●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内

ぱらぶら屋書店 店主日誌

 2017年4月27日(木)  
   ・つい先日、12ミリ大の大腸ポリープの内視鏡切除手術を日帰りで行ってきた。ほんの数十分で麻酔で寝ている間にすべてが終わってしまったのが、その前に行う何時間もかかった大腸洗浄にはまいった、まいったと言わざる得ない。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「あの日、僕は旅に出た(蔵前仁一)」「東京最後の冥界 鶯谷(本橋信宏)」「異次元の館の殺人(芦辺拓)」「定本 消されたマンガ(赤田祐一+ばるばら)」「レッドアローとスターハウスーもうひとつの戦後思想史(原武史)」「神楽阪ホン書き旅館(黒川鐘信)」「髑髏の檻(ジャック・カーリィ)」「迷宮警視正(戸梶圭太)」「鬼畜の家(深木章子)」「ゾーンー豊洲署生活安全課 岩倉梓(福田和代)」「崩壊(塩田武士)」「浦島太郎の真相ー恐ろしい八つの昔話(鯨統一郎)」「プロレス『リングとカネ』ー暗黙の掟を破った男たち(別冊宝島編集部編)」「悶々ホルモン(佐藤和歌子)」。
今回はミステリーとノンフィクションが半々、ミステリーも読みだすと次々と読みたくなるものだ。。
 2017年3月28日(火)  
   ・実はこの3月の14日で弊書店を始めてから既に15年目を迎えていることになっていた。失念していた。知る限り、同じ頃から始めていたネット古書店を現在閲覧しようと検索してみるとかなりの数がなくなっている。弊書店はライフワークとしてまだまだ続けるので、よろしくお願いします。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「世界一周飲み歩き(イシコ)」「だめだこりゃ(いかりや長介)」「屍皇帝ー魔界都市ブルース(菊地秀行)」「続プロレススキャンダル事件史(別冊宝島編集部編)」「プロレス『暗黒』史の10年ー検証『歴史的失速』はなぜ起きたのか(井上譲二)」「誘拐犯の不思議(二階堂黎人)」「スタート(中山七里)」「パダム・パダムー京都府警平安署新任署長・二条実房(古野まほろ)」「旅するように読んだ本ーブックス・メガラニカ(宮田珠己)」「週末ソウルでちょっとほっこり(下川裕治/写真・阿部稔哉)」「移民の宴ー日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活(高野秀行/写真・森清)」「ニッポンの海外旅行ー若者と観光メディアの50年史(山口誠)」「格闘技 最強リングの裏事情(別冊宝島編集部編)」「仮面同窓会(雫井脩介)」。
けっこう読んでいるなあ、なかでも下川裕治と宮田珠己の著作は好きで文庫・新書出ているのはほとんど読んでいる。
 2017年3月5日(日)  
   月末、樹氷を見に蔵王温泉へ行ってきた。残念ながら既に(雨が降って)雪が大分溶けていて樹氷を観ることはできなかった。まあ運が悪かったということだ。
・暦は既に3月。これから少しづつ暖かくなっていくのだろうが、個人的には冬は嫌いではないので、春が待ち遠しいという感覚はない。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「ルポ資源大陸アフリカー暴力が結ぶ貧困と繁栄(白戸圭一)」「日本民衆文化の原郷(沖浦和光)」「人生で大切なことはラーメン二郎で学んだ(村上純)」「山手線探偵3(七尾与え史)」「蔵書の苦しみ(岡崎武志)」「晴れた巨大仏を見た(宮田珠己)」「秘湯、珍湯、怪湯を行く(郡司勇)」「日本を捨てた男たちーフィリピンに生きる『困窮邦人』(水谷竹秀)」「しんがりー山一証券 最後の12人(清武英利)」「旨い定食 途中下車(今柊二)」「新日、K−1、PRIDEタブー大全(タダシ☆タナカ+ショート活字委員会編著)」「USAカニバケツー超大国の三面記事的事実(町山智浩)」「ARTのパワースポット(横尾忠則)」。
ミステリーは1冊のみ。ノンフィクション、エッセイ等の方が現状では面白いのも事実だ。
