●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内

ぱらぶら屋書店 店主日誌

 2017年8月25日(金)  
   ・残暑が厳しい。新着紹介もなんだかんだといって1ヵ月もああいだがあいてしまった。
現在は横浜に住んでいるが、幼稚園から大学まで埼玉県に住んでいた。。高校生ぐらいまでは高校野球をよく見ていたものだが、それ以降はニュース等で結果を見ていたぐらいで、とりたてて関心はなかったのだが、埼玉代表が優勝したことはなかったことぐらいは知っていたので、やっと夏の高校野球で埼玉県代表が優勝を成し遂げたことには感慨深い。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「帝都東京・隠された地下網の秘密(秋庭俊)」 「怪しいシンドバッド(高野秀行)」 「不死症ーアンデッド(周木律)」 「伊藤博文邸の怪事件(岡田秀文)」 「ダンデライオン(河合莞爾)」 「ドミノ倒し(貫井徳郎)」 「台湾一周!安旨食堂の旅(光瀬憲子)」 「鉄道フリーきっぷ達人の旅ワザ(所澤秀樹)」 「なぜかいい町一泊旅行(池内紀)」 「災厄の紳士(D・M・ディヴァイン)」 「おひとり温泉の愉しみ(山崎まゆみ)」 「殺す者と殺される者(ヘレン・マクロイ)」 「かながわ定食紀行 もう一杯!(今柊二)」「たらふくホルモンー焼肉付き(今柊二)」。
ミステリーと旅と食い物がテーマだった。
 2017年7月25日(火)  
   ・暑くてかなわない日々が終らない。あと40日近くも待つのかと思うと気が滅入る。
先日、渥美半島の伊良湖へ行ってきた。特に何もない所だった。その上、交通の便のよくない高台にあるホテルに泊まったこともあり、海が見える露天風呂とラムネ湯に入り、部屋から見える海景色を見て過ごすだけだった。味方によってはそんな贅沢なと言われても仕方がないか。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「懐かしの町散歩術(町田忍)」 「虚構推理(城平京)」 「一両列車のゆるり旅(下川裕治・中田浩資/写)」 「ひとりで歩く女(ヘレン・マクロイ)」 「逃げる幻(ヘレン・マクロイ)」 「下町呑んだくれグルメ通(畠山健二)」 「家蠅とカナリア(ヘレン・マクロイ)」 「サム・ホーソーンの事件簿@(エドワード・D・ホック)」 「空飛ぶ円盤が墜落した町へ 北米編(佐藤健寿)」 「キングを探せ(法月倫太郎)」 「ドラフト外(這い上がった十一人の栄光(澤宮優)」 「密室蒐集家(大山誠一郎)」 「漂流者たちー私立探偵神山健介(柴田哲孝)」「関西赤貧古本道(山本善行)」「阿片王ー満州の夜と霧(佐野眞一)」。
今回はミステリーが半分で、ノンフィクション系が半分。
 2017年6月22日(木)  
   ・代わり映えのない日々が続く。帰宅後に本を読み、休日も本を読んでいる。それはそれで楽しいが。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「幽霊の2/3(ヘレン・マクロイ)」 「暗い鏡の中に(ヘレン・マクロイ)」 「オッド・トーマスの救済(ディーン・クーンツ)」 「ラミスの剣(中山七里)」 「挑発ー越境捜査(笹本稜平)」 「闇に香る嘘(下村敦史)」 「シンクロニシティー法医昆虫学捜査官(川瀬七緒)」 「ヒポクラテスの誓い(中山七里)」 「神様の裏の顔(藤崎翔)」 「体育館の殺人(青崎有吾)」 「ラーメンと愛国(速水健朗)」 「東西『駅そば』探訪ー和製ファストフードに見る日本の食文化(鈴木弘毅)」 「色街をゆく(橋本玉泉)」。
引き続きはミステリーが大半を占める。ヘレン・マクロイの著作を集めて読むつもり。ミステリ。ベストにランキングに入っているだけあってさすがに面白い。
2017年5月26日(金)   
   ・先週、神戸と有馬温泉へ行ってきた。神戸は市内観光と夜のクルーズ、有馬温泉は温泉に浸かると言わずもがなだが、なかなかよかった。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「殺人犯はそこにいるー隠蔽された北関東連続幼女誘拐事件(清水潔)」「さよなら神様(麻耶雄嵩)」「代理処罰(嶋中潤芦)」「二重生活(折原一・新津きよみ)」「ドラゴン・フライ(河合莞爾)」「64−ロクヨン(横山秀夫)」「殺意の構図 探偵の依頼人(深木章子)」「怪獣記(高野秀行)」「海外ブラックグルメ(海外危険情報編集班編)」「共犯レクイエムー公安外事五課梓(麻見和史)」「デッドマン(河合莞爾)」「無縁旅人(香納諒一)」「本棚探偵の生還(喜国雅彦)」。
今回はミステリーが大半を占める。ミステリーを読む時、割合、作家で読む本を決めていくのだが、新たに河合莞爾がリストに加わった。
 2017年4月27日(木)  
