●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内

ぱらぶら屋書店 店主日誌

 2018年8月18日(土)  
   ・どうやら酷暑のとうげは過ぎたようだ。高校野球もあと4日ほどで終わる。昔はこれがちょうど夏の終りの表す徴であった。今年の夏は何をしただろうか?ヤボな問いだ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「海と月の迷路(大沢在昌)」 「一般人は入れない立入禁止地帯(歴史ミステリー研究会編)」 「海神の逆襲ーコマンド・タンガロア(川又千秋)」 「私刑(川中大樹)」 「砂丘の蛙(柴田哲孝)」 「JR全線全駅下車の旅(横見浩彦)」 「京都、オトナの修学旅行(山下裕二×赤瀬川原平)」 「夏服パースペクティブ(長沢樹)」。
今回はいつもより、読書量は少ない。
 2018年7月21日(土)  
   ・私の記憶fが正しければここ数年は、今頃梅雨が終わり、やっと夏らしくなってきたと思う。それが今年は、もう真夏日が6月下旬頃より続き、このまま9月上旬近くまで続くのだろうか。ワールドカップも終わり、高校野球100周年記念大会は、暑さに対する教育的配慮もなく行われ、世間は熱く盛り上がるのだろうなあ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「そこらじゅうにて日本どこでも紀行(宮田珠己)」 「究極の温泉ー伝統建築篇(郡司勇)」 「日本の路地を旅する(上原善広)」 「七人の探偵のための事件(芦辺拓)」 「珍奇絶倫 小沢大写真館(小沢昭一)」 「衣装戸棚の女(ピーター・アントニイ)」 「サイモン・アークの事件簿X(エドワード・D・ホック)」 「子どもの貧困連鎖(保坂渉/池谷孝司)」「ニッポン異国紀行ー在日外国人のカネ・性愛・死(石井光太)」「台湾縦断!人情食堂と美景の旅(光瀬憲子)」「正真正銘 五ッ星源泉宿66(小森威典)」「だから混浴はやめられない(山崎まゆみ)」「酒場のオキテー「酒通」の「粋」がわかる(吉田類)」。
今回は翻訳ミステリー、旅・温泉とバランスよく愛好するジャンルの読書だった。
 2018年6月18日(月)  
   ・ワールドカップ・ロシア大会が始まった。さすがに各試合面白い。ここ数年、世界のサッカーの動向を追っていなかったが、出ている主要な選手の名前はどれも知ったものばかりで、結構30代が多い。選手寿命が伸びたのはもちろん、新しいスターが出ていないのだろう。今大会で新しいスターが見てみたいものだ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「サイモン・アークの事件簿U(エドワード・D・ホック)」 「痕跡本の世界―古本に残された不思議な何か(古沢和宏)」 「古本の時間(内堀弘)」 「サイモン・アークの事件簿V(エドワード・D・ホック)」 「失踪当時の服装は(ヒラリー・ウォー)」 「サイモン・アークの事件簿W(エドワード・D・ホック)」 「そいて医師も死す(D・M・ディヴァン)」 「歌うダイヤモンド(ヘレン・マクロイ)」「一度は泊まってみたい癒しの温泉宿(松田忠徳)」「温泉教授の日本百名湯(松田忠徳)」「道徳の時間(呉勝浩)」「密室の神話(柄刀一)」「尾根を渡る風―駐在刑事(笹本稜平)」「ニッポン発見記(池内紀)」「失踪都市―所轄魂(笹本稜平)」。
今回は翻訳ミステリーを中心。エドワード・D・ホックの短編シリーズjは面白い。。
 2018年5月8日(火)  
