須賀博/インタビュー・文・岡田恵和 千早書房 1988
初版
\1,300 程度A-〜B \2,500
●自転車キンクリート、山の手事情社、東京壱組、善人会議、ショーマ、花組芝居、離風霊船、ネバーランド・ミュージカル・コミュニティ、遊◎機械/全自動シアター、21世紀FOX、ランプティ・バンプティの11劇団から2名づつ計22名が自己演出した写真集。
H1511
画像
俳優座劇場の50年(1954年―2003年)    株式会社俳優座劇場 2004
初版
\1,300 程度A-(地スレ、カバー天地シワ) -
●俳優座劇場創立50周年を記念して作られた記念写真集。全108頁。
H991
画像
東京初台演劇夜話 大笹吉雄 新水社 2006
初版
\1,000 程度A-、帯、(表紙カバー微ヤブレ・修復済) \2,520
●1997年に落成した新国立劇場開場以来、10年間にわたるレパートリーを通じて、現代演劇の過去・現在・未来を探る。劇界に一石を投じた「岸田国士再見」を併載。
H301 残像にインストール 新川貴詩 光琳社出版 1994
初版
\800 程度A-、帯 \2,200
●奥村ゆき正、毛利臣男、小池博史、呉泰錫、生田萬、日比野克彦、太田省吾、飴屋法水、内藤こづえ、G.B.コルセッティの10人の舞台美術家や劇作家とのインタビューを交えながら、舞台美術をインスターションとして論じる最新型クリティック集。
H157 日本の現代演劇 扇田昭彦 岩波新書 1995
初版
\500 程度A- \620
●1960年代に台頭した小劇場運動は、日本の現代演劇を一変させた。唐十郎、鈴木忠志ら第一世代を中心に、つかこうへい、野田秀樹ら後続世代を描いて、新しい感性が織りなすドラマを、同時代の現実と感触の中で浮彫りにする。
H631 舞台は語る(現代演劇とミュージカル) 扇田昭彦 集英社新書 2002
初版
\500 程度A- \735
●60年代から劇評家として第一線に立ち、リアルタイムの情報を発信し続けてきた著者ならではの、現代演劇・ミュージカルの読み解き。唐十郎、寺山修司、蜷川幸雄、つかこうへいから現在までの舞台を、身体、家族劇等々のかつてない視点で振り返る。
H1131 ビバ!ミュージカル! 扇田昭彦 朝日新聞社 1994
初版
\800 程度A、帯 \2,000
●急成長を続けている日本のミュージカルをとりあげた、演劇記者による本格的評論集。83年から93年まで日本で上演されたミュージカルについての舞台評と、日本のミュージカルの流れについての展望を語る。
H630 父親のいない劇場から(演劇に同時代を視る) 風間研 青弓社 1990
初版
\800 程度A- \1,730
●若者たちは、演劇を通じて何を「大人たち」に訴えているのか。鴻上尚史、川村毅、野田秀樹、竹内銃一郎、横内謙介、ジキテン、青い鳥などの演劇を「読解」しながら、小劇場に足繁く通って、「若者ウォッチング」した“演劇の社会学”。
H740
画像
小劇場、みんながヒーローの世界(現代演劇の風景) 風間研 青弓社 1993
初版
\800 程度A- \2,060
●生きる意味を見失った若者たちと大人になれない大人たち。つかこうへい以後、時代を挑発し続ける小劇場の最前線から現代日本の閉塞状況と脱出の可能性を検証する、新しい世代のための演劇論。取り上げるのは「自転車キンクリート」「ゴジラ(大橋泰彦)」「鐘下辰男」「ジプシー(横内謙介)」「岩松了と東京乾電池」「ムーンライト(遊◎機械/全自動シアター)」「ヴァンブショウ(三谷幸喜)」他。
H787
画像
坂の上のファイターたち 土井美和子 毎日出版社 1993
初版
\700 程度A- \1,500
●劇作家、演出家、役者―。それぞれのパートは分かれていても、特に演劇界に新しい波を巻き起こした10人の異才が語るそれ自らの軌跡。取り上げるのは、唐十郎、石橋蓮司、白石加代子、佐藤信、吉田日出子、市村正親、風間杜夫、野田秀樹、高泉淳子、三谷幸喜。
H863 小劇場が燃えていた[80年代芝居狂いノート] 小森収 宝島社 2005
初版
\700 程度A-、帯 \1,700
●芝居道楽が嵩じて、1984年「初日通信」というミニコミ誌を始め、やめるまでの12年間浴びるほど芝居を観た著者が、1980年代から90年代前半にかけての日本演劇を回想する。
H1580 小劇場ワンダーランド(ぴあMOOK)    ぴあ株式会社 2009
初版
\700 程度A- \1,890
●劇作家が映画の脚本を手掛けたり、人気の俳優が劇作家と刺激的なコラボレーションを実現させたり、いま小劇場は、各ジャンルから熱い注目を集めている。しかし、どこかマニアックなイメージもあって、実際に足を運ぶのをためらう演劇初心者も多いと思われる。せっかく面白い世界が広がっているのに。そこで小劇場と縁の深い本広克行監督や中井美穂ら、各ジャンルの目利きの方たちに、多彩な才能あふれる小劇場ワールドの案内人として立っていただきます。一度体験すると止められない、小劇場ワンダーランドへようこそ!!
