●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内

ぱらぶら屋書店 店主日誌

 2019年3月18日(月)  
   ・先週、新潟 奥湯沢にある一軒宿の買掛温泉に行ってきた。約37度のぬる湯がメインで、眼に良い温泉と言われている。普通、この種の湯は、長時間浸かっていくうちに、だんだん、体の芯からぽかぽかと温まってくるという。これを信じて、この季節、冷たいと感じてしまう程だったが、我慢して30分以上、今までで最高の長湯をした。、私の場合、身体がぽかぽかする感覚は一向に起こらず、風呂からあがる時は、沸かしてある熱い湯に入ってから出た。それでもまた行きたいと思わせる風情ある温泉であった。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「新書 沖縄読本』(下川裕治・仲村清司)」 「東南アジア全鉄道制覇の旅ータイ・ミャンマー迷走編(下川裕治)」 「世界の鉄道旅行(小牟田哲彦)」「パンツが見えるー羞恥心の現代史(井上章一)」「元・新日本プロレスー『人生のリング』を追って(金沢克彦)」。ここのところ、ミステリーにはどうも食指が動かない。
 2019年2月18日(月)  
   ・先月は、クラブ・ツーリズムのツアーで黄金崎・不老ふ死温泉(日帰り)、乳頭温泉郷(休暇村乳頭温泉郷・日帰り)、田沢湖高原温泉郷(プラザホテル山麓荘・宿泊)、、八森いさりび温泉・ハタハタ館(日帰り)へ行き、五能線にも乗った。JALで羽田から秋田まで往復、その後バスでバスガイド付きで上記を回る。これで3万円弱のお得なツアーだった。目玉は、不老ふ死温泉の日本海を目の前にした浜辺の露天風呂に入ることだが、まあ露天風呂の湯自体には?マークについてしまうが、めったにない温泉体験が出来たとは言える。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「温泉維新』(松田忠徳)」 「シャドウ・ストーカー(ジェフリー・ディーヴァー)」 「山手線をゆく、大人の町歩きー鉄道・建築・歴史・食(鈴木伸子)」 「温泉の医学(飯島裕一)」「傷だらけのカミーユ(ピエール・ルメートル)」。最近は自宅で読書する時間が減っている。その結果が上記の通り。
 2019年1月20日(日)  
   ・上諏訪温泉へ行ってきた。旅行会社が紙パンフで出すJR付の宿プランで行くことが多いが、各社パンフはすべて上諏訪ばかりので、上諏訪温泉になった。取れたのはビジネスホテルに毛が生えたように温泉ホテル。片倉舘の千人風呂はまあいいとしてそれ以外は期待できなかったので、さてどうしたものかと思案の末、調べてみると下諏訪温泉では共同湯巡りができることを知った。下諏訪大社に寄り、点在する共同湯を、5つほど回った。このうち旦過の湯、遊泉ハウス児湯、新湯の3つは湯めぐりパスが売られており、それに加え、矢木温泉、菅野温泉へ行った。特に後者2つは地元民が行く昔ながらの地区の銭湯のようなもの、ほぼ貸切状態で入った。のんびりできた。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「出版業界最底辺日記ーエロ漫画編集者『嫌われ者の記』(塩山芳明)」 「25点満点評価つき温泉旅館格付ガイド(松田忠徳)」 「温泉で健康になる(飯島裕一)」 「首都圏 電車で温泉ーいつもの通勤電車『1時間』で行く日帰り湯33(遠森慶)」「バーニング・ワイヤー(ジェフリー・ディーヴァー)」「私鉄・バス乗り放題きっぷで行く週末ぶらり鉄道旅(小林克己)」)」。今回も温泉・旅関係本ばかり。
 2018年12月20日(木)  
   ・先週、万座温泉へ行ってきた。泊まったのは日進舘のゆけむり館、お風呂の評判がよい、バス・トイレなしだが価格が安いということがその理由。確かに評判通りのよい湯で、既にあたり一面雪景色の中で入る眺望のよい露店風呂は堪えられない。ただ、残念に思うのは、どうせ寒いだろうし、夜はなにも見えないだろうと早合点し、星空を見ながらの露店風呂に入らなかったことだ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「四次元温泉日記(宮田珠己)」 「独裁国家に行ってきた(MASAKI)」 「嗤う淑女(中山七里)」 「心もからだもいやしてくれるのんびり温泉100湯(石川理夫編著)」「いで湯暮らし(森まゆみ)」「黒川温泉 観光経営講座(後藤哲也・松田忠徳)」「奈落の偶像ー警視庁捜査一課十一係(麻見和史)」。今回は温泉本ばかり。