   ・温泉の本を読むばかりでは仕方がない。ということで先月は栃木の「板室温泉」へ行った。栃木だと鬼怒川・川治や那須・塩原等よく知られた温泉があるが、私も行くまで「板室温泉」を知らなかった。ひとりで行ったのだが、なかなかひとりOKという温泉宿も少なく、そして仮にあったとしてもとても高い。板室は温泉地自体の宿の価格もリーズナブル。熱海や伊豆等の洗練された温泉宿と比べるすべもないが、素朴でひとりでもも大歓迎という雰囲気を持った所で、純粋に温泉に入るという目的の私には、なかなかよかった温泉旅であった。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「貧困のハローワーク(増田明利)」 「日本百名町(嵐山光三郎)」 「ワケありな本(沢辺有司)」 「泣けるプロレス メモリアルマッチ(瑞佐富郎と泣けるプロレス制作委員会)」 「旅の達人がすすめる 名湯の秘湯ベスト500(みわ明)」 「とっておきの源泉湯治の旅(野口冬人)」 「世界の立入厳禁地帯(別冊宝島編集部編)」 「やった。4年3ヵ月の有給休暇で『自転車で世界一周』した男(坂本達)」 「温泉教授の温泉ゼミナール(松田忠徳)」「温泉旅日記(池内紀)」「温泉へ行こう(山口瞳)」「小さな鉄道 小さな温泉(大原利雄)」「誰も行けない温泉 命からがら(大原利雄)」「カミーの!−女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅(森知子)」「美人力を上げる温泉術(松田忠徳)」「スチーム・オペラ(芦辺拓)」。
今回も温泉を中心した旅関係の本ばかりだった。
 2018年4月9日(月)  
   ・最近は温泉関係の本や旅行パンフレット、ネットで検索し記事を読んでいる。温泉にもいろりろあることがわかる。、源泉かけ流しの情緒あふれる所に行きたいと思うが、なかなか行けないのが現実。いつか湯治をしてみたいと思う。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「カラー版温泉教授のに日本全国温泉ガイド(松田忠徳)」 「ハノイ発夜行バス南下してホーチミンーベトナム1800キロ縦断旅(吉田友和)」 「デッドエンド(柴田哲孝)」 「とんまつりJAPANー日本全国とんまな祭りガイド(みうらじゅん)」 「かながわ定食紀行おかわり(今柊二)」 「問題物件(大倉崇裕)」 「温泉旅行記(嵐山光三郎)」 「これは温泉ではないー温泉教授の温泉ゼミナールU(松田忠徳)」 「残業税(小前亮)」「誰も行けない温泉 前人未湯(大原利雄)」「ネプチューンの迷宮(佐々木譲)」「焼き餃子と名画座ーわたしの東京味歩き(平松洋子)」「読む全日本プロレス(和田京平)」。
今回は温泉を中心した旅関係の本が中心の読書。
 2018年3月12日(月)  
   ・昨日は東日本大震災から7年が経過し被災地の復興への道筋等、特集を組んだTV追悼番組をずっと見ていた。そういえばと、すっかり失念していたが、当サイトも開店してからあさって14日で丸16年が経過する。仕入が以前より容易くなくなったが、それでも足で稼いで少しづつでも目録を充実させたいと思っていますので、よろしくお願いします。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「水葬の迷宮―警視庁特捜7(麻見和史)」 「湯治で元気になる!(石川理夫)」 「黒龍荘の惨劇(岡田秀文)」 「書物紗幕(赤城毅)」 「デビル・イン・ヘブン(河合莞爾)」 「知りたい、歩きたい!美しい『日本の町並み』(ニッポン再発見倶楽部)」 「ローカル線ひとり旅(谷川一巳)」 「無国籍の日本人(井戸まさえ)」 「アジア帰りに沖縄ぶらり(下川裕治)」「新日本プロレス伝説『完全解明』(ミスター高橋)」「焼肉大学(鄭大聲)」「日本全津々うりゃうりゃ(宮田珠己)」。
今回はミステリーと旅行記半々といったところが中心の読書。
 2018年2月13日(火)  