H982 生きること 演じること 神山典士 ぴあ 2002
初版
\700 程度A-、帯 \1,680
●一流と呼ばれる演劇人たちは、人生の喜びも悲しみもすべて背負って舞台にたつ。客席からは想像すらできなかった彼らの怒り、迷い、悲しみ、そして喜び…。演劇と人生を愛するすべてに捧ぐ。
H1433 だから演劇は面白い 北村明子 小学館新書 2009
初版
\400 程度A \735
●堤真一などを擁する芸能プロ「シス・カンパニー」の社長にして、手がけた舞台55本がすべて黒字の演劇プロデューサー・北村明子。興行は水物、の常識を覆す驚異の記録は、いかにして成し遂げられたかを語りおろす。
H700
画像
シアター・ナウ(劇場を駆けぬける言葉) 社団法人日本劇団協議会編 あづき 2003
初版
\700 程度A、帯 \1,680
●いま「楽しくてしょうがない」13人のインタビュー集。山崎正和、別役実、鴻上尚史、蜷川幸雄、井上ひさし、小田島雄志、野田秀樹、清水邦夫、栗山民也、唐十郎、渡辺えり子、ディヴィッド・ルヴォー、太田省吾。
H1153 旬の演劇をつくる10人(インタビュー集) 社団法人日本劇団協議会編 あづき 2005
初版
\800 程度A、帯(スレ) \2,100
●いのうえひでのり、永井愛、中村勘九郎、野村萬斎、ケラリーノ・サンドロビッチ、大竹しのぶ、坂手洋二、マキノノゾミ、宮田慶子、鵜山仁の計10人へのインタビュー集。
H1109 シアター・ドロップス 岡崎香編著 青山出版社 2001
初版
\700 程度A-、帯 \1,575
●小劇場のすべてがここにある。101演劇団体データ、寄稿エッセイ。最新インタビュー等を収録。
H371 高校生のための上演作品ガイド 岡野宏文 白水社 2003
初版
\800 程度A-、帯 \1,500
●古今東西の劇作品50本について、データ化したガイドブック。あらすじ、平均的な上演時間、男女別登場人物数、作品解説、収録されている書籍の出版元、在庫あるなし等。また同作家の他の作品数本の、作品名、登場人数等を掲載する。演劇入門に最適な本。
H1037 喜劇の手法(笑いのしくみを探る) 喜志哲雄 集英社新書 2006
初版
\400 程度A- \735
●笑いのエッセンスを、シェイクスピアやモリエール、さらにニール・サイモンやハロルド・ピンターなどの代表作から注意深く抽出し、そこに仕掛けられた創意あふれる手法を読み解き、笑いの源泉へと迫っていく。演劇的知を駆使して喜劇の魅力を解き明かした、最良の演劇入門書。
H1122 芝居ばかりが芝居じゃない 高山図南雄 晩成書房 1990
2版
\700 程度A-〜B+ \1,545
●目次より、「いつも自分から出発する」「劇はみんなでつくるもの」「普段着の演技」「ジバリッシュ」「観客を忘れるな」「動物練習」「スタニスラーフスキイが追及したもの」「マリリン・モンローの『もう一つの顔』」他。
H655 あきらめない 演劇は非戦の力 上演台本と会の記録 イラク攻撃と有事法制に反対する演劇人の会・編 汐文社 2003
初版
\500 程度A \1,260
●「巻頭言(永井愛)」、「台本 あきらめない 演劇は非戦の力―斉藤憐・台本/渡辺えりこ・演出、第1部朗読と歌(9・11とイラク問題を中心に)、第2部世界各地の子どもたち『今、世界各地の「この子」たちは』、第3部アピールと手紙」、「補記、『ニィテンニィハチ』という始まり(丸尾聡)、『あきらめない人々』〜4月5日までの3週間〜(篠原久美子)、私はあきらめない(渡辺えり子)、『宿題』を抱えつつ(坂手洋二)、言葉を伝える(斉藤憐)」他。
H445 舞台人スナップショット 小田島雄志 朝日文庫 1998
初版
\500 程度A \777
●「舞台人とつきあった時間は、ぼくの人生においてほとんど全財産と言ってもいい大切な経験である―」。英米文学者・演劇評論家として匿名な著者ならではのとっておきのエピソードを交えて綴る、94人の「舞台人」との交流と演劇の楽しさ、素晴らしさ。貴重な舞台写真も多数収録。
H1038 小田島雄志の芝居遊歩 小田島雄志 白水社 1992
初版
\600 程度A- \1,600
●1989年から91年まで3年間にわたって産経新聞土曜日朝刊に連載した、当時の著者が観劇した「芝居雑文」または「観劇おたのしみ帳」というべきコラムを集めたもの。
H205 ハムレットと乾杯! 小田島雄志 晶文社 1984
初版
\500 程度A- \981
●芝居を愛し、本を愛し、お酒を愛し、こよなく人生を愛する小田島ハムレットのとっておきの話の数々。「大いに笑って、大いに悩もうじゃないか!哲学じゃジュリエットはつくれないのだから」。ユーモアあふれる交友録、家庭論、読書術などを満載。
H1061 帰ってきた黄金バット 釉木淑乃 集英社 2006
初版
\700 程度A、帯 \1,890
●伝説の劇団となった東京キッドブラザース。劇団員だった兄・永倉万治と仲間たちの足跡をたどり、時代の輝きを描く。
H1252 魔都ノート(異形の演劇論) 中島梓 講談社 1989
初版
\700 程度A-、帯 \1,500
●ミュージカル「魔都」制作に至る秘話…。そして、演劇と小説への熱き思いを語る。書下ろし長篇エッセイ。
H1360 わたしたちと劇場 清水裕之編著 芸団協出版部 1993
初版
\900 程度A-〜B+ \2,500
●芸術、技術、経営、鑑賞、批評、支援など、さまざまな領域の共同から生まれる舞台芸術。40人のさまざまな角度からの眼が、劇場を透視する。「パブリックシアターの可能性」「現代につくりたい『芝居小屋』」「文化ホールがまちをつくる」など。
H1477 地域演劇という不思議な空間(甦る情景…期待と混沌と) 東義人 書肆侃侃房 2008
初版
\700 程度A-、カバー少イタミ \1,890
