劇書房/而立書房セクション(海外<外国>の演劇・戯曲)−ぱらぶら屋書店目録


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


劇書房・セクション

書影 番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価(税込) 状態 定価
  D013 審判 バリー・コリンズ/青木陽治訳 劇書房 1985
5版
\1,400 本体程度A-(裏表紙見返し値札剥がし痕少)、カバー程度A-〜B(背ヤケ) \1,200
●第二次大戦中、ポーランドにある修道院、捕虜として地下室に閉じ込めたまま置き去れた中で、同僚を殺して食べて生き延びた男のモノローグ。人間の存在の根源に強烈に問いかける極限状況のドラマ戯曲。
  D027 わが町 ソートン・ワイルダー/額田やえ子訳 劇書房 1993
2版
\900 程度A- \1,400
●時代を越え、国を越え、今でも世界中で上演される「わが町」。ワイルダーが描くのはごく普通の、ありきたりで平凡な一日。朝起きて、夜眠る、そのはてしない繰り返しの果てに死が待ち受け、また新たな生が生れる。しかし、一つとして同じ生はなく、今という瞬間は二度と繰返されることはない。
  D026 カッコーの巣の上を ケン・キージ原作、デール・ワッサーマン/脚色小田島雄志・若子訳 劇書房 1989
2版
\1,200 程度A- \1,500
●精神病院という場所での自由と尊厳を賭けた命がけの闘い。主人公マクマーフィはその生き方を通して、闘うことをやめ、逃げ出し、保護され管理されることに甘んじている男たちに人間が人間であるために何をすべきかを激しく問い詰める。ジャック・ニコルソンが主人公を演じた映画「カッコーの巣の上で」はあまりにも有名。
  D200 朝は、七時 ポール・オズボーン原作/青木陽治訳 劇書房 1981
初版
\700 程度B \1,500
●四人のにぎやかな老姉妹が、その風変わりな行動で、自分たちと家族をてんてこまいさせる。ポール・オズボーンが1939年に書いたコメディのリバイバル版。
  D079 奇跡の人 ウィリアム・ギブソン/額田やえ子訳 劇書房 1989
3版
\900 程度A- \1,500
●ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン、盲目、聾唖の少女とその若い女教師。その運命的な出会いと闘い。一歳半の時の病気がもとで人間社会と隔絶され本能的な欲望のおもむくまま生きる少女、そのいわば野生の生物に何かと理性の光をともす。全てのものには名前がある。言葉を手に入れる。人間は言葉によって、感じ、考え、知り―わかちあうことができる。あまりにも有名な大ヒット作品。
  D183 ベント マーテイン・シャーマン原作/青木陽治訳 劇書房 1989
4版
\2,000 程度A- \1,339
●1934年「血の粛清」決行。レーム射殺。ヒットラーは軍隊からホモ追放し宣言し、200人の突撃隊幹部をベルリンにて親衛隊と陸軍が包囲、虐殺。…その日の午後からこのドラマは始まる。退廃のベルリンにおけるゲイ・ライフ、ゲシュタポの突然の侵入、逃亡、逮捕、護送列車、収容所と目まぐるしく場面と人間の運命を変えていく一幕。そして一転して収容所の作業場という人間にとって極限の状況に目を据え、人間の自由と尊厳、愛と孤独を描き出す二幕。ブロードウェイに登場するや、圧倒的な衝撃と感動をもたらした1980年の話題作。
  D099 ヴァニティーズ ジャック・ハイフナー/青木陽治訳 劇書房 1982
初版
\2,000 程度A- \1,100
●登場人物は3人。第1場は地方のハイスクールの体育館で卒業を間近にしたチアガール。勉強そっちのけでいかに目立つ、いかに受けるかに関心が集中。第2場、彼女たちはカレッジに進学し、学生寮。全ては相も変わらず。パーティに、ボーイフレンドのこと…。第3場はニューヨークのアパートの庭。6年後の再会。会話はかみ合わず。各々の人生の、見栄と虚勢、その仮面の奥の孤独が描きだされていく。
  D016 セイムタイム・ネクストイヤー バーナード・スレイド/青木陽治・堤孝夫訳 劇書房 1988
3版
\2,000 程度A- \1,236
●幕が上がると―ドリス(24歳)とジョージ(27歳)、二人は昨夜はじめて出会って、意気投合し、情熱の夜を過ごし、いささか後ろめたい思いで朝を迎えたところ。結婚した男女の浮気というきわどい題材で観客を引き込みながら、2人の間に様々な危機的な状況を重ね、感動のフィナーレへ。1年に1度、25年にわたる逢引、来年の今日もまた―。
  D339 ウエストサイドワルツ アーネスト・トンプソン/江守徹訳 劇書房 1985
初版
\1,300 程度A- \1,545
●ニューヨーク、ウエストサイドの高層アパートの一室を舞台に、3人の女たち(76歳、56歳、30歳くらい)のそれぞれの人生と、それぞれの愛と孤独がからみ合う。ウィットあふれる会話、移りゆく季節に見事に折り込まれた名曲の数々。都会に生きる人間の姿を詩情豊かに描き出す秀作。
  D045 トーチソング・トリロジー ハーヴェイ・ファイアステューン/青木陽治訳 劇書房 1987
初版
\1,500 程度A- \1,800
