日本(国内)の演劇(劇作家別あ〜か行)−ぱらぶら屋書店目録


●トップページ ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


   
H913 H127 H365 H1179 H567 H567  H415 
   
H310 H262 H903 H125 H731 H1315 H1466 
番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
H1575 法隆寺 青江舜二郎 春風社 2010
初版
\1,200 程度A- \2,940
●聖徳太子を毒殺したのは誰か!? 現在と過去を往還しつつ、圧倒的スケールで描く人間群像劇。めくるめく時間の中で修羅として生きた太子の人間像を浮き彫りにする岸田演劇賞受賞の傑作戯曲、初の単行本化。「河口」を併録。
H913
画像
アディオス号の歌(書下ろし新潮劇場) 秋元松代 新潮社 1975
初版
\700 程度A-、函 \780
●地方から集団就職して都会に流入した若者がヨットで外洋航海に出て、シケにあって天草で座礁、その後は…。
H888 常陸坊海尊/かさぶた式部考 秋元松代 講談社文芸文庫 1996
初版
\500 程度B+ \940
●海尊と名乗る法師が村々を懺悔し流浪するという東北の貴人伝説を背景に、学童疎開し孤児となった啓太の罪の生涯を描く田村俊子賞、芸術祭受賞「常陸坊海尊」。和泉式部に纏る伝説を題材に、九州の炭鉱事故で冒された豊市、その母と嫁に、式部の後裔という魔性の尼僧を絡め社会の底辺に生きる人々の深い哀しみを描く毎日芸術祭受賞「かさぶた式部考」、方言を駆使し民衆の苦悩に迫る戯曲2篇を収録。
H1052 天野衡児戯曲集 闇は光(忍術は忍忍が死ではありません) 天野衡児 いるむ株式会社 2001
初版
\600 程度A-、帯(イタミ・少ヤブレ) \1,575
●「闇は光(忍術は忍忍が死ではありません)」、「青春風雲録」、「からくり源氏」、「綾に乱る」の4戯曲作品を収録。
H127
画像
星ノ天狗/御姉妹(シリーズ戯曲新世紀6) 天野天街 ペヨトル工房 1995
初版
\800 程度A- \1,800
●名古屋の演劇集団「少年王者舘」を主宰する天野天街初の戯曲集。日本語の持つ美しさや悲しさを、カタカナ混じりの文語調で綴った独自の戯曲。
H138 それいゆ(ヨムゲキ100 001) 天野天街 演劇ぶっく社 2001
初版
\650 程度A- \1,000
●82年、名古屋を中心に活動する劇団「少年王者」旗揚げ、85年より「少年王者館」と改名。主宰にして作・演出家。詩的かつ郷愁あふれるコトバの断片からイメージを紡いでいく独特の世界観で、熱狂的な支持を得ている。
H1555 飯沢匡喜劇集第6巻 飯沢匡 未来社 1970
初版
\500 程度B+、函(イタミ) \750
●収録作品は「握手・握手・握手」、「赤・白・黒・黄」、「もう一人のヒト」、「補遺=画家への志望」、「解題・演劇的自伝(6)」。
H1104 反骨の絵師歌川国芳 飯沢匡 筑摩書房 1972
初版
\800 程度B+(カバー背少色落ち) \880
●戯曲「天保の戯れ絵ー歌川国芳」、「屏風の裏」、「反骨の絵師・国芳」を収録。
H1444 学校劇選集1 演劇編1 家本芳郎 たんぽぽ出版 2001
初版
\800 程度A \2,625
●「実験」「不思議な十円玉」「大泥棒カスパー」「教室に来た人」「天狗の嫁っ子」「涙池」の6戯曲を収録。
H004 夜の子供2 生田萬 白水社 1992
初版
\900 程度A- \1,300
●時は昭和40年、オリンピックにわきかえる日本の一家庭に梶コージという少年がいた。クラスでは目立たない彼の元に、永遠の遠国からもう一人の梶コージが訪れて……。黄昏の街を浮遊する、キッチェでポップでノスタルジックな「ブリキの自発団」生田ワールド。
H1217 夜の子供(生田萬の戯曲集) 生田萬 而立書房 1986
初版
\800 本体程度A-〜B+、カバー程度B+(カバー天シワ・少ヤブレ・修復済)、帯 \1,600