●地域演劇は常に動いている。空気を読み、旬の話題を劇にする。こんな面白いジャンルはない。著者はそう思い、ひたすら観て批評を書いてきた。15年かけて取り上げた演劇舞台の数は140以上。その時々の演劇写真、パンフやチラシも入り、時代の雰囲気がうまく切り取られていて、興味深い内容になった。劇団の中には、もう消えたものもあり、今にして大切な記録になっている。巻末の「福岡・九州、地域演劇の今」(高崎大志氏執筆)も貴重な現代描写である。 ※日本経済新聞夕刊コラム「アプローチ九州」に15年にわたって連載し、115回批評を掲載。登場する劇団は、67劇団。
H771 夢空間(池袋小劇場の30年) 関きよし 新読書社 2003
初版
\900 程度A- \2,625
●池袋を根城に、30年にも及ぶ演劇活動を続けてきた「池袋小劇場」の演出家・関きよし。その一風変わった演出や自らの半生を描く。
H1024 “遠藤さんの原っぱ”で遊んだ日(遠藤周作と世界一の素人劇団「樹座」 山崎陽子「樹座」座付き作者 小池書院 2000
初版
\700 程度A(表紙微色落ち) \1,890
●1968年当時、45歳だった座長・遠藤周作の「退屈だから芝居でもやってみようか」の一言で始まった素人劇団「樹座」。20年にわたって座付き作者を務めた著者による劇団の軌跡。
H949
画像
恐くて不思議な話が好き(白石加代子の百物語) 赤川次郎、阿刀田高、高橋克彦他 劇書房 1996
初版
\800 程度A- \1,854
●1992年にはじまり、今も続けられている女優・白石加代子による「百物語」。シリーズに作品が登場した人気作家たちが「恐くて不思議な話」への熱い思い出を語るアンソロジー。
H124 劇作家8人によるロジックゲーム 渡辺えり子、成井豊、三谷幸喜他 白水社 1992
初版
\600 程度A-、帯 \1,359
●渡辺えり子「恋愛論」、内藤裕敬「ヒーロー論」、成井豊「友情論」、三谷幸喜「八方美人論」、大橋泰彦「からくり論」、如月小春「消費論」、鄭義信「さすらい論」、北村想「帰郷論」収録。
H1223 ドラマが成り立つ時 木下順二 岩波書店 1981
初版
\700 程度A-〜B+、函 \1,900
●木下順二が1976年以降に演劇について書いた文章をまとめたもの。
H1224 知盛逍遥 嵐圭史 早川書房 1991
2版
\700 程度A、帯 \1,600
●木下順二の名作「子午線の祀り」で主役の平知盛を演じた嵐圭史。役の創造の苦しみと喜びを描く。
H648 おれのことなら放つといて 中村伸郎 早川書房 1986
再版
\600 程度A-〜B(表紙カバー帯があった所以外少ヤケ) \1,400
●役者の道に入ったのが昭和7年、築地座。以来、渋い演技で数々の演劇・映画賞を受賞。毎週1回、夜10時より渋谷ジャンジャンでイヨネスコ「授業」を上演し、10年以上続けたことも知られている。文学座時代には、岸田國士、久保田万太郎、三島由紀夫の戯曲にほれ込み、別役実にも打ち込む。舞台での飄々とした味わいを伝える日本エッセイスト・クラブ賞受賞エッセイ。
H649 永くもがなの酒びたり 中村伸郎 早川書房 1991
再版
\800 程度A-、帯 \1,500
●日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した前作に引き続き、飄々とした舞台そのままに己れの老いと死をみすえ、中村流俳句を交えた第2エッセイ集。
H540
画像
加藤健一の俳優のすすめ 加藤健一 劇書房 1984
初版
\1,000 程度A-〜B \980
●本人もあとがきで書いているがいわゆる演劇書の類ではなく「加藤健一の加藤健一による加藤健一のための本」と表紙見返しのページに記載されているような、加藤健一の演劇的エッセイ的自伝。
H1577 風の舞台 新井純 筑摩書房 1985
初版
\600 程度B(経年ヤケ、献呈署名あり)、帯 \1,200
●黒色テントのヒロイン女優の芝居や生活についての書下ろし作品。
H766 柄本明「絶望」の授業 別冊課外授業ようこそ先輩 NHK「課外授業ようこそ先輩」製作グループ KTC中央出版 2003
初版
\600 程度A-、帯 \1,470
●相反する感情、矛盾するものの同居。この人間のおかしさは、芝居をしてみるとよくわかる。「絶望」をテーマにして子どもたちと芝居に取り組む5日間の授業。
H146 僕の俳優修業 長塚京三 筑摩書房 1999
初版
\600 本体程度A-、カバー程度B+ \1,600
●「見られるのを承知で見る」ことと、「読まれるのを承知で書く」ことの間に、何か共通の因果律がありはしないだろうか。そんな他愛のない発想から、「俳優修業」ということさらな表題を借用して、僕が初めて外の世界に向けて書き始めるという暴挙に出てしまいました。(あとがきより)
H1276 現場者(げんばもん) 大杉漣 マガジンハウス 2001
初版
\600 程度A-、帯 \1,365
●楽したら、おしまいだ。身体ひとつで現場に生きる24時間営業俳優が初めて明かす撮影秘話。全てをかけた劇団の解散、北野武監督の現場、黒沢清監督「カリスマ」の現場などのエピソードと写真56点を収録する。
H1429 根津甚八 根津仁香 講談社 2010
初版
\600 程度A、帯 \1,470
●人気俳優・根津甚八の今が初めて明かされる根津甚八さんが俳優の仕事を中断してから7年が経っている。その闘病生活と、彼の心を支えた青春時代のことを、夫人・根津仁香さんが語り下ろす。
H783 怪奇俳優の演技手帖 佐野史郎 岩波アクティブ新書 2004
初版
\500 程度A- \819
●目次より、1.演出家との出会い、2.ドラマ―冬彦さんはいかにして作られたのか(貴島誠一郎氏との対話)、3.台詞と俳優の身体、4.舞台―舞台は演出家のものである(竹内銃一郎氏との対話)、5.演出家たちのダメ出し(山崎哲氏との対話)、6.映画―俳優は人形のオブジェである、7.なぜ俳優をやるのか?