 2018年11月18日(日)  
   ・鬼怒川温泉駅から路線バスで約1時間半揺られ(途中トイレ休憩もあった)、奥鬼怒温泉郷四湯へ行くための終点・女夫渕温泉からひとつ手前のバス停で降りる、一軒宿の平家平温泉「御宿こまゆみの里」へ行ってきた。客はどうも2名しかいなかったようで、湯の花があふれた温泉は貸切状態でよろしかった。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「貴族探偵対女探偵(麻耶雄嵩)」 「新版 貧困旅行記(つげ義春)」 「古本買い十八番勝負(嵐山光三郎)」 「ニッポンぶらり旅 アゴの竹輪とドイツビール(太田和彦)」。今回はあまり読んでいない。つげ義春が書いた温泉に関する紀行文や漫画が無性に読みたくなっている。
 2018年10月25日(木)  
   ・新着がまたまた遅くなってしまった。
約1ヵ月程前に、カンボジアにのアンコールワットへ行ってきた、その行きの機上、高度が下がっていく段階で、突然プールで耳に水が入り、耳が詰まったような閉塞感を感じた。通常なら頭を振るなり、鼻をつまんでつばを飲み込み等をして、しばらくたつと直るのだが、旅行中ずっとこの閉塞感と自分の声が頭の中で響くような違和感が続いた。
帰宅後、すぐに耳鼻咽喉科へ行くと、滲出性中耳炎を言われ、鼻が悪いと言う、それからすぐに味覚も鈍感になってしまった。現在まで飲み薬と点鼻薬で治療中。いっこうに直る気配がいまだ見えず。
ネットで調べてみると治癒までどうも長くかかるらしい。そもそも今まで鼻と耳も悪かったことがないので、何故今頃こんな病気にかかったのかと、行き場のない理不尽な怒りが沸き立つ一方、情けない状況に気が滅入ったりしている。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「ドクター・メフィスト 消滅の鎧(菊地秀行)」 「和僑ー農民、やくざ、風俗嬢 中国の夕闇に住む日本人(安田峰俊)」 「黒魔孔ー魔界都市ブルース(菊地秀行)」 「新廃線紀行(嵐山光三郎)」 「ホンモノの温泉は、ここにある(松田忠徳)」 「プロレスという生き方ー平成リングの主役たち(三田佐代子)」 「UMAハンター馬子(田中啓文)」 「封印された鉄道史(小川裕夫)」「駅前旅館に泊まるローカル線の旅(大穂耕一郎)」「達人が選ぶ名湯宿(郡司勇)」。昔
随分昔、たまたま深夜にアニメ映画「妖獣都市」(だったと思う)を見て面白かったのが縁で、菊地秀行を知り、その著作になじみ、現在まで続いているのが唯一、魔界都市ブルース・シリーズで、古本屋で新作が並んでいるのを見ると購入し、読んでいる。
 2018年9月14日(金)  
   ・大分、涼しくなってきた。よく眠れるようになったのがなによりだ。実は8月末に鼠径ヘルニアの手術で4日程入院した。既に1週間以上経過したが、まだ手術前のような状態に戻っていない。違和感が続き、これがなくなるまでは随分かかるらしい。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「ドゥルシネーアの休日(詠坂雄二)」 「劇画暮らし(辰巳ヨシヒロ)」 「緋色のシグナルー警視庁の文書捜査官エピソード・ゼロ(麻見和史)」 「一度は泊まりたい有名宿 覆面訪問記(岩佐十良)」 「ウソの温泉 ホントの温泉(鵜飼克郎)」 「温泉教授の湯治力(松田忠徳)」 「味な宿に泊まりたい(山本益博)」 「警官の血(佐々木譲)」「かっちゃんの鉄修行 朝湯、昼酒、ローカル線(勝谷誠彦)」。
旅に行きたいという思いが旅行記に向かうようだ。
 2018年8月18日(土)  
   ・どうやら酷暑のとうげは過ぎたようだ。高校野球もあと4日ほどで終わる。昔はこれがちょうど夏の終りの表す徴であった。今年の夏は何をしただろうか?ヤボな問いだ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「海と月の迷路(大沢在昌)」 「一般人は入れない立入禁止地帯(歴史ミステリー研究会編)」 「海神の逆襲ーコマンド・タンガロア(川又千秋)」 「私刑(川中大樹)」 「砂丘の蛙(柴田哲孝)」 「JR全線全駅下車の旅(横見浩彦)」 「京都、オトナの修学旅行(山下裕二×赤瀬川原平)」 「夏服パースペクティブ(長沢樹)」。