●「過去はいつも新しく、未来は不思議に懐かしい」。ブリキ自発団を率いる生田萬の初戯曲集。ブリキックワールドの魅力いっぱいの「夜の子供」「小さな王国」の2篇を収録。
H305
画像
池田政之戯曲集 瞬と翔一 池田政之 テアトロ 1993
初版
\800 程度A- \1,800
●昭和8年イギリス、昭和16年日本を繋ぐ、二人の日本人(瞬と翔一)の宿命の対決を通して昭和を描く、新大河戯曲
H866
画像
維新派大全(世界演劇/世界劇場の地平から)    松本工房 1998
初版
\1,200 程度A- \2,500
●記憶せよ!彼らの「野外」の軌跡を…。これは1970年の結成より一貫して野外にこだわり、巨大野外劇場を造っては壊し続ける維新派の全記録。
H887
画像
琵琶伝(石澤富子戯曲集) 石澤富子 而立書房 1979
初版
\700 程度A-、帯 \1,500
●下降の果てに露呈した己れと世界の面貌を、切り開き、提示し続ける著者の第1作品集。第20回岸田國士戯曲賞受賞作品の表題作のほか、初期作品の「木蓮沼」をはじめ、「やよいの空は」「浅芽が宿」の全作品を収録。
H1295 二十世紀 病める人の館 石澤富子 而立書房 2004
初版
\800 程度A- \2,100
●『琵琶伝』(岸田戯曲賞)以来、ことばの琴線にふれる劇作品を紡ぎつづけた著者の第2戯曲集。精神を病んだ老婦人とアウシュビッツの悲劇を体験した老紳士を描く「アンデルセンの椅子」他2作品を収録。
H1454 楽劇 ANZUCHI 麗しき魔王の王国 市川森一 白水社 1987
初版
\700 程度A- \1,300
●天正7年、織田信長による天下統一がなされようとした頃、キリスト教宣教の任を負った若き宣教師が日本に向かう船中、瀕死の床で見た不思議な夢とは何か…。
H792 戯曲ヴェリズモ・オペラをどうぞ 市川森一 シングルカット社 1998
初版
\500 程度A-、帯、(著者サイン) \1,050
●華麗なモード界の光と影、虚と実をミステリアスに描く傑作ストレートプレイ。松本幸四郎主演・銀座セゾン劇場上演台本。
H794 戯曲リセット 市川森一 シングルカット社 1999
初版
\500 程度A- \1,050
●現実の私に裏切られながらも、まだ消え去ることなく、「仮想現実」の中で生き続けてきた、現実の「私」…。ヴァーチャル・ワールドはノアの箱舟になれるのか。1999年4月劇団青年座公演戯曲。
H956 戯曲乳房 市川森一 シングルカット社 2003
初版
\500 程度A- \1,050
●2003年3月新宿紀伊國屋ホール、劇団青年座公演「乳房」の戯曲作品。
H1238 空飛ぶ雲の上の団五郎一座prsents「アチャラカ再誕生」    シリー・ウォーク 2002
初版
\800 程度A \1,575
●いとうせいこう、井上ひさし、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、筒井康隆、別役実の豪華作家陣がアチャラカ喜劇に挑む。好評「空飛ぶ雲の上の団五郎一座」公演までの道のりを全網羅。安斎肇+しりあがり寿+なんきんのイラスト&マンガ入り。
H633 幻覚カプセル いとうせいこう ウイッチコーポレーション書籍出版部 1992
初版
\800 程度A- \1,200
●絶望居士のためのコント集。絶望それ自体となって笑う者がいれば、そこに神は必要とされない。あるいは、その笑いが神そのものである(帯コピーより)。
H647 イッセー尾形 裏と云われて怒るなかれ 森田雄三 北國新聞社 1997
初版
\500 程度A- \1,300
●「約3年間近く続いた北國新聞社に連載は、僕だけの芝居を演出してくれている森田が、僕ら共に創ったネタの数々の裏側を書き綴ったものだ」と書いたものの単行本化。
H1330 イッセー尾形のつくり方ワークショップ(土地の力「田舎」テーマ編)[比較文化研究ブックレットNo.7] 吉村順子(鶴見大学比較文化研究所) 神奈川新聞社 2009
初版
\400 程度A \630