H812 俳優漂流 笈川勝弘 五柳書院 1989
初版
\600 程度A-〜B \1,600
●1970年ブルックが主宰するC・I・R・T(国際演劇研究センター)に入り、約3ヵ年の演劇研究を続け、中近東、アフリカ、アメリカを旅する。1974年演出家、俳優として外国生活がはじまる。1988年ピーター・ブルック演出の「マハバーラタ」で18年ぶりに日本の舞台を踏んだ著者のそれらの体験を書き記した書。
H1551 曠野と演劇 上田美佐子 港の人 2010
初版
\1,100 程度A-、帯 \2,520
●名演劇プロデューサーによるエッセイ集。ポーランド、ロシア、イスラエルなど世界各国から優れた公演を呼び、高い評価を得ている東京・両国にある劇場シアターX(カイ)。その芸術監督が熱く激しく語る芸術、演劇、人生。
H1531
画像
FOOT WORK(足の生態学) 鈴木忠志/磯崎新/高橋康成/山口昌男 PARCO出版 1982
出版
\2,000 程度A-〜B \4,300
●人間の行為に隠された基礎―足をめぐる始めての本格的な論集。さまざまな負性の烙印を押され、文化の表層から深層の闇へと追放されてきた足。その足がいま、大地の豊穣な力を喚起する根源的メディアとなって復権する。収録図版250余点。
H1484 演劇人 坪内逍遥 早稲田大学演劇博物館 2007
初版
\600 程度A-〜B \1,000
●2007年10月から11月に開催された早稲田大学創立125年周年企画展示「演劇人 坪内逍遥」のカタログ。全123頁。
H1301
画像
小山内薫と二十世紀演劇 曽田秀彦 勉誠出版 1999
初版
\1,300 程度A-、(目次に一字誤植あり、それを訂正した書込み) \2,940
●小山内薫の「自由劇場の時代」、「ロシア・ヨーロッパの旅」、「自由劇場以後」、「築地小劇場の時代」の4つの時期に合わせ、小山内におけるモダニズムからアヴァンギャルドへの流れを探る。
H983 なすの夜ばなし 土方与志 影書房 1998
初版
\1,200 程度A \2,625
●日本敗戦で獄中から解放された土方与志が、那須野に心身を休めつつ、亡命中の諸外国での舞台経験、戦争で犠牲となった演劇の僚友たちの思い出、新しい戦後の新劇運動の構想などを書き綴ったエッセイと青年期までの自伝を収録。1947年刊行の復刊。
H522 一女優の歩み(井上正夫・村山知義・薄田研二の時代) 内田礼子 影書房 1993
初版
\800 程度A、帯 \1,854
●かつて井上正夫に出会い、村山知義に教えられ、のちに薄田研二の妻になった女優内田礼子。大正デモクラシーの豊かな土に培われた夢多い一女学生が、新劇女優への志を、戦火を超えて燃やし続けた、愛と命の半自叙伝。
H384 Collection’s 西村雅彦ビジュアル本      演劇ぶっく社 1998
初版
\700 程度A- \1,650
●西村雅彦ファンにはたまらない写真を中心としたアート仕立てのビジュアル本。雑誌「演劇ぶっく」掲載の「今月の喜怒哀楽(1995年9月〜1997年9月)」も収録。
H1154 演技核心論 友澤晃一 論創社 2005
初版
\900 程度A-、帯 \2,100
●俳優は絶対に“脚本・衣装・美術・照明・音楽・演出に負けてはならない”との視座から独力でT1Projectを立ち上げ、思考する演技を追及する著者が俳優力を問う。
H1002 演技術(演技の基礎) 篠崎光正 晩成書房 1985
2版
\900 程度A-、帯 \2,200
●次々と注目の舞台を生み出している演出家篠崎光正が独自の演技の基礎体系を26週間のプログラムに構成。高校生からプロを目指す人まで、すぐに役立つ画期的な演技システム。
H643 演技入門(テレビ演技 舞台演技) 水品春樹 ダヴィッド社 1992
24版
\700 程度A- \1,650
●ドラマと演技、テレビ演技のABC、演技の基本(こえ・ことば・からだ・こころ)等。
H1253 舞台と映像の音声訓練(せりふ・朗読のための実験) 冨田浩太郎 未来社 2000
9版
\900 程度A-、帯 \2,100
●「せりふ・朗読のための実験」俳優を志す若者たちに、舞台と映像の共通点や相違点を対比しながら、音声訓練の手順を豊富な実験例で示す絶好の入門書。
H950 俳優の音声訓練(せりふと朗読のための実験) 冨田浩太郎 未来社 1995
13版
\900 程度A- \2,266