●第1部「インターナショナル・スタッド」ゲイバーで知り合った女装芸人アーノルドとバイセクシャルの真面目教師エドの甘ったるいトーチソングと奇妙な性描写の間に男同士の恋愛を浮彫りにする。第2部「子供部屋のフーガ」アーノルドと若い恋人アラン、エドと妻のローレル。四人の心の底にある欲望とこだわりの不思議な愛のダブル三角形。舞台一面ベッドの中でマジカルに展開していく不条理現代風俗コメディ。第3部「未亡人と子供、最優先」アーノルドと養子の少年デビットは父子家庭か母子家庭か?理解のあるおじさん役のエドと突然訪れてくるアーノルドの母。親子の絆と恋人の絆。笑いと涙のホームコメディ。83年度トニー賞を受賞した愛の三部作。
  D168 黄昏 アーネスト・トンプソン/青木陽治・堤孝夫訳 劇書房 1987
2版
\900 程度A- \1,500
●キャサリン・ヘップバーンとヘンリー・フォンダで映画化されたこの本はこの年のアカデミー賞を2人にもたらされた。老いと死を前にした人生の黄昏、しかしそれは長い人生にとって最高の瞬間でもある。沈みゆく太陽がゴールデン・ポンドのさざ波を照り返し、その湖の名前通り黄金色に輝くように。
  D080 おやすみ、母さん マーシャ・ノーマン/酒井洋子訳 劇書房 1988
初版
\800 程度A-(カバー背微色落ち) \1,300
●30代後半の娘とその母。登場人物は2人。時は現在、劇的行動は8時15分頃開始し、10時にはすべてが終了する。舞台の上の時計がリアルタイムの時間を刻む。娘と母の細かな日常的なディティールに、死の光が当てられ、2人の人生そのものが浮かび上がる。愛と孤独、不安、絶望、あきらめ、決意…。凝縮した時間の中の凝縮した人間の葛藤。強い衝撃と感動で83年ピューリッツアー賞受賞作品。
  D143 アマデウス ピーター・シェファー/江守徹訳 劇書房 1992
8版
\900 程度A- \1,500
●映画化されて大ヒットしたことでも有名な、モーツァルト35歳の生涯をミステリアスに彩る華麗なる愛と音楽と死を描いた舞台劇。
  D011 アマデウス[新装版] ピーター・シェファー/江守徹訳 劇書房 1984
初版
\600 程度A- \880
●映画化されて大ヒットしたことでも有名な、モーツァルト35歳の生涯をミステリアスに彩る華麗なる愛と音楽と死を描いた舞台劇。
  D023 ラブ・レターズ A.R.ガニー/青木陽治訳 劇書房 1991
2版
\1,200 程度B \1,600
●50年間におよぶ長い時間に一組の男女の間を行き来したラブ・レターズ。
  D161 グリークス(10本のギリシャ劇によるひとつの物語)[新装版] ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー編・英訳/吉田美枝訳 劇書房 2000
新装
初版
\1,600 程度A、帯 \3,360
●上演時間9時間。だが一切退屈しない。ぴっかぴっかのギリシャ劇10本を、最高のスピードでぶっとばす。戦争、財産と女の略奪、殺人、夫殺し、母親殺し、罪と罰、そして償い。紀元前の話にもかかわらず、スリルとサスペンスに溢れ、強烈で新鮮。儀式的な枠を打ち破った画期的な上演スタイルで大反響を巻き起こした超話題作。完全新訳で登場。
  D345 グリークス(10本のギリシャ劇によるひとつの物語) ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー編・英訳/吉田美枝訳 劇書房 1987
初版
\1,400 程度A- \2,781
●上演時間9時間。だが一切退屈しない。ぴっかぴっかのギリシャ劇10本を、最高のスピードでぶっとばす。戦争、財産と女の略奪、殺人、夫殺し、母親殺し、罪と罰、そして償い。紀元前の話にもかかわらず、スリルとサスペンスに溢れ、強烈で新鮮。儀式的な枠を打ち破った画期的な上演スタイルで大反響を巻き起こした超話題作。完全新訳で登場。
  D218 ジェフリー ポール・ラドニック/青井陽治訳 劇書房 1995
初版
\900 程度A-、帯 \1,600
●ハンサム・ゲイ・ボーイのジェフリーは多くの知り合いがエイズに倒れたのを知り、「セックス絶ち」を決意。その奇妙な決心を巡って珍騒動が起こる…。現代人のリアルな悩みをポジティブに描いた、超前向きなゲイ・コメディ。
  D184 ガラスの動物園 テネシー・ウィリアムズ/松岡和子訳 劇書房 1996
2版
\700 程度A- \1,500
●外とのつながりを見つけられない自閉症の姉ローラ。過去の華やかな思い出の世界に生きている母アマンダ。そしてローラが想いを寄せる青年ジム…。南果歩らの出演による「ガラスの動物園」のアクティブ・ヴァージョンの訳出。
  D175 人形の家 ヘンリック・イプセン/坂口令子訳 劇書房 1991
初版
\700 程度A-(表紙カバー少シワ) \1,500
●今回の「人形の家」の翻訳出版は、銀座セゾン劇場での、今野勉演出、大竹しのぶ主演にあわせたものである。「イプセンは婦人解放劇を書いたのではない」とさかんに不満を表明していた。では、イプセンは一体何を訴えようとしていたのか。「私の意図は人間の表現であった」としか言っていない。それを探り当てるには、まず先入観を捨て、もう一度白紙に戻って、原作と向き合うこと、そこから始めようと今野勉は言う。