●希代の俳優イッセー尾形と一人芝居を作り続けてきた演出家森田雄三が、「イッセー尾形」という一人芝居のつくりかたを伝授し、オープンにしていく。演劇の素人が自身で作ったせりふでシーンを構成し、本番公演をめざしてくりひろげられるワークショップの記録。
H1600 雪のベルリン タカラヅカ(岩淵達治戯曲集) 岩淵達治 カモミール社 2002
初版
\1,000 程度A-(カバー背少色落ち)、帯 \2,500
●ナチス時代にベルリンで公演を行ったタカラジェンヌたちは、歴史的に有名な「水晶の夜」を体験していた-。表題作ほか、「夢現玄武門先馳」「勝利」を収録した戯曲集。
H125
画像
BROKEN(暴君)西遊記 上杉祥三 白水社 1991
初版
\700 程度A-、帯 \1,200
●三蔵の経を求めて大東国から天竺へ。ご存知『西遊記』の登場人物が、麻雀の東・南・西・北の風に乗り、一行の行く手を阻む妖怪相手に大活躍。上杉祥三BROKEN(暴君)シリーズ第三弾。(帯コピーより)
H567 BROKEN 飛鳥三部作 恋・愛・情 上杉祥三 近代文藝社 1995
初版
\800 程度A-、帯 \1,800
●上杉祥三NROKEN(暴君)シリーズ、飛鳥三部作、「恋」の章/ハムレット(羽無劣人)、「愛」の章/ロミオとジュリエット(露見&受理、「情」の章/マクベス(幕別)を収録。
H011 裸になって紅の夜 上杉祥三 近代文藝社 1994
初版
\700 程度A、帯(微ヤブレ)、(著者サイン、奥付の前頁に購入日付の書込み) \1,500
●元・劇団「夢の遊眠社」の看板俳優、その後プロデュース公演を作・演出で手がける上杉祥三が書いた私小説ともそうでないともいえる小説。物語はカリスマ的人気を誇る若手劇団の主演俳優、寺吉祥が主人公……。
H1538 内木文英戯曲集 死神とかげぼうしの世界 内木文英 カモミール社 2010
初版
\600 程度A- \1,890
●「ある死神の話」「かげぼうし幻想」「祝い日」「音」「魔女たちの会話」「おらは おめえのもぐらもち」の6戯曲を収録。
H1406 王様と恐竜 梅原猛 集英社 2003
初版
\600 程度A-、帯 \1,680
●「ムツゴロウ」では自然環境、「クローン人間ナマシマ」では科学技術、「王様と恐竜」では戦争をテーマに、現代の風刺でもあり、未来へのメッセージでもある梅原猛スーパー狂言三部作他を収録。
H1340 劇団うりんこ上演戯曲集 劇団うりんこ編 晩成書房 1993
初版
\1200 程度A- \2,800
●全国の世代を超えた観客に大きな感動を与え、今なお与え続けている、劇団うりんこの舞台を伝える戯曲集。大人と子供の関係をもう一度見直し、再生しようとする3作品を収録。
H464 メナム河の日本人[書下ろし新潮劇場] 遠藤周作 新潮社 1973
2版
\500 程度B、函 \580
●泰平の島国日本を脱出し、灼熱の太陽の国に理想の王国を築こうとした山田長政。シャム王国の権謀術数の渦に巻き込まれ、物言わぬ謎の姫君への熱い想いを秘めて、メナム河の藻屑となった長政の波瀾万丈の生涯のうちに、<日本人>の特質を描出する異色大活劇戯曲。
H568 喜劇新四谷怪談(書下ろし新潮劇場) 遠藤周作 新潮社 1974
初版
\500 程度A-、函 \780
●愛しても尽くしても、何故か妻に怨まれるダメ男の胸にひそむ毒殺願望……。
H1179
画像
仮面の聲[横浜ボートシアター]仮面劇集 遠藤啄郎 新宿書房 1988
初版
\1,400 程度A- \2,575
●「仮面劇:小栗判官・照手姫」、「仮面音楽劇:夕やけぐるみの歌」、「仮面劇:マハーバーラタ第1部若きアビマニュの死」、「解説:仮面、宙づりの<アジア>(栗原彬)」を収録。
H1499
画像
YBT 横浜ボートシアターの世界 編集・遠藤啄郎/写真・岡本央 リブロポート 1986
初版
\1,400 本体程度A-。表紙カバー程度A-〜B \3,200
●小栗半官とマハーバーラタの二大叙事詩を代表作とする劇団の鮮烈な舞台成果を写真と発言で再構成した異色の写真集。
H659 客席の中の女優たち 大石静 モーニングデスク 1995
初版
\700 程度A-(背微ヤケ) \900
●人気脚本家大石静による「シアターガイド」誌掲載の表題エッセイと、ミュージカル「ガールズ・タイム」(演出/宮本亜門)のシナリオを収録。