 2017年2月6日(月)  
   「『極み』の日本旅館ーいま、どこに泊まるべきか(柏井壽)」「中国五千年 性の文化史(邱海濤)」「プロ野球スーパースター『引退劇の真実』(別冊宝島編集部編)」「ウはウミウシのウーシュノーケル偏愛旅行記(宮田珠己)」「鸚鵡荘の惨劇(真梨幸子)」「アジアを歩くー灰谷さんと文洋さんのほのぼの旅行記(灰谷健次郎/石川文洋・写真)」「食肉の帝王ー同和と暴力で巨富みを掴んだ男(溝口敦)」「アトロシティー(前川裕)」「クリーピースクリーチ(前川裕)」「ニッポンぶらり旅ー宇和島の鯛めしは生卵入りだった(太田和彦)」「プロレス下流地帯(別冊宝島編集部編)」。
 2017年1月8日(日)  
   ・2017年はカードをあけてみないとわからないトランプゲームのような世界になるかもしれないが、もう少し、本が売れて
くれるようになってもらいたい。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「山手線探偵2(七尾与史)」「見えざる網(伊兼源太郎)」「ドラゴン・ティアーズ(ディーン・クーンツ)」「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか(増田俊也)」「テレビの黄金時代(小林信彦)」「にほんのうたー戦後歌謡曲史(北中正和)」「東京路地裏暮色(なぎら健壱)」「帝都東京殺しの万華鏡ー昭和モダンノンフィクション事件編(新潮文庫編集部編)」「銃・病原菌・鉄(ジャレド・ダイヤモンド)」「異邦人ー世界の辺境を旅する(上原善広)」「ニッポンAV最先端ー欲望が生むクール・ジャパン(藤木TDC)」。
ノンフィクションが多くなった。近年ノンフィクションはあまりはやらないらしいが、やはり知らない世界を知ることはとても面白い。
 2016年12月3日(土)  
    ・今週はじめに2泊3日で金沢へ行ってきた。兼六園、東茶屋街、近江市場他、定番の観光地を巡り、加賀温泉郷の山中温泉まで足を伸ばして骨休みもした。テレビで見た通りのところだったと言ってしまえば身も蓋もないが、そうとしか言いようがないの事実。旅番組が大好きでよく見るのも考えものだとも思った。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「突破口ー組織犯罪対策室マネロン室(笹本稜平)」「オタク・イン・USA−愛と誤解のAnime輸入史(パトリック・マシアス)」「世界一周ーわたしの居場所はどこにある!?(西井敏恭)」「悲しみのイレーヌ(ピエール・ルメートル)」「煙で描いた肖像画(ビル・S・バリンジャー)」「週末アジアに行ってきます(下川裕治)」「ウォリス家の殺人(D・M・ディヴァイン)」。
翻訳ミステリはなかなか文章がすらすらと頭に入ってこないので、読むのがどうしてもおっくうになりがちなのだか、今回の3作はわりとすんなりと読めた。
 2016年11月4日(金)  
    ・ここ数日で急激に寒くなってきた。日々の生活に変化はなく、仕事に行く毎日である。来週行われるアメリカ大統領選、トランプが勝つことはないだろうというのがほぼマスコミの全予想だが、誰もそう思わなかったイギリスが国民投票の結果、EUから離脱を決定してしまった。さて、今回はどうなるのだろう、もしトランプが大統領になったのなら、世界は、日本はどうなるのだろうか。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「イン・ザ・ブラッド(ジャック・カーリィ)」「静おばあちゃんにおまかせ(中山七里)」「死写室(霞流一)」「すずらん通りベルサイユ書房(七尾与史)」「山手線探偵ーまわる各駅停車と消えたチワワの謎(七尾与史)」「黒社会の正体ー日本人のカネと命を奪う中国人(森田靖郎)」「祟り火の一族(小島正樹)」「プロレス『リングとカネ』裏事件史(別冊宝島編集部編)」「梶原一騎伝(齋藤貴男)」「TOKYO 0円ハウス 0円生活(坂口恭平)」「平凡パンチと三島由紀夫(椎値和)」。