今回はいつもより、読書量は少ない。
 2018年7月21日(土)  
   ・私の記憶fが正しければここ数年は、今頃梅雨が終わり、やっと夏らしくなってきたと思う。それが今年は、もう真夏日が6月下旬頃より続き、このまま9月上旬近くまで続くのだろうか。ワールドカップも終わり、高校野球100周年記念大会は、暑さに対する教育的配慮もなく行われ、世間は熱く盛り上がるのだろうなあ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「そこらじゅうにて日本どこでも紀行(宮田珠己)」 「究極の温泉ー伝統建築篇(郡司勇)」 「日本の路地を旅する(上原善広)」 「七人の探偵のための事件(芦辺拓)」 「珍奇絶倫 小沢大写真館(小沢昭一)」 「衣装戸棚の女(ピーター・アントニイ)」 「サイモン・アークの事件簿X(エドワード・D・ホック)」 「子どもの貧困連鎖(保坂渉/池谷孝司)」「ニッポン異国紀行ー在日外国人のカネ・性愛・死(石井光太)」「台湾縦断!人情食堂と美景の旅(光瀬憲子)」「正真正銘 五ッ星源泉宿66(小森威典)」「だから混浴はやめられない(山崎まゆみ)」「酒場のオキテー「酒通」の「粋」がわかる(吉田類)」。
今回は翻訳ミステリー、旅・温泉とバランスよく愛好するジャンルの読書だった。
 2018年6月18日(月)  
   ・ワールドカップ・ロシア大会が始まった。さすがに各試合面白い。ここ数年、世界のサッカーの動向を追っていなかったが、出ている主要な選手の名前はどれも知ったものばかりで、結構30代が多い。選手寿命が伸びたのはもちろん、新しいスターが出ていないのだろう。今大会で新しいスターが見てみたいものだ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「サイモン・アークの事件簿U(エドワード・D・ホック)」 「痕跡本の世界―古本に残された不思議な何か(古沢和宏)」 「古本の時間(内堀弘)」 「サイモン・アークの事件簿V(エドワード・D・ホック)」 「失踪当時の服装は(ヒラリー・ウォー)」 「サイモン・アークの事件簿W(エドワード・D・ホック)」 「そいて医師も死す(D・M・ディヴァン)」 「歌うダイヤモンド(ヘレン・マクロイ)」「一度は泊まってみたい癒しの温泉宿(松田忠徳)」「温泉教授の日本百名湯(松田忠徳)」「道徳の時間(呉勝浩)」「密室の神話(柄刀一)」「尾根を渡る風―駐在刑事(笹本稜平)」「ニッポン発見記(池内紀)」「失踪都市―所轄魂(笹本稜平)」。
今回は翻訳ミステリーを中心。エドワード・D・ホックの短編シリーズjは面白い。。
 2018年5月8日(火)  
   ・温泉の本を読むばかりでは仕方がない。ということで先月は栃木の「板室温泉」へ行った。栃木だと鬼怒川・川治や那須・塩原等よく知られた温泉があるが、私も行くまで「板室温泉」を知らなかった。ひとりで行ったのだが、なかなかひとりOKという温泉宿も少なく、そして仮にあったとしてもとても高い。板室は温泉地自体の宿の価格もリーズナブル。熱海や伊豆等の洗練された温泉宿と比べるすべもないが、素朴でひとりでもも大歓迎という雰囲気を持った所で、純粋に温泉に入るという目的の私には、なかなかよかった温泉旅であった。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「貧困のハローワーク(増田明利)」 「日本百名町(嵐山光三郎)」 「ワケありな本(沢辺有司)」 「泣けるプロレス メモリアルマッチ(瑞佐富郎と泣けるプロレス制作委員会)」 「旅の達人がすすめる 名湯の秘湯ベスト500(みわ明)」 「とっておきの源泉湯治の旅(野口冬人)」 「世界の立入厳禁地帯(別冊宝島編集部編)」 「やった。4年3ヵ月の有給休暇で『自転車で世界一周』した男(坂本達)」 「温泉教授の温泉ゼミナール(松田忠徳)」「温泉旅日記(池内紀)」「温泉へ行こう(山口瞳)」「小さな鉄道 小さな温泉(大原利雄)」「誰も行けない温泉 命からがら(大原利雄)」「カミーの!−女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅(森知子)」「美人力を上げる温泉術(松田忠徳)」「スチーム・オペラ(芦辺拓)」。
今回も温泉を中心した旅関係の本ばかりだった。