H159 裸足のフーガ 太田省吾 而立書房 1984
初版
\900 程度B+、帯 \1,500
●沈黙の劇「水の駅」以後の秀作を収める。解体され、さまよう人間の永遠の諸相が、清潔感溢れる文体で描かれる。表題作「裸足のフーガ」他、「抱擁ワルツ」「死の薔薇」収録。
H1465 裸形の劇場(太田省吾演劇論集) 太田省吾 而立書房 1980
初版
\1,200 程度A-〜B+ \1,545
●「飛翔と懸垂」以後追及してきた〈身体論〉に関する考察を集成しこれに書き下ろし論考「自然と工作」を加えた、存在としての劇を鋭く問う第2演劇論集。
H1466
画像
劇の希望 太田省吾 筑摩書房 1988
初版
\1,300 程度A-〜B+、帯 \2,060
●2メートルを5分という極度に遅いテンポと海のように深い静謐で、圧倒的な感銘にみちた舞台を創造しつづける劇作家の書下し演劇論。『駅』3部作の「記録としての台本」を完全収録。
H415
画像
舞台の水 太田省吾 五柳書院 1994
初版
\1,200 程度A-、帯 \2,000
●人間が物(コップ)を見るということ、人間が物に手を伸ばすということ、人間が水を飲むということ、ある一個の身体を通して人間の動作をそんなふうに見ることができるということ、そんなふうに見ることができるということは、演劇の大きな望みなのではないだろうか、そんなふうに思えた。自分の演劇へ望みがそういうものだとわかったように思えたのだった。(本文より)
H1424 夏/光/家 太田省吾 而立書房 1987
初版
\800 程度A- \1,545
●T2スタジオにおける太田省吾の仕事は近年ますます深化の度を加えている。その太田省吾の「千年の夏」「午後の光」「棲家」を収めた珠玉の戯曲集。
H1085 多重人格探偵サイコ/新劇 雨宮一彦の消滅 大塚英志 角川書店 2005
初版
\700 程度A-、帯(少シワ) \1,500
●世界は終わってしまったのに、ぼくたちの前には「密室」がある。2005年紀伊國屋サザンシアター上演戯曲。
H1448 家族の神話(第1回タイニイアリス戯曲賞受賞作) 鳳いく太 松本工房 1996
初版
\600 程度A-〜B \1,800
●幸せそうだけど、どこか変なモデルルームの家族は、実は皆死人だったという「モデルホーム殺人事件」にはじまる「家族の神話」2部作を収録。上演記録付き。
H1198 大原蛍戯曲集T 大原蛍 書肆犀 1995
初版
\700 程度A-(限定400部の351)、帯 \1,500
●「無声慟哭(賢治の愛)」、「雪迷宮(雪女伝説異聞)」、「白蛇」の3戯曲作品を収録。
H1450 死海のりんご[書下ろし新潮劇場] 大庭みな子 新潮社 1973
初版
\500 程度A-、函、帯(背色落ち) \550
●奔放な若い妻に苛立つ中年の夫、夫の浮気を見守る年上の妻、生の倦怠を紛らわすかのごとく、恋愛劇は夏に燃え、冬に終わる。そして、また春が二組の男女に…。豊かな詩的イメージを結晶させた寓話劇。
H903
画像
太平洋ベルトライン(岡安伸治戯曲集) 岡安伸治 いかだ社 1985
初版
\1,200 程度A-(裏表紙見返し値札剥がし跡少) \2,300
●岡安伸治と世仁下乃一座の代表作11編を収録。「太平洋ベルトライン」、「仕掛花火」、「別れが辻」、「ネーム・リング」、「夕日のメリーゴーランド」、「とおりゃんせ」、「かすみあみ」、「フラスコの中の青い空」、「ブラックボックス」、「怨怨歌 ヤドリの清治」、「青い星見つけた」。
H780 岡安伸治戯曲集2 岡安伸治 晩成書房 1988
初版
\600 程度A-、帯(少イタミ) \1,300
●AT車、高速道路、ハイテク機器、コンピューター、情報操作、地下道…、私たちの日常生活の周辺は、危険を含んだ“ブラックボックス”でいっぱい。労働の現場を舞台に、現代の語り部・岡安伸治が最新情報をもとに繰り広げる恐怖の喜劇「ドリームエクスプレスAT」、「洞道のヒカリ虫」の2篇を収録。
H1300 小田和生戯曲集 小田和生 梓書房 1990
初版
\1,200 程度A \3,000
