宮沢章夫(遊園地再生事業団)/平田オリザ(青年団)(日本の演劇)−ぱらぶら屋書店目録


●トップページ ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


宮沢章夫・セクション

書影 番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
H156 岸田戯曲賞ライブラリー「ヒネミ」宮沢章夫/「魚の祭」柳美里 宮沢章夫/柳美里 白水社 1993
初版
\800 程度A-〜B+、帯(少イタミ) \2,000
●第37回岸田國士戯曲賞受賞作品、宮沢章夫「ヒネミ」/柳美里「魚の祭」並びに「選考座談会」(井上ひさし、太田省吾、岡部耕大、佐藤信、別役実)を収録。
H345 ヒネミ[新装版] 宮沢章夫 白水社 1996
初版
\1,000 程度A-、帯 \1,900
●かつて日根水という街があった。北と南に森があった。東西に川が流れていた。主人公ケンジは記憶の片隅を歩きながら、消滅してしまったはずの町の地図を書き続ける……。なつかしさの中へと笑いが微分されてゆく物語。第37回岸田國士戯曲賞受賞作品の改訂新版。書き下ろしエッセイ付き。
H511 14歳の国 宮沢章夫 白水社 2002
5版
\800 程度A(カバー袖内側折れ痕・修復済) \1,680
●中学校の午後。そのクラスは体育の時間で教室には誰もいなかった。机、椅子、カバンと、脱いで整えられた制服。教師が5人、姿を見せた―生徒たちの持ち物を検査するために、彼らが生徒のカバンに見つけたのは何だったんだろう?シリアスなのに何故か笑える…。
H623 月の教室 宮沢章夫 白水社 2001
初版
\900 程度A、CD付 \1,890
●廊下を誰かが走っていく。どこからかピアニカ、聞こえるよ―窓から月が見える午後の教室では、演劇部の女子高生3人が中心に、「ヘビ神社とゆずの木様伝説」と「同級生カップルの揺れる思い出」が描かれていく。台詞の一部や劇中歌を収録したCD付き。
H259 スチャダラ2010 宮沢章夫編 白水社 1996
初版
\700 程度B+ \1,200
●往年の大ヒット曲「今夜はブギー・バック」から物語が始まる会社物の不条理ドラマ集。スチャダラパーが活躍する必笑確実の「超短篇組曲」&「ぼくらがスチャダラ社に入った理由」「雑談レストラン in サウナ」等収録。しりあがり寿の漫画や写真も多数。
H1265 演劇は道具だ 宮沢章夫 理論社 2006
初版
\500 程度A、帯 \1,260
●自己表現が苦手な人は演劇に向いている。不自由な、かたいからだをぐいっと動かしたときに、きしむ音。それこそが表現というものだから-。「演劇」を使って世界や自分やあれこれを考える、シンプルで刺激的な演劇入門。
  H1486 チェーホフの戦争 宮沢章夫 青土社 2005
初版
\600 程度A-、帯 \1,680
●もう戦争は始まっている!それはチェーホフを読めばわかる。土地、女性、自殺、戦争…没後百年を経て、ますます生々しさをますチェーホフの4大戯曲を、気鋭の劇作家/演出家が精緻に読みとき、現代の“戦争”にそなえるための構えを模索する傑作評論。
H177 彼岸からの言葉 宮沢章夫 角川書店 1990
初版
\700 程度A- \1,200
●月刊「カドカワ」に3年半にわたって連載されたエッセイ集。「…こうして大人もまた『変なもの、奇妙なもの』が好きだ。好きなくせして、誰もがそれを、大人げないものとして隠そうと努める(中略)その隠された『暗部』を私は『彼岸』と呼びたい気がするのだ。この世界のどこかを『彼岸の地脈』が横たわっている。世界は、この地脈によってつき動かされている(本文より)」
H085 「考える水、その他の石」 宮沢章夫 同文書院 1995
初版
\700 程度A-、帯 \1,600
●天才バカボンから、現代演劇まで、自由に語り、奔放に論じた思考の冒険!ニュー・クリティカル・エッセイ登場。(帯コピーより)  
H1287 考える水、その他の石 宮沢章夫 白水社 2006
初版
\700 程度A、帯 \2,100
●かっこいい笑いとは?マルクス兄弟、赤塚不二夫、タモリ、たけし、竹中直人、いとうせいこう、松本人志、モンティ・パイソン、大人計画…、笑いの「革命児」たちはもちろん、さまざまな表現者の仕事っぷりについて、ときに冷や水を浴びせたり石を投げたりしながらも考えてみた…。1980年代論序説を含む痛快エッセイ。
  H1500 ユリイカ 臨時増刊 総特集「宮沢章夫」2006年11月号    青土社 2006
初版
\700 程度A- \1,365
●「身体と言葉の饗宴としての『鵺/NUE』(対談:宮沢章夫+野村萬斎)」「近過去の世界との対話ー演劇の現在、身体の可能性(対談:宮沢章夫+佐藤信)」「文化的闘争ー80年代地下文化ゲリラはいかに暗躍したか(対談:宮沢章夫+青山真治)」。宮沢章夫自筆年譜+宮沢章夫ビブリオグラフィー他。