   ・先月、念願かなって、飛騨高山を拠点に白川郷と五箇山そして下呂温泉へ行ってきた。白川郷は、どうしても雪がしんしんと降る中でライトアップされた合掌つくりの集落が醸し出す幻想的なイメージが私の中では強すぎるようで、今年は雪が少なく、実際はまあこんなものかなというものだった。下呂温泉は温泉街としてそれなりに栄えているが、とりたてて可もなく不可もなくという印象が残った。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「雨色の仔羊―警視庁捜査一課十一係(麻見和史)」 「かながわ定食紀行 4杯目!そっと出し(今柊二)」 「出版禁止(長江俊和)」 「○○○○○○○○殺人事件(早坂吝)」 「水底の棘―法医昆虫学捜査官(川瀬七緒)」 「丑三つ時から夜明けまで(大倉崇裕)」 「娼婦たちから見た日本(八木澤高明)」 「東北―つくられた異郷(河西英通)」 「日本一周ローカル線温泉旅(嵐山光三郎)」「アポロンの嘲笑(中山七里)」「満願(米澤穂信)」。
今回はミステリー中心に読書。
 2018年1月13日(土)  
   ・最近、温泉に行きたい、特に雪見風呂に入りたいという思いと、情緒ある風情の温泉街に行きたいという思いが強い。毎日旅行会社が出すパンフレットを見て過ごす毎日である。またそのような光景を流すTV番組もよく見ている。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「大阪ブタ箱物語(高橋正鶴)」 「土漠の花(月村了衛)」 「女郎蜘蛛(パトリック・クェンティン)」 「磁極反転の日(伊予原新)」 「浮浪児1945-戦争が生んだ子供たち(石井光太)」 「書物審問(赤城毅)」 「やくざと芸能界(なべおさみ)」 「三大遊郭ー江戸吉原・京都島原・大阪新町(堀江宏樹)」 「ニッポンぶらり旅 熊本の桜納豆は下品でうまい(太田和彦)」。
 2017年12月15日(金)  
   ・またまた1ヵ月ぶりの新着紹介になってしまった。
・電話とメールと目覚ましが使え、ネットは家のコンピューターで見れば十分だと思い、ずっとガラケイを使ってきたが、ついにスマートフォンに変えた。最近、それまでに比べ旅行するようになり、旅先での情報収集に便利だろうという意図からだ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「ナチスと映画ーヒトラーとナチスはどう描かれてきたのか(飯田道子)」 「ナチスの陰謀(歴史ミステリー研究会編)」 「逆さの骨(ジム・ケリー)」 「三本の緑の小壜(D・M・ディヴァン)」 「赤い右手(ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ)」 「教養としてのプロレス(プチ鹿島)」 「陸軍士官学校の死(ルイス。ベイヤード)」 「マイクは死んでも離さないー全日本プロレス黄金期の18年(倉持隆夫)」 「ぶらり昼酒・散歩酒(大竹聡)」 「外国人レスラー最強列伝(門馬忠雄)」「モンスター尼崎連続殺人事件の真実(一橋文哉)」「ニッポンぶらり旅 山の宿のひとり酒(太田和彦)」。
他人からすれば脈絡がないと思われるかもしれないが、私の好きなジャンルがそのものばかりである。
 2017年11月15日(水)  
   ・翻訳ミステリーをすこしづつだが読み始めている。創元推理文庫刊行の作品群だ。この文庫はミステリー黄金期の作品を中心に古典をラインアップというイメージしかなかった。それもだいぶ昔のことようだ。魅力的な作品がたくさんある。ヘレン・マクロイ、D・M・ディヴァイン、エドワード・D・ホックが新たに気に入った作家で刊行されている作品を全部読んでみたいと思わせる作家だ。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「オーパ!の遺産(柴田哲孝)」 「格闘技絶対王者列伝(布施鋼治)」 「本当は怖ろしい韓国の歴史(豊田隆雄)」 「青銅ドラゴンの密室(安萬純一)」 「奇譚を売る店(芦辺拓)」 「ライオン・ブルー(呉勝浩)」 「深紅の断片ー警防課救命チーム(麻見和史)」 「ラストワルツ(柳広司)」 「悪役レスラーの優しい素顔(ミスター高橋)」 「刑事たちの四十八時間(アレックス・グレシアン)」「ホテル1222(アンネ・ホルト)」。、
 2017年10月14日(土)  