●ベテラン俳優として舞台・テレビで活躍中の著者が、舞台芸術学院の俳優養成機関で試みた肉体訓練、音声訓練をもとに書き下ろした俳優表現の書。
H1001 俳優の読み方・演じ方 野田雄司 青雲書房 1993
4版
\500 程度A- \1,240
●正しい物言いのレッスン、感性を豊にするレッスンと、役づくりのための戯曲の読み取り方分析を解説。
H102 役づくりのカルテ(この世は舞台、人間みな役者) 野田雄司 青雲書房 1998
初版
\600 程度A \1,365
●約半世紀、舞台俳優、声優、俳優養成、演出等で日々費やしてきた著者が「第T部 非現実から現実をみれば」で役づくりの現場で、非現実と現実が絡み合い切り離せぬ事例を、「第U部『演劇』のうらおもて」で役づくりの内奥にひそむ秘密の一端を、さまざま切口で紹介した演劇入門書。
H1359 演技入門ハンドブック 芸術教育研究所編 黎明書房 2005
新装15版
\500 程度A \1,050
●俳優とは、演技・演劇とは何かの話をまじえながら、「発声」「せりふ」「役づくり」等の基本的なことがらを、若い演出家とこれから俳優になろうとする生徒との対話を通して解説。中・高校生から職場の演劇サークルまで自由に使えて演技力を伸ばせる基礎演技読本。
H1063 演劇やろうよ! かめおかゆみこ 青弓社 2006
3版
\700 程度A \1,890
●演劇の魅力、それは想像力とことばを駆使した変身の魔法だ。「自分を表現したい」という欲求を実現するための演劇を楽しむ方法を、全国の学校の現場で、ワークショップで指導にあたっている著者が教える、ハッピーで元気になる演劇入門。
H1303 演出家の仕事 栗山民也 岩波新書 2012
2版
\500 程度A- \798
●演出家は日々何を思い、どういうことをしているのか。そもそも演劇の力とは?第一人者によるスリリングな演出論。作品選びや劇作家たちとの対話、稽古場での実践、俳優養成の思想など。大勢の世界の演劇人との出会いも紹介。巻末に、井上ひさし氏の新作芝居が初日を迎えるまでを赤裸々に綴る「『ロマンス』演出日記」を収録。写真多数。
H679 俳優になる。    演劇ぶっく社 2002
初版
\500 程度A- \1,050
●俳優になりたい! さて、何をしよう? どんな進路があるのか「入門編」、いい俳優は自分を知っている、その方法、いろいろ「修行編」、いざ戦場へ立ち向かわん「応用編」で構成。養成所・スクール・学校・劇団データも収録。
H1427 俳優になる06−07    演劇ぶっく社 2006
初版
\500 程度A-〜B+ \1,260
●俳優になるまでのルートマップブック。「劇団から」「プロダクションから」など、俳優になるためにどういう行動を起こしたのかを紹介。大倉孝二、小林高鹿、永野宗典、池田成志、音尾琢真、水野美紀ほかのインタビューも収録。
H1222
画像
演劇製作者 倉林誠一郎 而立書房 1993
初版
\1,300 程度A- \3,000
●低迷する現代演劇の病巣を「演劇製作者」の立場から鋭く指摘・提言し続ける俳優座劇場・倉林誠一郎の渾身のエッセー集。
H145 演劇小辞典 石崎一正/泉三太郎共著 ダヴィッド社 2002
19版
\500 程度A \1,040
●演劇全般の入門書的性格を有した実用的用語集。
H811
画像
朝倉摂 舞台空間のすべて 朝倉摂 PARCO出版 1990
4版
\1,200 程度A-〜B \3,090
●材質をどう使いこなすか?いま劇場はどうあるべきか?多数の写真図版や図面を公表した舞台美術の第1人者によるダイナミックな舞台美術入門。
H910 パルコ劇場30周年記念の本 プロデュース! 扇田昭彦×長谷部浩×パルコ劇場 パルコエンタテイメント事業局 出版担当 2003
初版
\1,500 程度A- \3,000
●パルコ劇場30年に登場した11人のクリエーターたち。その作品と時代を語りつくすロングインタビューと豪華執筆者によるコラムも満載、撮り下ろしビジュアルと貴重な資料の数々でたどる30年の軌跡。別冊データブック付き。
H1490 SDスペースデザイン別冊No.24「演劇のための空間」 伊東正示+シアターワークショップ 鹿島出版会 1994
初版
\1500 程度A-〜B \4,800
●目次より、「演劇空間の現在(伊東正示)」「インタビュー/佐藤誠」「Part1.仮設・野外」「Part2.転用」「Part3.スタジオ」「Part4.可変」「Part5.歴史」「Part6.専用」「Part7.最近の事例」.