●「亡国の構図」、「にっぽん地獄」、「猫柳祭り」、「高杉晋作と奇兵隊」の4戯曲作品を収録。
H1388 アメリカ 加藤直 而立書房 1983
初版
\700 程度A-〜B+ \1,200
●加藤直3部作の第1弾。日本人3世の日本訪問の旅の途中、船上に映し出された日本移民史の暗部が、アメリカ以上にアメリカンな現代日本の姿を鋭く告発する。全楽譜収録。
H1121 風の檻(勝山俊介戯曲集) 勝山俊介 新日本出版社 1983
初版
\600 程度A-(表紙背、帯除いた部分少色落ち)、帯 \1,000
●合理化に血道をあげる某自動車メーカー。労働者をエアカーテンに閉じ込めるなど、すさまじい第一組合つぶしの中で、経営の実験を握る謎の女が殺された。犯人の背後でうごめく巨大な影…。職場の人権侵害を風刺的手法で鋭く告発した「風の檻」のほか「日本兵」「雪の墓標」「風成の海碧く」の計4篇の戯曲を収録。
H985 反論の熱帯雨林(可能涼介戯曲集1) 可能涼介 テアトロ 1996
初版
\800 程度A-、帯 \2,000
●「反論の熱帯雨林」、「架空のオペラ」、「季節の地獄」の3戯曲と「異音集」を収録。
H1203 Baby、五臓六腑にしみわたるのさ(ヨムゲキ100 001) 河原雅彦 演劇ぶっく社 2001
初版
\500 程度A- \1,050
●初の長編戯曲執筆にあたり、通常の劇作とは違う方法=「物語」の報復をねらって書き進めた意欲作。不倫、貧乏、ボケ老人、妻の蒸発、暴力オヤジになぐさみものにされる息子、サギ商法…世の中の「無間地獄」をこれでもかっと詰め込んだ悲惨すぎて笑える物語。
H1474 戯曲集 風の砦 草部和子 カモミール社 2008
初版
\700 本体程度A-、カバー程度A-〜B+ \1,890
●「風の砦(平将門)」「鬼恋伝説(酒顕童子)」の2編収録。
H975
画像
悪魔のくる家 北杜夫 新潮社 1978
初版
\500 程度A- \780
●悪魔ってほんとうにいると思いますか?あまりに齢をとり、何やら妖怪じみてきた老女が、傾きかけたわが家を再興しようと大博打をうった。が、ついに決定的な敗北を喫したとき、悪魔を呼び出し魂を売り渡す秘密の儀式の記憶が…。初めて戯曲形式で描く破天荒なユーモアと無気味な黒魔術の世界。
H755 子午線の祀り 木下順二 河出文庫 1990
初版
\400 程度A- \380
●「平家物語」を下敷きに一の谷の合戦で源氏に敗れた平家が壇ノ浦の決戦で壊滅するまでのドラマと滅びゆく者の運命を壮麗に謳う。
H867 風浪・蛙昇天(木下順二戯曲選T) 木下順二 岩波文庫 1998
2版
\300 程度A- \735
●明治維新激動期の熊本を舞台に、苦渋にみちた模索ののち西郷軍へと身を投じる佐山健次と、彼をめぐる青年群像を描いた処女作「風浪」。米ソ冷戦激化の時期、まじめに生きたいと願った一青年が、苛烈な政治の磁場に置かれ遂に自殺に追い込まれる事件を、寓意あふれる蛙の世界に写した「蛙昇天」の2作品を収録。
H1240 夕鶴・彦市ばなし他二篇(木下順二戯曲選U) 木下順二 岩波文庫 1998
3版
\300 程度A- \693
●発表以来、木下民話劇の代表作として多くの人々に受け入れられてきた「夕鶴」と、ほらの名人彦市が天狗の子からとりあげた隠れ蓑で騒動をおこす「彦市ばなし」。このほか、戦時下での激しい恋愛を描く「山脈」、占領時代、鋳物工場に働く人たちの意識を、新しい手法で追及した「暗い花火」を収める。
H1204 子午線の祀り・沖縄他一篇(木下順二戯曲選W) 木下順二 岩波文庫 2006
4版
\300 程度A \630
●人間と、人間を超えてどうしようもなく働いていく力、その両者の対峙の中にみなぎる緊張関係―「平家物語」を題材とした代表作「子午線の祀り」に、作者の大きなテーマのひとつ「沖縄」と実験作「龍が見える時」を併収。
H1586 おんにょろ盛衰記(木下順二作品集U) 木下順二 未来社 1970
3版
\500 程度B+、函 \680
●「二十二夜待ち」「和尚さんと小僧さん」「三年寝太郎」「瓜子姫とアマンジャク」「おんにょろ盛衰記」の計5作品を収録。