平田オリザ・セクション

書影 番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
  H960 平田オリザ戯曲集1 東京ノート・S高原から 平田オリザ 晩聲社 1995
初版
\900 程度A-、カバー少ヤケ \1,545
●現代演劇に新ジャンルを切り拓いた著者が、小津の名作「東京物語」をモチーフを近未来の東京に転移させた第35回岸田國士戯曲賞受賞作品と「S高原から」を収録。それぞれ上演記録と演出ノート付き。
  H1415 ソウル市民(ヨムゲキ001) 平田オリザ 演劇ぶっく社 1999
初版
\700 程度A-〜B+ \1,050
●1989年初演の公演ちらしより「ブッデンローグ家の人々」のような戯曲が書けないものかと、ここ数年、私は思っている。人生いかにいかに生きるべきかという主張よりは、自らの道徳律にもてあそばれる人間を描くような…そんな戯曲を書けないものかと、私は考えている
  H1175 カガクするココロ(ヨムゲキ100) 平田オリザ 演劇ぶっく社 1999
初版
\700 程度A- \1,050
●大学の研究室を舞台にした院生や学生の群像劇。就職や進学、中退、結婚や離婚―。人生の岐路に立たされた若者達が漠然とした不安を抱えたまま、実験やバイトに追われていく日々を描かれる。
  H285 平田オリザの仕事1 現代口語演劇のために 平田オリザ 晩聲社 1996
3版
\1,000 程度A-、帯 \2,060
●独自の演劇理論を掲げて意欲的に創作活動を展開してきた著者がまとめた初めての演劇論集。現代演劇界に大きな波紋を投げかけた注目の1冊。
  H709 平田オリザの仕事2 都市に祝祭はいらない 平田オリザ 晩聲社 1997
初版
\1,200 程度A- \2,100
●混迷する世界と相似形をなすように、芸術は大きな変革の波の中にある。現代演劇の鬼才が、近代演劇の〈到達点〉と現代演劇の〈展望〉を指し示す。
H261 演劇入門 平田オリザ 講談社現代新書 2003
9版
\500 程度A \735
●リアルな芝居とは何だろう。戯曲の構造、演技・演出の秘訣とは?平易で刺激的に書かれた演劇入門書。
H817 演技と演出 平田オリザ 講談社現代新書 2004
初版
\500 程度A \735
●優秀な俳優の条件とは。演出家はなぜ必要なのか。演劇的な感動をどう起こすか。芝居づくりの基本が誰でもわかる画期的な入門書。
  H506 芸術立国論 平田オリザ 集英社新書 2005
2版
\500 程度A \693
●日本再生の鍵は、芸術文化による立国にある。芸術文化行政について、その精神、経済、教育等の面から芸術の必要性と、実効性ある芸術文化政策を提言するヴィジョンの書。
  H1435 「リアル」だけが生き延びる(012 That's Japan) 平田オリザ ウエイツ 2003
初版
\400 程度A- \788
●大きく様変わりする日本社会に必要な、「リアル」な生き方とはどういうものか。常に新しい風を送りつづける演劇界の革命児が、劇空間を超えて熱く語る。
H1176 受験の国のオリザ 平田オリザ 晩聲社 1985
2版
\700 程度B+ \1,300
●偏差値が、予備校生の存在地点を示す座標軸なら、いま僕は…。問いつつ、迷いつつ、朗らかに書き下ろした受験生の青春讃歌。
  H1559 十六歳のオリザの冒険をしるす本 平田オリザ 講談社文庫 2010
初版
\400 程度A-、帯 \780
●世界一周自転車旅行を計画した少年オリザは、1979年5月、いよいよ二年間の休学届を高校に提出し、世界へ向かって旅立った。親子関係、友情、異性、民族、貧困、人生、芸術…さまざまな問題にぶつかり、時に悩みながら記録した、劇作家・平田オリザの処女作にして、色褪せることのない傑作冒険旅行記。
  H230 gikyoku−workshop 戯曲「逃げていくもの」 平田オリザ/山岡徳貴子 演劇ぶっく社 2001
初版
\900 程度A-〜B+(本体頁ザラ紙の為経年ヤケ) \1,400
●インターネットで公開された「戯曲ワークショップ」プロジェクトの単行本化。「戯曲ワークショップ」とは平成10年度北海道戯曲コンクール優秀賞受賞戯曲「逃げていくもの」を実際の公演を目指し、上演脚本に書き直していく試み。ドラマアクター(戯曲に関するアドバイザー)には、劇団「青年団」主宰・平田オリザが挑む。改稿作業の共有という新しいコミュニケーションの実験。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆/安部公房(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇)
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲優秀新人戯曲集/新鋭劇作集 
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る