   ・つい先日、12ミリ大の大腸ポリープの内視鏡切除手術を日帰りで行ってきた。ほんの数十分で麻酔で寝ている間にすべてが終わってしまったのが、その前に行う何時間もかかった大腸洗浄にはまいった、まいったと言わざる得ない。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「あの日、僕は旅に出た(蔵前仁一)」「東京最後の冥界 鶯谷(本橋信宏)」「異次元の館の殺人(芦辺拓)」「定本 消されたマンガ(赤田祐一+ばるばら)」「レッドアローとスターハウスーもうひとつの戦後思想史(原武史)」「神楽阪ホン書き旅館(黒川鐘信)」「髑髏の檻(ジャック・カーリィ)」「迷宮警視正(戸梶圭太)」「鬼畜の家(深木章子)」「ゾーンー豊洲署生活安全課 岩倉梓(福田和代)」「崩壊(塩田武士)」「浦島太郎の真相ー恐ろしい八つの昔話(鯨統一郎)」「プロレス『リングとカネ』ー暗黙の掟を破った男たち(別冊宝島編集部編)」「悶々ホルモン(佐藤和歌子)」。
今回はミステリーとノンフィクションが半々、ミステリーも読みだすと次々と読みたくなるものだ。。
 2017年3月28日(火)  
   ・実はこの3月の14日で弊書店を始めてから既に15年目を迎えていることになっていた。失念していた。知る限り、同じ頃から始めていたネット古書店を現在閲覧しようと検索してみるとかなりの数がなくなっている。弊書店はライフワークとしてまだまだ続けるので、よろしくお願いします。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「世界一周飲み歩き(イシコ)」「だめだこりゃ(いかりや長介)」「屍皇帝ー魔界都市ブルース(菊地秀行)」「続プロレススキャンダル事件史(別冊宝島編集部編)」「プロレス『暗黒』史の10年ー検証『歴史的失速』はなぜ起きたのか(井上譲二)」「誘拐犯の不思議(二階堂黎人)」「スタート(中山七里)」「パダム・パダムー京都府警平安署新任署長・二条実房(古野まほろ)」「旅するように読んだ本ーブックス・メガラニカ(宮田珠己)」「週末ソウルでちょっとほっこり(下川裕治/写真・阿部稔哉)」「移民の宴ー日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活(高野秀行/写真・森清)」「ニッポンの海外旅行ー若者と観光メディアの50年史(山口誠)」「格闘技 最強リングの裏事情(別冊宝島編集部編)」「仮面同窓会(雫井脩介)」。
けっこう読んでいるなあ、なかでも下川裕治と宮田珠己の著作は好きで文庫・新書出ているのはほとんど読んでいる。
 2017年3月5日(日)  
   月末、樹氷を見に蔵王温泉へ行ってきた。残念ながら既に(雨が降って)雪が大分溶けていて樹氷を観ることはできなかった。まあ運が悪かったということだ。
・暦は既に3月。これから少しづつ暖かくなっていくのだろうが、個人的には冬は嫌いではないので、春が待ち遠しいという感覚はない。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「ルポ資源大陸アフリカー暴力が結ぶ貧困と繁栄(白戸圭一)」「日本民衆文化の原郷(沖浦和光)」「人生で大切なことはラーメン二郎で学んだ(村上純)」「山手線探偵3(七尾与え史)」「蔵書の苦しみ(岡崎武志)」「晴れた巨大仏を見た(宮田珠己)」「秘湯、珍湯、怪湯を行く(郡司勇)」「日本を捨てた男たちーフィリピンに生きる『困窮邦人』(水谷竹秀)」「しんがりー山一証券 最後の12人(清武英利)」「旨い定食 途中下車(今柊二)」「新日、K−1、PRIDEタブー大全(タダシ☆タナカ+ショート活字委員会編著)」「USAカニバケツー超大国の三面記事的事実(町山智浩)」「ARTのパワースポット(横尾忠則)」。
ミステリーは1冊のみ。ノンフィクション、エッセイ等の方が現状では面白いのも事実だ。
 2017年2月6日(月)  
   「『極み』の日本旅館ーいま、どこに泊まるべきか(柏井壽)」「中国五千年 性の文化史(邱海濤)」「プロ野球スーパースター『引退劇の真実』(別冊宝島編集部編)」「ウはウミウシのウーシュノーケル偏愛旅行記(宮田珠己)」「鸚鵡荘の惨劇(真梨幸子)」「アジアを歩くー灰谷さんと文洋さんのほのぼの旅行記(灰谷健次郎/石川文洋・写真)」「食肉の帝王ー同和と暴力で巨富みを掴んだ男(溝口敦)」「アトロシティー(前川裕)」「クリーピースクリーチ(前川裕)」「ニッポンぶらり旅ー宇和島の鯛めしは生卵入りだった(太田和彦)」「プロレス下流地帯(別冊宝島編集部編)」。
 2017年1月8日(日)  
   ・2017年はカードをあけてみないとわからないトランプゲームのような世界になるかもしれないが、もう少し、本が売れて
くれるようになってもらいたい。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「山手線探偵2(七尾与史)」「見えざる網(伊兼源太郎)」「ドラゴン・ティアーズ(ディーン・クーンツ)」「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか(増田俊也)」「テレビの黄金時代(小林信彦)」「にほんのうたー戦後歌謡曲史(北中正和)」「東京路地裏暮色(なぎら健壱)」「帝都東京殺しの万華鏡ー昭和モダンノンフィクション事件編(新潮文庫編集部編)」「銃・病原菌・鉄(ジャレド・ダイヤモンド)」「異邦人ー世界の辺境を旅する(上原善広)」「ニッポンAV最先端ー欲望が生むクール・ジャパン(藤木TDC)」。
ノンフィクションが多くなった。近年ノンフィクションはあまりはやらないらしいが、やはり知らない世界を知ることはとても面白い。


・購入方法のお知らせはこちらから



・ご注文・お問い合せのメールはこちらから



トップページへ戻る