H1522 カフカの世界(戯曲集) 楠久 日本文学館 2007
初版
\600 程度A、帯 \2,000
●「蜃気楼(カフカの『城』より)」、「友人の手紙(カフカ『判決』より)」、「断食芸人と道化(カフカ『断食芸人』より」の3戯曲を収録。
H1313 甘粕大尉ー季節はずれの卒論(久保田猛戯曲集) 久保田猛 カモミール社 1994
初版
\1,200 程度A-、帯、著者サイン \3,000
●時代に殺されるまで"きつい生き方"を通すしかない。そんな作者の意識の累積と成熟…。「劇団演奏舞台」が上演する、この時代と拮抗するもう一つの昭和、三部作。生バンドも登場させ、新たな舞台創造をめざす劇団のまっすぐな戯曲集。
H310
画像
戯曲集 女をやめた! 黒川欣映 法政大学出版局 1996
初版
\1,400 程度A-、帯、(献呈署名) \3,811
●東京・世田谷区の小劇場空間で1984年から展開されているアリストパネス・カンパニーの活動の中心となる黒川欣映の約10年間の作品を収録。「女をやめた!」「紐育(ニューヨーク)」「麗しの我が家」「夢幻旅行」「夢の壁」「海の言葉」を所収。
H637 ワンマン・ショー 倉持裕 白水社 2004
初版
\900 本体程度A、カバー程度A-、帯 \1,995
●「懸賞マニア」の男のまわりに、色とりどりの奇妙な世界が広がっている。よだれを流し続ける女、拡張する池、増築された部屋…。サスペンスフルで幾何学的な作風が、ポール・オイスターの「エレガントな前衛」に比肩しうるとして選考委員から大絶賛された、第48回岸田國士戯曲賞受賞作品。
H1018 バット男 倉持裕(原作・舞城王太郎) 白水社 2004
初版
\800 程度A-、帯 \1,890
●純愛と見えない恐怖、「弱い者いじめのシステム」にひきこまれた3人の高校生、その運命の行方は?舞城王太郎の短編小説を原作に、倉持裕が書き下ろした戯曲。
H402
画像
フローズン・ビーチ ケラリーノ・サンドロヴィッチ 白水社 1999
初版
\800 程度A- \1,890
●舞台は、カリブ海の小さな島にある別荘。そこへ集まる5人の女たち。1987年から12年にわたる物語が始まる。この家で双子の妹が仕掛けた、ある殺人計画が実行された…。世相を反映させた巧みな構成と意外な結末が待つサスペンス・コメディーの傑作。第43回岸田國士戯曲賞受賞作品。第43回岸田戯曲賞選評の小冊子付き。
H851 私戯曲 ケラリーノ・サンドロヴィッチ JICC出版局 1989
初版
\800 程度A-、帯 \1,100
●ケラが、ジャズマンとしてパンクスよりもパンクに生きた父のために書いた、ケラの作品中唯一の私戯曲「カラフルメリィでオハヨ」と父の死去までの2年間にわたるケラの日記を収録。
H731 ナイス・エイジ ケラリーノ・サンドロヴィッチ 白水社 2000
初版
\900 程度A-、帯 \1,890
●ひどく仲が悪いことぐらいしか日常にメリハリのつけようがない、ごくごく普通の4人家族。ある事情から、彼らは過去の日本へと旅立つが…。20世紀のそこかしこで目撃・体験されるあれやこれやは「家族の絆」をどうにかするのか、しないのか?世紀末を飾る、異色のタイムスリップ・コメディー。
H494 カフカズ・ディック ケラリーノ・サンドロヴィッチ 白水社 2001
初版
\800 程度A-、帯
\1,800
●フランツ・カフカの死後、彼がプラハで暮らしていた部屋からは、あるべき原稿が消えていた。彼の友人のブロートは、その原稿を探すうちに、摩訶不思議な迷宮世界へと迷いこんでしまう。「カフカを巡る女たち」の実像に鋭く迫り、「赤毛物戯曲」のネクスト・レベルを画した作品。第1回朝日舞台芸術賞受賞。
H1314 すべての犬は天国へ行く ケラリーノ・サンドロヴィッチ 論創社 2002
初版
\1,200 程度A-〜B+、帯 \2,625
●壊れた女たちによる異色の西部劇コメディ。ひどくヘヴィーな状況に置かれた人々を、ヘヴィーな空気はそのままに、コメディーとして料理する。ナンセンスの達人、ケラリーノ・サンドロヴィッチが贈るもうひとつのライフ・ワーク、シリアス・コメディの傑作2本を収録。第1回朝日舞台芸術賞受賞。
