インターネットの古本屋(非店舗) Last update/2019/5/24 新着アップ5/18

ぱらぶら屋書店
古物商許可書神奈川県公安委員会第451460001952号

WELCOME TO PARABURA−YA Since 2002/3/14


●目録の見方  ●購入方法 ●特定商取引に基づく表示 ●Mail ●当店案内 ●リンク集  ●店主日誌

新着ニュース:
・05月18日新着紹介第608弾(日本の演劇セクション)
・04月18日新着紹介第607弾(外国の演劇セクション)
・03月18日新着紹介第606弾(日本の演劇セクション)
・02月18日新着紹介第605弾(日本の演劇セクション)

新着お勧め本

古本目録  

新着本・再入荷本紹介
ダダとトリスタン・ツァラ(ピカビア/ジョージ・グロス)  アンドレブルトンとシュルレアリスム
ジャン・コクトー/ギヨーム・アポリネール/アルフレッド・ジャリ/レーモン・ルーセル
アントナン・アルトー/レイモン・クノー/ルイ・アラゴン/ルネ・ドーマル
マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
1920年代、30年代文化(「ワイマール文化からナチズムへ」「アメリカン・ジャズ・エイジ」「日本の1920年代」「上海の1930年代」「アール・デコ」「キャバレー・カフェ」含む)
(黄金の1920年代、30年代の文化関係を中心に)
1920、30年代を彩った女性たち
(キキ、ナンシー・キュナード、ガラ、ガートルード・スタイン、ゼルタ・フィッツジェラルド、レニ・リーフェンシュタール、シャネル、アナイス・ニン、マリー・ローラサン、グレタ・ガルボ、マレーネ・ディートリッヒ、ジョージア・オキーフ、フリーダ・カーロ他)
世紀末(アール・ヌーヴォーも含む)からベル・エポック
(世紀末論、アール・ヌーヴォー、ベルエポック論の他、これらの時代に活躍した画家・著名人物についての著作を中心に)
寺山修司&天井桟敷     唐十郎&状況劇場 
別役実     清水邦夫    井上ひさし   筒井康隆    安部公房
斎藤憐・串田和美   岩松了  
つかこうへい  野田秀樹(夢の遊眠社/野田MAP)   鴻上尚史(第三舞台/鴻上ネットワーク))
竹内銃一郎    岡部耕大    山崎哲    川村毅
北村想      高取英     小松杏里
渡辺えり    如月小春    岸田理生   劇団「青い鳥」
松尾スズキ   宮藤官九郎   中島かずき「劇団☆新感線」    
宮沢章夫   平田オリザ
成井豊とキャラメルボックス   横内謙介    高橋いさを 
永井愛      高泉淳子   飯島早苗   柳美里   
坂手洋二    鐘下辰男    大橋泰彦    鈴江俊郎  
古城十忍    和田憲明    砂本量     マキノノゾミ  
日本の演劇(劇作家別あ〜か行) 
青木豪、秋元松代、阿藤智恵、天野天街、生田萬、池田政之、飯沢匡、維新派、石澤富子、石山浩一郎、市川森一、イッセー尾形、いとうせいこう、岩淵達治、上杉祥三、劇団うりんこ、内木文英、梅原猛、遠藤周作、遠藤啄郎(横浜ボートシアター)、大石静、太田省吾、岡田利規,、大塚英志、鳳いく太、大原蛍、大庭みな子、岡安伸治、小田和生、加藤直、勝山俊介、可能涼介、河原雅彦、、北杜夫、木下順二、久保田猛、黒川欣映、倉持裕、黒川麻衣、、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、小松重男、小林賢太郎他。
日本の演劇(劇作家別さ〜た行)  
佐江衆一、三條三輪、笹部博司、篠崎隆雄、ジェームス三木、品川能正、島田雅彦、白石征、鈴木忠志、砂本量、ソフィア、高橋康也、武田一度、田中千禾夫、丹野久美子、近石綏子、知念正文、鄭義信、佃典彦、堤泰之、辻邦生、辻仁成、東京ヴォードビルショー、堂本正樹、富岡多恵子他。
日本の演劇(劇作家別な〜は行) 
長塚圭史、中島らも、なかにし礼、中村育二、中村正人、西田大輔、蜷川幸雄、西島明、長谷川孝治、花組(加納幸和、篠井英介)、原田宗典、原くくる、東由多加(東京キッドブラザーズ)、林光、原田宗典、原くくる、平石耕一、広瀬常敏、響リュウ、古川登志夫、福田卓郎、平田侑也、平田俊子、藤谷清六、福田善之、深津篤史、古川登志夫、星新一、本田英朗他
日本の演劇(劇作家別ま〜わ行、その他) 
前田司郎、真壁茂夫、丸尾聡、政田潤、松永尚三、松本大洋、丸尾聡、水谷龍二、美内すずえ、三浦大輔、三谷幸喜、三原世ツ奈、水上勉、宮川賢、三好十郎、村井志摩子、村上大樹、本谷有希子、森安二三子、矢代静一、山口計子、山崎正和、山元清多、山田太一、吉田知子、WAHAHA本舗、ふるさときゃらばん他。
日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝・エッセー/雑誌・ムック/ミュージカル/ダンス/バレエ、歌舞伎その他)
演劇評論、演劇教本、俳優エッセー・自伝、初日通信編ムック、ミュージカル、舞踏、ダンス、歌舞伎、オペラ、バレエ他。
優秀新人戯曲集/新鋭劇作集
せりふの時代/シアターアーツ/演劇人/しんげき/PT他演劇雑誌と演劇特集の雑誌及び公演プログラム 
演劇ぶっく(えんぶ) 
海外(外国)演劇・戯曲/ミュージカル/ダンス/バレエ
劇書房・而立書房セレクション―海外(外国)演劇・戯曲
幻想・奇想・異端・エロス・文化(特集/雑誌「夜想」「WAVE」「銀星倶楽部」「ur(ウル)」)
秋田昌美、荒俣宏、伊藤俊治、稲垣足穂、柏木博、北原童夢、渋澤龍彦、下川耿史、種村季弘、西澤爽、山口椿、横田順彌他、雑誌「幻想文学」「is」、特集ペヨトル工房の雑誌「夜想」「WAVE」「銀星倶楽部」「ur(ウル)」他。
海野弘
日本人著作(フィクション・ノンフィクション・エッセイ他)
アメリカ・イギリスその他の国々の文学・評論及びSF・ノンフィクション等    フランス文学・評論
ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学・評論  ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学・評論
イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学・評論
映画・舞台芸能(笑劇)・テレビ・音楽等
美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等(雑誌「アール・ヴィヴァン」特集を含む)