 2018年4月9日(月)  
   ・最近は温泉関係の本や旅行パンフレット、ネットで検索し記事を読んでいる。温泉にもいろりろあることがわかる。、源泉かけ流しの情緒あふれる所に行きたいと思うが、なかなか行けないのが現実。いつか湯治をしてみたいと思う。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「カラー版温泉教授のに日本全国温泉ガイド(松田忠徳)」 「ハノイ発夜行バス南下してホーチミンーベトナム1800キロ縦断旅(吉田友和)」 「デッドエンド(柴田哲孝)」 「とんまつりJAPANー日本全国とんまな祭りガイド(みうらじゅん)」 「かながわ定食紀行おかわり(今柊二)」 「問題物件(大倉崇裕)」 「温泉旅行記(嵐山光三郎)」 「これは温泉ではないー温泉教授の温泉ゼミナールU(松田忠徳)」 「残業税(小前亮)」「誰も行けない温泉 前人未湯(大原利雄)」「ネプチューンの迷宮(佐々木譲)」「焼き餃子と名画座ーわたしの東京味歩き(平松洋子)」「読む全日本プロレス(和田京平)」。
今回は温泉を中心した旅関係の本が中心の読書。
 2018年3月12日(月)  
   ・昨日は東日本大震災から7年が経過し被災地の復興への道筋等、特集を組んだTV追悼番組をずっと見ていた。そういえばと、すっかり失念していたが、当サイトも開店してからあさって14日で丸16年が経過する。仕入が以前より容易くなくなったが、それでも足で稼いで少しづつでも目録を充実させたいと思っていますので、よろしくお願いします。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「水葬の迷宮―警視庁特捜7(麻見和史)」 「湯治で元気になる!(石川理夫)」 「黒龍荘の惨劇(岡田秀文)」 「書物紗幕(赤城毅)」 「デビル・イン・ヘブン(河合莞爾)」 「知りたい、歩きたい!美しい『日本の町並み』(ニッポン再発見倶楽部)」 「ローカル線ひとり旅(谷川一巳)」 「無国籍の日本人(井戸まさえ)」 「アジア帰りに沖縄ぶらり(下川裕治)」「新日本プロレス伝説『完全解明』(ミスター高橋)」「焼肉大学(鄭大聲)」「日本全津々うりゃうりゃ(宮田珠己)」。
今回はミステリーと旅行記半々といったところが中心の読書。
 2018年2月13日(火)  
   ・先月、念願かなって、飛騨高山を拠点に白川郷と五箇山そして下呂温泉へ行ってきた。白川郷は、どうしても雪がしんしんと降る中でライトアップされた合掌つくりの集落が醸し出す幻想的なイメージが私の中では強すぎるようで、今年は雪が少なく、実際はまあこんなものかなというものだった。下呂温泉は温泉街としてそれなりに栄えているが、とりたてて可もなく不可もなくという印象が残った。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「雨色の仔羊―警視庁捜査一課十一係(麻見和史)」 「かながわ定食紀行 4杯目!そっと出し(今柊二)」 「出版禁止(長江俊和)」 「○○○○○○○○殺人事件(早坂吝)」 「水底の棘―法医昆虫学捜査官(川瀬七緒)」 「丑三つ時から夜明けまで(大倉崇裕)」 「娼婦たちから見た日本(八木澤高明)」 「東北―つくられた異郷(河西英通)」 「日本一周ローカル線温泉旅(嵐山光三郎)」「アポロンの嘲笑(中山七里)」「満願(米澤穂信)」。
今回はミステリー中心に読書。
 2018年1月13日(土)  
   ・最近、温泉に行きたい、特に雪見風呂に入りたいという思いと、情緒ある風情の温泉街に行きたいという思いが強い。毎日旅行会社が出すパンフレットを見て過ごす毎日である。またそのような光景を流すTV番組もよく見ている。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「大阪ブタ箱物語(高橋正鶴)」 「土漠の花(月村了衛)」 「女郎蜘蛛(パトリック・クェンティン)」 「磁極反転の日(伊予原新)」 「浮浪児1945-戦争が生んだ子供たち(石井光太)」 「書物審問(赤城毅)」 「やくざと芸能界(なべおさみ)」 「三大遊郭ー江戸吉原・京都島原・大阪新町(堀江宏樹)」 「ニッポンぶらり旅 熊本の桜納豆は下品でうまい(太田和彦)」。


・購入方法のお知らせはこちらから



・ご注文・お問い合せのメールはこちらから



トップページへ戻る