H1315
画像
労働者K ケラリーノ・サンドロヴィッチ 角川学芸出版 2009
初版
\700 程度A、帯 \1,700
●シュールな作品から古典劇「どん底」まで、熱狂的なファンをもつケラリーノ氏の強烈な日常とは?劇団ナイロン100℃旗揚げ15周年を期して、初めて桁外れの頭脳を明るみにする待望のノンストップエッセイ。
H1544 NYLON100℃ 34th session「世田谷カフカ」公演プログラム       2009
初版
\400 程度A -
●2009年9月下北沢・本多劇場で上演された「NYLON100℃」34th SESSION「世田谷カフカ〜フランツ・カフカ『審判』『城』『失踪者』を草案とする〜」(作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の公演プログラム。
H1545 NYLON100℃ 35th session「2番目、或いは3番目」公演プログラム       2010
初版
\400 程度A -
●2010年6月下北沢・本多劇場を始め全国で上演された「NYLON100℃」35th SESSION「2番目、或いは3番目」(作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の公演プログラム。
H1546 Bunkamura20周年記念公演シアター・コクーン「東京月光魔曲」公演プログラム       2009
初版
\400 程度A- -
●2009年12月〜2010年1月にかけて、Bunkamura20周年記念企画・シアター・コクーンで上演された「東京月光魔曲」(作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の公演プログラム。
H974 戯曲 元禄御畳奉行の日記 神坂次郎 中央公論社 1992
初版
\500 程度A-、帯(少イタミ) \1,300
●無類の酒好き芝居好き―。元禄泰平の世を満喫した武士の素顔を描いたベストセラーの舞台化した戯曲。
H588 小林賢太郎戯曲集 椿 鯨 雀 小林賢太郎 幻冬舎 2004
初版
\600 程度A- \1,500
●「ラーメンズ」小林賢太郎の「小林賢太郎戯曲集」に続く第2戯曲集。※書影に関して:表紙が銀色の関係上、弊書店のスキャンでは上記の色合いになってします。実際きちんとした状態のものです。
H1560 小林賢太郎戯曲集 STUDY ALICE TEXT 小林 賢太郎 幻冬舎 2009
初版
\600 程度A- \1,500
●透明人間を見たことがあると言い張る男と、透明なんだから見えないはずだと反論する男の、出口のない口論(「不透明な会話」)。金村は同じ列車に居合わせた友人の常磐と何気なく会話をする。しかしそこには大きな錯覚が…(「銀河鉄道の夜のような夜」)。未知なる「笑い」の世界に誘うコンビ「ラーメンズ」第四戯曲集。
H963 びすかうと物語(小松重男戯曲集) 小松重男 テアトロ 1998
初版
\1,200 カバー程度A-〜B、本体程度A-、帯 \3,150
●生きる喜びや悲しみに大小がある筈はない。でも、悲しみは大きく、喜びは小さく思える。軽妙洒脱に描く人生模様の時代劇戯曲集。「虱紐」、「びすかうと物語」、「蜜夫屋」、「大砲奉行」を収録。
H1152 戯曲 あずみ 小山ゆう原作/岡村俊一脚本構成 小学館 2006
初版
\500 程度A-、帯 \1,000
●大人気コミック「あずみ」の待望の戯曲本。2006年4月公演の舞台脚本を中心に、カラー写真や原作コミックのカットを多数収録。巻末には原作者・小山ゆうと脚本構成の岡村俊一の対談も収録。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆/安部公房(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲優秀新人戯曲集/新鋭劇作集 
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る