メールマガジン「ぱらぶら屋書店」現在休刊中

メルマガ「ぱらぶら屋書店」

店主一言

2019年5月18日(土)
・10連休はどこへも行くことはできず、かわりにその連休明けに、日光湯元温泉へ訪れた、今回は東武電鉄の1日フリー切符(株主優待)をもらったので、これを利用して東武浅草から、スカイライン線、日光線と乗り継ぎ、東武日光駅からは約80分バスに揺られ、朝7時に家を出て、結局日光湯元温泉に到着したのは午後2痔前だった。温泉寺の他、休暇村の温泉に浸かった。硫黄臭がする乳白色の湯は、いわゆる温泉らしい温泉で好きな湯のひとつである。日光湯元はそうでもなかったが、東照宮がある日光駅周辺や中禅寺湖あたりまでは実に多くの外国人観光客がいて少し驚いた。
・今回のミステリー等の読書記録は以下の通り。
「死と砂時計(鳥飼否宇)」 「東京いいまち一泊旅行(池内紀)」 「あぶない叔父さん(麻耶雄嵩)」「湯探歩ーお気楽極楽ヌルくてユルーい温泉旅行(山崎一夫、西原理恵)」「おひとりホテルの愉しみ(富田昭次)」「本物の名湯ベスト100(石川理夫)」「ペトロ(今野敏)」「温泉と健康(阿岸祐幸)」「週末ちょっとディープなタイ旅(下川裕治、阿部稔哉)」。温泉本では石川理夫が書いたものが、好きである。