戦後日本で、ある意味一番スリリングな時代であっただろうと思われる60、70年代を描いた「梶原一騎伝」と「平凡パンチと三島由紀夫」は時代史としても面白かった。
 2016年10月15日(土)  
   約1ヵ月ぶりの新着紹介になってしまった。この間、9月の下旬は恒例の夏休み海外旅行で約1週間、バンコクへ行った。毎日雨ばかりのバンコクであった。そして帰国後は仕事漬けの日々が今月の10日頃まで続き、一段落して、岐阜の郡上八幡へ行く。帰りに名古屋城へ寄って帰ってくるという、1泊2日の弾丸旅行。やっと落ち着き、新着紹介にあいなったという次第である。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「メグレのバカンス(ジョルジュ・シムノン」「陽気なギャングは三つ数えろ(伊坂幸太郎)」「五番目のコード(D・M・ディヴァン)」「ドS刑事ー三つ子の魂百まで殺人事件(七尾与史)」「猿猴(田中啓文)」「地を這う祈り(石井光太)」「明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたか(大島幹雄)」「住まなきゃわからない沖縄(仲村清司)」「真相開封ー昭和・平成のアンタッチャブル事件史(『文藝春』編集部編)」「不思議列車がアジアを走る(下川裕治/中田浩資・写真)」「強欲な羊(美輪和音)」「日本百名宿(柏井寿)」「百番目の男(ジャック・カーリィ)」「東京煮込み横丁評判記(坂崎重盛)」。
前回に引き続き、旅行記、ノンフィクション、ミステリーの3本立ての趣向の読書になった。。
 2016年9月15日(木)  
   ・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。「死のドレスを花婿に(ピエール・ルメートル)」「全日本プロレス超人伝説(門馬忠雄)」「アジアにこぼれた涙(石井光太)」「密室・殺人(小林泰三)」「蝶の力学ー警視庁捜査一課十一係(麻見和史)」「システィーナ・スカルーミケランジェロ聖堂の幻(柄刀一)」「プールの底に眠る(白川三兎)」「激走(鳥飼否宇)」「定食学入門(今柊二)」「天竺熱風録(田中芳樹)」「粘膜人間(飴村行)」。趣味・嗜好に脈絡がない読書だった。
 2016年8月23日(火)  
    ・もう1ヵ月程で、現在アップしているプロバイダーのホームページサービスが終了となる。早く次のサービスへ移行しなくてはと思いながら、だらだらと6ヵ月近くたってしまった。今月中に同じ業者の新サービスへの移行作業をするつもりなのだが、うまくできるかどうか不安が募る。もし、サイトがうまく見られなければ、移行作業がうまくいっていないと思ってください。弊書店はまだまだやる気まんまんで、続けていきますので。しばらく時間を置いて、再び検索していただくようお願いします。「ぱらぶら屋書店」は変わらずですので。⇒おかげさまで移行作業はうまくいきました。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。「絶海ジェイル Kの悲劇’94(古野まほろ)」「リロ・グラ・シスタ(詠坂雄二)」「遠海事件ー佐藤誠はなぜ首を切断したのか?(詠坂雄二)」「悪魔はすぐそこに(D・M・ディヴァン)」「ガラス張りの誘拐(歌野晶午)」「アケルダス(田中啓文)」「納豆に砂糖を入れますか?−ニッポン食文化の境界線(野瀬泰申)」「『生きづらい日本人』を捨てる(下川裕治)」。最後の2冊はノンフィクション。
 2016年8月1日(月)
   ・新着紹介が1ヵ月以上間隔があいてしまった。この間、母親を連れて仙台・松島海岸・秋保温泉に行き、その母親に乳がんが見つかり、急きょ手術で入院したので埼玉まで何度も往復し、さらにカミさんと志摩スペイン村に行ったりと、少なくとも変化のある日常であった。志摩スペイン村に行った後、頭が痛いようなそれまでなかった体調の悪さだったこともあり、脳神経外科へMRIを取ってみてもらったりもした。なんでもなかったが。今から思うと、志摩スペイン村はとても暑かった。1日中、直射日光を浴びて乗り物を乗ったり、アトラクションを眺めていたので日射病にかかったのかななどと思う。