H1534 劇場の構図[SD叢書] 清水裕之 鹿島出版会 1985
初版
\500 程度A-〜B、函(ヤブレ・修復済) \1,500
●古代ギリシャから現代に至る劇場空間の変遷を通して、演じる側と観客の位置や関係性がどの様に変化してきたのかを分析する。そして芸能と建築の創造的交流のための共通言語を見出すことを意図している。
H1288 舞台・テレビジョン照明(基礎編) 社団法人日本照明家協会編 社団法人日本照明家協会 2005
3版
\1,300 程度A-、帯 \3,000
●照明家による、照明家のための、照明読本。目次より、「舞台・テレビジョン照明とは」「照明家をとりまく上演芸術」「公演が行われる場の人たち」「舞台機構と舞台照明設備」「舞台における照明の仕事」「仮設システムを使った照明の仕事」「テレビの歴史と原理」「テレビスタジオの機構とスタジオ照明設備」「テレビ照明の特徴と技法」「テレビにおける照明の仕事」「照明機器」「照明操作システム」「照明家に必要な基礎知識」「舞台用語」「安全に作業するために」。
H1467 新編・舞台テレビジョン照明[技能編] 社団法人日本照明家協会編 社団法人日本照明家協会 1998
初版
\1,500 程度A- \4,725
●目次より、1.照明機器の信号技術、2.舞台の機構・設備と照明設備、3.特設空間の機構と照明設備、4.テレビスタジオの機構・設備と照明設備、5.舞台・スタジオ用照明機器、6.舞台の照明作業、7.特設空間の照明作業、8.テレビの照明作業、9.舞台・スタジオの管理・運用に伴う照明作業、10.照明家のための実用講座、11.作業の安全と防災。
H1485 新編・舞台テレビジョン照明[知識編] 社団法人日本照明家協会編 社団法人日本照明家協会 1999
2版
\1,500 本体程度A-、カバー程度A-〜B(カバー背天少ヤブレ・シワ) \4,725
●目次より、「1.上演芸術と放送映像の現在」「2.企画・制作の仕事」「3.舞台芸術成立のための場」「4.上演芸術を支える人々」「5.テレビスタジオの仕事を支える人々」「6.舞台・テレビ照明の現在」「7.人間の身体感覚と芸術表現の現在」。
H1468 やさしい舞台照明入門PART2(舞台照明プランの作り方) 牛丸光生 レクラム社 1980
初版
\700 程度B(カバーに少シミ痕) \2,060
●目次より、「1.舞台照明プランの基本」、「2.プランのつくりかた」、「3.やさしい舞台照明プラン」。
H1469 新・舞台用語実用事典 牛丸光生編 日本照明協会 1975
初版
\700 程度B+(遊び紙部分2頁分に少シミ痕) -
●目次より、「1.大道具の用語」「2.小道具の用語」「3.舞台衣装用語」「4.メーキャップ用語」「舞台効果用語」。全133頁。
H1289 舞台芸術家という仕事 大山禮二編 ぺりかん社 1997
2版
\900 程度A、帯 \2,258
●目次より「1章:舞台専門家の仕事」「2章:オンステージを支える専門家たち」「3章:ある舞台芸術専門家の仕事」「4章:文化を創造する専門家たち」「5章:舞台芸術と劇場」「6章:理想の劇場作りを目指して」。
H951
画像
舞台音響技術概論(ホールサウンドエンジニアをめざして) 現代舞台音響技術フォーラム編 兼六館出版株式会社 1999
改訂版
2版
\1,500 程度A- \3,884
●目次より、「T.劇場・舞台美術概論」「U.劇場・舞台技術概論」「V.舞台芸術創造の過程」「W.舞台照明」「X.音響の基礎」「Y.ホール音響運用の実際」「Z.映像技術概論」「[.ホール・劇場等に関する法規」「\.舞台用語集」
H1011 学校演劇の舞台美術 滝口二郎 晩成書房 1997
10版
\700 カバー程度A-〜B+(天袖上部約1センチヤブレ・修復済)、本体程度A- \2,000
●目次より、「T.舞台美術とは何か」「U.会場と舞台」「V.実際の製作の前に」「W.大道具」「X.少道具」「Y.扮装」「Z.照明」「[.効果」。
H578 しかた・しんのドラマスクール(楽しい劇作り入門) 劇団うりんこ編 晩成書房 1988
2版
\600 程度A-(背少色落ち) \1,300
●目次より「1.劇−自分発見の魅力」「2.台本づくりから上演までパートT(落書きから小台本へ)」「3.台本づくりから上演までパートU(セリフについて考えよう)」「4.発表会と学芸会」「5.心の解放と肉体の訓練」「6.照明・効果について」エピローグ―劇団員のおしゃべり。
H1225 プレイバック・シアター(癒しの劇場) ジョー・サラ/監訳者・羽地朝和、訳者・林亮子 社会産業教育研究所 2003
2版
\700 程度A \2,100
●プレイバック・シアターとは、ストーリー(個人的体験の話)を劇にして即興的に演じる独自の舞台形式。これを創設した著者がこのプレイバック・シアターを紹介するために書いた本。
H870 蜂はチクリと刺すことを知っていますか?(生活の中の演劇「アプライド・ドラマ」) ナオミ・グリーン カモミール社 2003
初版
\600 程度A-(表紙カバー天微ヤブレ・修復済) \1,365
●エンターテイメントとはひと味違う演劇「アプライド・ドラマ(応用演劇)」について紹介する。英国で暮す著者が出合った「アプライド・ドラマ」が家庭や学校の授業、地域コミュニティー、道徳教育など様々な場面でどのように生かされているのか等を紹介。