   ・昭和歌謡が今、若者に人気があるというTV番組をやっていた。私も昭和歌謡が大好きである。しばしばユーチューブで聞いている。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「神狩り2−リッパー(山田正紀)」 「警視庁文書捜査官(麻見和史)」 「絶叫(葉真中 顕)」 「荒俣宏・高橋克彦の岩手不思議旅(高橋克彦・荒俣宏)」 「月光のスティグマ(中山七里)」 「アベリション(前川裕)」 「犯罪(フェルディナンド・フォン・シーラッハ)」 「サム・ホーソンの事件簿V(エドワード・D・ホック)」 「ヒトラーのウィーン(中島義道)」 「釜ヶ崎からー貧困と野宿の日本(生田武志)」」。
短篇物のミステリー好きではなく、ほとんど読まなかったが、エドワード・D・ホックのサム・ホーソン・シリーズはとても面白く、今後、他の短編にもチャレンジしていきたくなった。
 2017年9月20日(水)  
   ・あっという間に朝晩が涼しくなった。結構なことである。今週末から夏休みを取り、海外へ行きますのでよろしくお願いします。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「サム・ホーソンの事件簿U(エドワード・D・ホック)」 「泣けるプロレスベストマッチ(瑞佐富郎と泣けるプロレス制作委員会)」 「幻のB級!大都映画がゆく(本庄慧一郎)」 「薔薇の輪(クリスチアナ・ブランド)」 「サイモン・アークノ事件簿T(エドワード・D・ホック)」 「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか(棚橋弘至)」 「プロレス黒い霧(別冊宝島編集部編)」 「愚行録(貫井徳郎)」 「国境の雪(柴田哲孝)」 「函館本線へなちょこ旅(舘浦あざらし)」」。

プロレス、とりわけいまとなっては死語になってしまった活字プロレスが大好きな私は、プロレス本には目がない。
 2017年8月25日(金)  
   ・残暑が厳しい。新着紹介もなんだかんだといって1ヵ月もああいだがあいてしまった。
現在は横浜に住んでいるが、幼稚園から大学まで埼玉県に住んでいた。。高校生ぐらいまでは高校野球をよく見ていたものだが、それ以降はニュース等で結果を見ていたぐらいで、とりたてて関心はなかったのだが、埼玉代表が優勝したことはなかったことぐらいは知っていたので、やっと夏の高校野球で埼玉県代表が優勝を成し遂げたことには感慨深い。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「帝都東京・隠された地下網の秘密(秋庭俊)」 「怪しいシンドバッド(高野秀行)」 「不死症ーアンデッド(周木律)」 「伊藤博文邸の怪事件(岡田秀文)」 「ダンデライオン(河合莞爾)」 「ドミノ倒し(貫井徳郎)」 「台湾一周!安旨食堂の旅(光瀬憲子)」 「鉄道フリーきっぷ達人の旅ワザ(所澤秀樹)」 「なぜかいい町一泊旅行(池内紀)」 「災厄の紳士(D・M・ディヴァイン)」 「おひとり温泉の愉しみ(山崎まゆみ)」 「殺す者と殺される者(ヘレン・マクロイ)」 「かながわ定食紀行 もう一杯!(今柊二)」「たらふくホルモンー焼肉付き(今柊二)」。
ミステリーと旅と食い物がテーマだった。
 2017年7月25日(火)  
   ・暑くてかなわない日々が終らない。あと40日近くも待つのかと思うと気が滅入る。