・いよいよ暑い夏、本番である。ここ数年暑さに年々弱くなっているのがわかる。そして、現在ネット公開に利用しているニフティのホームページ・サービスがもうすぐ終了するので、どうするか考えなくてはならないし(いちよう別のニフティサービスに切り替える予定)、その作業をやらなくてはと思うと、得意ではないので気が重い。
・今回のミステリー等の読書記録はお休み。
 2016年6月20日(月)  
   ・フランスで行われている「フットボール欧州選手権」の地上波のTV中継がほとんどない。まだ調べてないが、今回は有料TVに入らなければこのまま見れないのか、見れないんだろうな。

・今回の読んだミステリー他は、旅行記を中心に雑多な分野にわたった。ミステリーに比べ他は読書スピードが速くなるのでより多く読める。
「アジア『裏』旅行ー180日間激闘編(平間康人)」「神様ゲーム(麻耶雄嵩)」」「世界一周ひとり旅 in JAPAN(イシコ)」「コワ〜いネットの話(別冊宝島編集部編)」「偉人たちの黒歴史(偉人の謎研究会編)」「オリエント・エクスプレス物語ー大陸横断寝台列車(ジャン・デ・カール)」「ヒートアップ(中山七里)」「トンデモ事件簿(トンデモ事件研究会)」「日本全国食べつくし!極楽おいしい二泊三日(さとなお)」「12日間世界一周!忙しくとも意外と行ける世界旅行(吉田友和)」「七色の毒ー刑事犬養隼人(中山七里)」「逮捕されるまでの空白の2年7ヵ月の記録(市橋達也)」「最低で最高の本屋(松浦弥太郎)」「衣更月家の一族(深木章子)」「僕らはまだ世界を1ミリも知らない(太田英基)」。
 2016年5月22日(日)  
   ・今年の7月で10年パスポートが切れるため、更新に行った。土日・祝日が休みなのは仕方がないが,火・水は夜7時まで開いたので、利用した。更新するとパスポート・ナンバーが変わる。賛否両論あると思うが、今後1度決定したら引き継ぐ方向での議論があってもよいと思う。
・今回の読んだミステリー他は以下の通り、と言ってもミステリーは皆無。旅と東京・風俗と古書と犯罪と昔から愛好している分野である。
「漂流老人ホームレス社会(森川すいめい)」「いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000Km自転車ひとり旅U(石田ゆうすけ)」」「女ひとり、イスラム旅(常見藤代)」「実録あなたの知らないオカルト界(三浦悦子)」「刑事たちの挽歌―警視庁捜査一課『ルーシー事件』(高尾昌司)」「彷書月刊編集長(田村治孝)」「トーキュー・ストレンジャー―都市では誰もが異邦人(姜尚中)」「平成ジャングル探検(鹿島茂)」。
 2016年5月2日(月)  
   ・GWまっさかりである。私はGW中も仕事。こればかりは仕方がない。日常生活を維持するため、ユニクロで愛用するチノパンと下着を隣町まで買いに行った。それだけか。
・今回の読んだミステリー他は以下の通り。
「ジェットコースターにもほどがある(宮田珠己)」「奥様はフィリピ―ナ(今藤元)」」「K・S・P−警視庁歌舞伎町特別分署、女警察署長(香納諒一)」「週末ベトナムでちょっと一服(下川裕治)」「黒い羽(誉田哲也)」。
 2016年4月20日(水)  
   ・期末と新年度を迎え、仕事にどっぷりつかっていた。それでも結構本を読んでいるのは、割合すっとばしで読める本を読んでいるからである。
・熊本地震。周囲の人々には遠い九州の地の出来事としか感じられない、あまり関心のなさそうな人々も正直見受けられるが、今年の1月に熊本城を見に熊本に行ってきたばかりなので、地震は本当に他人事とは思えない。早い復興を願うばかりだ。
・今回の読んだミステリー他は以下の通り。