H1588 芝居ビジネス(天国と地獄−それでも人は舞台に集まる) 飯田亜弓 はまの出版 2001
初版
\500 程度A-〜B+ \1,545
●天才肌の演出家…貧乏役者…気難しい脚本家…超大物俳優…スター女優…わがままスポンサー…不思議なミュージシャン…プランナー(裏方さん)など、大勢が参加してつくられる魅力的な「舞台の世界」のナイショ話。
H1034 新人形劇入門 日本演劇教育連盟編集 晩成書房 1994
4版
\600 程度A-〜B+ \1,545
●目次より、「T.人形劇へのとびらを開く」「U.人形劇の創造と表現技術」「V.子どもとつくる人形劇(実践記録)」「W.脚本とその演出ノート」「X.人形劇づくりの仕事」。
H1358 戦後日本戯曲初演年表第V期(1971年〜1975年) 社団法人日本劇団協議会編 社団法人日本劇団協議会 2001
初版
\800 程度A- \2,100
●タイトル通り、1971年から1975年までの日本戯曲の初演年表。作品が掲載された書籍・雑誌も記載。
H846 戦後日本戯曲初演年表第W期(1976年〜1980年) 社団法人日本劇団協議会編 社団法人日本劇団協議会 2002
初版
\800 程度A- \2,100
●タイトル通り、1976年から80年までの日本戯曲の初演年表。作品が掲載された書籍・雑誌も記載。
H589 戦後日本戯曲初演年表第X期(1981年〜1985年) 社団法人日本劇団協議会編 社団法人日本劇団協議会 2003
初版
\800 程度A \2,100
●タイトル通り、1981年から85年までの日本戯曲の初演年表。作品が掲載された書籍・雑誌も記載。
H1328
画像
戦後日本戯曲初演年表第X期(1991年〜1995年) 社団法人日本劇団協議会編 社団法人日本劇団協議会 2005
初版
\1,000 程度A- \2,520
●タイトル通り、1991年から1995年の日本戯曲の初演年表。作品が掲載された書籍・雑誌も記載。
H1277 戦後日本戯曲初演年表第[期(1996年〜2000年) 社団法人日本劇団協議会編 社団法人日本劇団協議会 2006
初版
\1,200 程度A- \2,940
●タイトル通り、1996年から2000年までの日本戯曲の初演年表。作品が掲載された書籍・雑誌も記載。
H1146 戦後日本戯曲初演年表第]期(2004年〜2006年) 社団法人日本劇団協議会編 社団法人日本劇団協議会 2008
初版
\1,000 程度A \2,520
●タイトル通り、2004年から6年までの日本戯曲の初演年表。作品が掲載された書籍・雑誌も記載。
H107 芝居狂いがうつる本
「初日通信」1984−1988
初日通信編 JICC 1989
初版
\500 程度B、帯、帯ヤブレ・裏表紙シワ \1,204
●週刊の演劇ニューズレター「初日通信」に掲載された公演レビューをまとめたもの。掲載劇団は「青い鳥」「オンシアター自由劇場」「自転車キンクリート」「ショーマ」「善人会議」「第三舞台」「転位・21」「転形劇場」「東京壱組」「東京乾電池」「中村座」「秘法零番館」「プロジェクト・ナビ」「遊◎機械/全自動シアター」「68/71」
H108 芝居狂いがうつる本2
「初日通信」1984−1989
初日通信編 JICC 1989
初版
\500 程度A-、帯、天少シワ \1,194
●週刊の演劇ニューズレター「初日通信」に掲載された公演レビューをまとめた第二弾。掲載劇団は「円こどもステージ」「加藤健一事務所」「こまつ座」「3○○」「新宿梁山白」「第三エロチカ」「ニ兎社」「花組芝居」「薔薇座」「ブリキの自発団」「別役実作品」「山の手事情社」「夢の遊眠社」「WAHAHA本舗」「AND SO ON」。
H825 TOKYO芝居探検隊 大改訂再演版(小劇場ハンドブック) 初日通信編 JICC 1990
初版
\500 程度B+ \1,240
●誰よりも芝居のすきなあなた、これから芝居を観たいと思っているキミ、そして、芝居をやってみようという人たちに贈る。この一冊でTOKYOの芝居がすべてわかる!! 約15年前の東京の小劇場の芝居製作の状況がわかります。

       
 H1400  H1401 H1452   H1556  H671 H826 H1298 H964
番号 書名 著者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
H1400
画像
大野一雄 大野一雄他 書肆 青樹社 1997
初版
\2,600 程度A \3,500
●現代舞踏の先駆者として戦前から活動していた大野一雄。埴谷雄高との宇宙論を通した魂の交流や、丸地守らと舞踏の真髄について語った座談などにより、舞踏家・大野一雄の世界を散策する。
H1452
画像
天人戯楽(大野一雄の世界) 立木鷹志編 青弓社 1993
初版
\800 程度A-〜B \2,060
●宇宙を身にまとい、永遠に遊戯飛行をつづける孤高の舞踏家・大野一雄。正気がはらむ狂気、狂気に内在する神性、喜悦と哀情の混淆、そして天地創造──。命の舞容として現前する魂の風景を線描し、その独自性を語る。図版多数。
H1401
画像
雑誌「芸術新潮」特集世紀末に降臨する舞踏の“魔人”土方巽(1998年3月号) 新潮社 1998
初版
\800 程度A- \1,200
●ひとつの肉体が時代を突き動かした!奇っ怪にして神聖な「暗黒舞踏」をひっさげ、多くのアーティストたちを巻き込んだ土方巽、いま再び襲い来る!!