先日、渥美半島の伊良湖へ行ってきた。特に何もない所だった。その上、交通の便のよくない高台にあるホテルに泊まったこともあり、海が見える露天風呂とラムネ湯に入り、部屋から見える海景色を見て過ごすだけだった。味方によってはそんな贅沢なと言われても仕方がないか。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「懐かしの町散歩術(町田忍)」 「虚構推理(城平京)」 「一両列車のゆるり旅(下川裕治・中田浩資/写)」 「ひとりで歩く女(ヘレン・マクロイ)」 「逃げる幻(ヘレン・マクロイ)」 「下町呑んだくれグルメ通(畠山健二)」 「家蠅とカナリア(ヘレン・マクロイ)」 「サム・ホーソーンの事件簿@(エドワード・D・ホック)」 「空飛ぶ円盤が墜落した町へ 北米編(佐藤健寿)」 「キングを探せ(法月倫太郎)」 「ドラフト外(這い上がった十一人の栄光(澤宮優)」 「密室蒐集家(大山誠一郎)」 「漂流者たちー私立探偵神山健介(柴田哲孝)」「関西赤貧古本道(山本善行)」「阿片王ー満州の夜と霧(佐野眞一)」。
今回はミステリーが半分で、ノンフィクション系が半分。
 2017年6月22日(木)  
   ・代わり映えのない日々が続く。帰宅後に本を読み、休日も本を読んでいる。それはそれで楽しいが。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「幽霊の2/3(ヘレン・マクロイ)」 「暗い鏡の中に(ヘレン・マクロイ)」 「オッド・トーマスの救済(ディーン・クーンツ)」 「ラミスの剣(中山七里)」 「挑発ー越境捜査(笹本稜平)」 「闇に香る嘘(下村敦史)」 「シンクロニシティー法医昆虫学捜査官(川瀬七緒)」 「ヒポクラテスの誓い(中山七里)」 「神様の裏の顔(藤崎翔)」 「体育館の殺人(青崎有吾)」 「ラーメンと愛国(速水健朗)」 「東西『駅そば』探訪ー和製ファストフードに見る日本の食文化(鈴木弘毅)」 「色街をゆく(橋本玉泉)」。
引き続きはミステリーが大半を占める。ヘレン・マクロイの著作を集めて読むつもり。ミステリ。ベストにランキングに入っているだけあってさすがに面白い。
2017年5月26日(金)   
   ・先週、神戸と有馬温泉へ行ってきた。神戸は市内観光と夜のクルーズ、有馬温泉は温泉に浸かると言わずもがなだが、なかなかよかった。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「殺人犯はそこにいるー隠蔽された北関東連続幼女誘拐事件(清水潔)」「さよなら神様(麻耶雄嵩)」「代理処罰(嶋中潤芦)」「二重生活(折原一・新津きよみ)」「ドラゴン・フライ(河合莞爾)」「64−ロクヨン(横山秀夫)」「殺意の構図 探偵の依頼人(深木章子)」「怪獣記(高野秀行)」「海外ブラックグルメ(海外危険情報編集班編)」「共犯レクイエムー公安外事五課梓(麻見和史)」「デッドマン(河合莞爾)」「無縁旅人(香納諒一)」「本棚探偵の生還(喜国雅彦)」。
今回はミステリーが大半を占める。ミステリーを読む時、割合、作家で読む本を決めていくのだが、新たに河合莞爾がリストに加わった。
 2017年4月27日(木)  
   ・つい先日、12ミリ大の大腸ポリープの内視鏡切除手術を日帰りで行ってきた。ほんの数十分で麻酔で寝ている間にすべてが終わってしまったのが、その前に行う何時間もかかった大腸洗浄にはまいった、まいったと言わざる得ない。

・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「あの日、僕は旅に出た(蔵前仁一)」「東京最後の冥界 鶯谷(本橋信宏)」「異次元の館の殺人(芦辺拓)」「定本 消されたマンガ(赤田祐一+ばるばら)」「レッドアローとスターハウスーもうひとつの戦後思想史(原武史)」「神楽阪ホン書き旅館(黒川鐘信)」「髑髏の檻(ジャック・カーリィ)」「迷宮警視正(戸梶圭太)」「鬼畜の家(深木章子)」「ゾーンー豊洲署生活安全課 岩倉梓(福田和代)」「崩壊(塩田武士)」「浦島太郎の真相ー恐ろしい八つの昔話(鯨統一郎)」「プロレス『リングとカネ』ー暗黙の掟を破った男たち(別冊宝島編集部編)」「悶々ホルモン(佐藤和歌子)」。
今回はミステリーとノンフィクションが半々、ミステリーも読みだすと次々と読みたくなるものだ。。


・購入方法のお知らせはこちらから



・ご注文・お問い合せのメールはこちらから



トップページへ戻る