「世界一周できません。と思ったらできちゃった(松崎敦史)」「東海道でしょう!(杉江松恋/藤田香織)」「東京アンダーナイト“夜の昭和史”ニューラテンクォーター・ストーリー(山本信太郎)」「スットコランド日記(宮田珠己)」「高校野球「裏」ビジネス(軍司貞則)」」「リヤカーを引いて世界の果てまでー世界一周4万キロ、時速5キロのひとり旅(吉田正行)」「格安エアラインで世界一周(下川裕治)」「東京DEEPスポットに行ってみた!(のなかあき子)」「謎の未確認生物UMAミステリー(監修南山宏)」「大人の東京散歩ー「昭和」を探して(鈴木伸子)」「潜入!ニッポン不思議島(諸島文化・民俗研究会)」「切り裂きジャックの告白(中山七里)「ブルーマーダー(誉田哲也)」。旅ものと東京もの、そしてミステリー。現在はミステリーに復帰中。
 2016年3月21日(月)  
   ・久しぶりの連休である。午後まで寝ていて、夕方起きだし、新着紹介に着手。紹介する本を探すのに2時間近くもかかってしまう。そして夜9時からNHK「新・映像の世紀」を見る。出来栄えには?マークがつく。インパクトのある音楽も前作と同じ。かえってタイトルからすべて新しくした方がよかったと思う。まあ、新○○、続○○とつくものに前作を越えるものがないのは当たりまで仕方がないだが、柳の下にドジョウは2匹にいない、ということでしょう。
・今回の読んだミステリー他は以下の通り。
「バンコクジャパニーズ列伝(皿井タレ)」「世界恐怖旅行(大井優子)」「夫婦2人で世界一周旅行(青木史也)」「週末バンコクでちょっと脱力(下川裕治、写真阿部稔哉)」「南の島の甲子園(下川裕治)」」「ビンボーになったらこうなった!(橋本王泉)」「週末沖縄でちょっとゆるり(下川裕治)」「5万4千円でアジア大横断(下川裕治)」「『裏国境』突破東南アジア一周大作戦(下川裕治)」「週末シンガポール・マレーシアでちょっと南国気分(下川裕治)」。今回も、というかすべて旅関係ものばかり。下川裕治さんの本が圧倒する。
 2016年2月29日(月)  
   ・現在、ホームページをアップしている@ニッフティのホームページ・サービスが今年の9月で終了のお知らせのメールが来た。、約14年近く続いたと思うと妙に感慨深い。感慨の余韻に浸かっているどころか、さて次はどうするか。引き続いてニフティの次のサービスがあるようだが、結局それを使うだろうが、コンピューターが得意ではない私にとって、移行作業がうまくいくかどうか悩ましい問題が残る。
・今回の読んだミステリー他は以下の通り。
「サンデートラベラー―週末でも気軽に行ける―海外旅行(吉田友和)」「週末アジアでちょっと幸せ(下川裕治)」「密室殺人ゲーム・マニアックス(歌野晶午)」「美女祭奇譚―魔界都市ブルース(菊地秀行)」「名古屋の不思議(@ニフティ編)」」「書店繁盛記(田口久美子)」「旅はタイにはじまり、タイに終わる―東南アジアぐるっと5ヵ国(吉田友和)」「マンガの深読み、大人読み(夏目房之介)」「世界怪食紀行―『鋼の胃袋』世界を飛ぶ(小泉武夫)」「世界立入厳禁地帯(別冊宝島編集部編)」「ときどき意味もなくずんずん歩く宮田珠己)」「海外アングラ旅行(藤山六輝)」「わたしの旅に何をする(宮田珠己)」「LCCで行く!アジア新自由旅行―3万5000円で7ヵ国巡ってきました(吉田友和)」「旅の理不尽―アジア悶絶篇(宮田珠己)」。今回は旅行記が圧倒的に多い。ああ、行きたい。
 2016年2月1日(月)  
   ・寒い日が続く。週末に海外へ行く旅行記をいくつか読んだ。これを書いている現在も他の本を読書中。なかなか行くことは難しいが、せめて旅行記を読んで、よしとしている。
・今回の読んだミステリー他は以下の通り。
「世界ケンカ旅(大山倍達)」「スナッチ(西澤保彦)」「『危ない』世界の歩き方(岡本まい)」「名物『本屋さん』をゆく(井上理津子)」「湿地(アーナルデュル・インドリダリン)」」「週末台北のち台湾一周、ときどき小龍包(吉田友和)」「週末台湾でちょっと一息(下川裕治/写真阿部稔哉)」「東南アジア四次元日記(宮田珠己)」「古本通ー市場・探索・蔵書の魅力(樽見博)」「狂絵師サガンー魔界都市ブルース(菊地秀行)」「女神の骨格ー警視庁捜査一課十一係(麻見和史)」)」。


・購入方法のお知らせはこちらから



・ご注文・お問い合せのメールはこちらから



トップページへ戻る