H1556
画像
月は水銀(勅使河原三郎の舞踏) 新書館 1988
初版
\700 程度A- \1,500
●野外舞台で雨の中。観客は傘もささずにじっと彼を見つめていた。巨大でシュルレアリスティックなオブジェも登場した。「石の花」は観る者の心を大きく揺さぶる衝撃的な公演だった。その「石の花」をはじめ勅使河原三郎の舞踏を写真と批評、対談などで集成する。大野一雄、三浦雅士、四方田犬彦、J・M・アドルフ他。
H1505 舞踏創作と舞踏演出 邦正美 論創社 1986
初版
\900 程度A-〜B \2,500
●巨匠が語る舞台芸術のすべて。作品づくりからマネージメントまで。
H1457 西麻布ダンス教室(舞踊鑑賞の手引き) 桜井圭介、いとうせいこう、押切伸一 白水社 1994
初版
\900 カバー程度A-〜程度B、本体程度A- \2,500
●楽しくわかるダンス基礎知識。ウィリアム・フォーサイス、ピナ・バウシュ、舞踊、ローラン・プティ…。多種多様な舞踊を射程に入れて、知的に軽快に、ときには脱線しながらも、ダンスを追求する短期集中講座。西麻布ダンス教室では、ダンスの知識ゼロの初心者でも、4回ぽっきりの講義で「ダンスの見方」が見につきます。
H671
画像
浅利慶太の四季 著述集2(劇場はわが恋人―演出ノート選) 浅利慶太 慶応義塾大学出版会 1999
初版
\1,200 程度A-、帯 \3,570
●旗揚げ公演から45年劇団四季のストレートプレイからミュージカルまで演出の秘密をすべてを語る。
H1422 劇団四季半世紀の軌跡(62人の証言) 劇団四季編 日之出出版 2003
初版
\900 程度A-(表紙カバー天地少シワ) \2,300
●劇団四季にゆかりの深い舞台を彩った俳優、舞台裏のスタッフ、陰の尽力者、友人・知人など、62人へのインタビュー形式による劇団50年史。劇団四季会報誌『ラ・アルプ』連載に加筆して単行本化。
H480 劇団四季と浅利慶太 松崎哲久 文春新書 2002
2版
\400 程度A- \735
●1953年、学生劇団としてスタートした劇団四季は、幾多の試練を経て、いまや年間上演回数2500回、全国に7つの専用劇場を持ち、ロングランを連発する大劇団としてビジネス的にも成功している。その秘密はどこに?半世紀に及ぶ劇団の歴史、経営、マーケティング、俳優の演技・生活、上演演目、主宰者浅利慶太の理念…などを膨大な資料とデータをもとに描き出す。
H270 ミュージカルにディープ・キス 宮本亜門 マガジンハウス 1992
2版
\500 程度A-、帯 \1,262
●奇想天外なステージ、最高級のエンターティメント、新世代のリーダー、演出家宮本亜門がミュージカルへの尽きない想い、そして自分自身を語る1冊。
H1451 進化するミュージカル 小山内伸 論創社 2007
初版
\800 程度A、帯 \1,890
●キャッツ、オペラ座の怪人、レ・ミゼラブル、エリザベート、レント、ウィキッドの魅力を分析する。ロンドン・ニューヨーク・東京の劇場をめぐり、多くの舞台を観劇した著者が、音楽とドラマの関係を軸に、話題のミュージカルを読み解く。
H147 ムック「ミュージカルワンダーランド」(ぴあ&シアターガイドが贈る最強のミュージカル読本!)    ぴあ 2005
初版
\800 程度A- \2,310
●観たい!聴きたい!知っておきたい!世紀の傑作ミュージカル50選...「ウエストサイド物語」から「ライオンキング」まで、一挙紹介! 。演出家・宮本亜門、ミュージカル人生を語る...ミュージカルに対する熱い思い入れでは人後に落ちぬ彼が、その魅力やブロードウェイ体験談を縦横無尽に語り尽くす!。ニューヨーク、ロンドン、ウィーン、トーキョー、世界のホットなミュージカルシーン。「撮り下ろし写真満載!」スターが語るミュージカルへの熱き想い...市村正親/井上芳雄/岡幸二郎/川平慈英/笹本玲奈/シルビア・クラブ/瀬奈じゅん/土居裕子/中川晃教/新妻聖子/マルシア/森山未來/山口祐一郎/山本耕史。☆巻末付録...~トニー賞歴代受賞作一覧綴じ込み付録/QUEEN×MUSICAL「WE WILL ROCK YOU」。
H1565 まるごと一冊ミュージカル 石原隆司/松崎巌 音楽之友社 1998
初版
\800 程度A-、帯 \1,850
●ミュージカル、主にその本場であるニューヨーク(ブロードウェイ)について書かれたもので、ミュージカル裏話、ミュージカルのできるまで、過去数年間におよぶ作品紹介、ミュージカル旅行へ行く方法、データ集、その他チケットの買い方など細かい点を含めて、一冊でミュージカルがわかるように構成されたムック形式の本。
H510 ボディトーク(TALK&TALK THEATER)           NTT Ad. 1987
初版
\500 程度A、プラスティックボックス付き \1,300
●NTTが毎日19日「トーク」と銘打って開催した同名のトークショウ素材に単行本化。目次より「今一番をボディトークする女たち(取材協力・市川雅)」「ボディが踊りながらじぶんを紡ぐ(木佐貫邦子)」「振舞を探検するボディ講座(トークショー、市川、木佐貫、M・メイヤー、A・ゼン、榎本了壱)」「インタビュー:山口小夜子、近藤等則、ステラーク、コリーヌ・ブレ他)」他収録。
H826
画像
夜想EX1 歌舞伎はともだち[入門篇] 柝の会+ペヨトル工房編 ペヨトル工房 1992
初版
\700 程度A- \1,600
●初心者から通の見方まで、歌舞伎観劇には必携のエントランスブック。歌舞伎を楽しく観るコツを満載。インタビュー・対談として松岡正剛+田中優子/皆川博子/竹紫源一/松井今朝子/村上湛/今野裕一。
H1298
画像
雑誌「舞台評論」vol.3「特集東北からの大衆芸能」 責任編集 東北芸術工科大学東北文化研究センター 森繁哉 東北芸術工科大学 2006
初版
\800 程度A- \2,100
●[特集]東北からの大衆芸能ー東北はいかに歌い演じられたかー。主な執筆者/吉本隆明/入澤美樹/中沢新一/吉田司/緑川潤/井沢八郎/長谷部正/斎藤健太/村川透/井上隆明/斎藤純/高橋義男/山川徹/菊地和博/鈴木勇伊/板野暁ほか。
H964
画像
少女歌劇の光芒(ひとときの夢の跡) 倉橋滋樹/辻則彦 青弓社 2005
初版
\600 程度A- \1,680
●太守から昭和にかけて全国各地に数々の少女歌劇が誕生したが、戦争や自然災害のほか、様々な事情で消滅していった。各地に残るその光芒の跡から、人々の記憶から消えていった少女歌劇の姿を蘇らせ、その華やかな情景を伝える。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆/安部公房(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲優秀新人戯曲集/新鋭劇作集 
▲日本の演劇(評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る