而立書房・セクション

書影 番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価(税込) 状態 定価
  D088 役者の悪夢(現代アメリカ演劇叢書) C・デュラング/三田地里穂訳 而立書房 1990
初版
\700 程度A- \1,236
●電話の混線が引き起こすミステリアスな殺人事件を描いた「スミマセン 番号間違えました」と、芝居の迷宮のなかに閉じ込められてしまった男の恐怖を描いた表題作「役者の悪夢」の2篇収録。
  D028 テラ・ノヴァ(現代アメリカ演劇叢書) テッド・タリー/三田地里穂訳 而立書房 1990
初版
\700 程度A- \1,236
●南極点に到達しながらも、帰途、全員死亡という悲劇に見舞われたスコット隊の壮絶な生きざまを描いたアメリカの俊英のテッド・タリーの傑作戯曲。
  D240 ジリアンへ、37歳の誕生日に…(現代アメリカ演劇叢書) M・ブレンディ/三田地里穂訳 而立書房 1994
初版
\700 程度A-、帯 \1,236
●ニュー・イングランド島の小さな島。2年前ボートの事故で妻を亡くしたディヴィッド。孤独と悲しみ、そして愛の再生をナイーブに描いた、新鋭マイケル・ブレンディの傑作戯曲。
  D263 芝居は最高 フランツ・モルナール/三田地里穂訳 而立書房 1990
初版
\700 程度A-、帯 \1,236
●聞いたことが「真実」か、見たことが「本当か」!?現実と芝居、そしてさらにもうひとつの現実…虚実混交するメタ・コメディー。ハンガリーの劇作家フランツ・モルナールの傑作喜劇。
D038 フェンス オーガスト・ウィルソン/桑原文子訳 而立書房 1997
初版
\800 程度A- \1,500
●時は1950年代から60年代半ば。物納小作の父親、都市の筋肉労働の仕事にありついた主人公トロイ、海兵隊の伍長まで昇進した息子までアフリカ系アメリカ人三世代の生と死、愛と葛藤を鮮烈に描いた、ピューリッツァー賞、トニー賞、NY批評家協会賞の受賞作品。
D185 ピアノ・レッスン オーガスト・ウィルソン/桑原文子訳 而立書房 2000
初版
\800 程度A- \1,575
●1930年代を舞台に、アメリカの黒人階層の葛藤を、1台のピアノ処分をめぐる姉と弟との葛藤を通して顕現する。その背後に、2組の幽霊、白人たちに殺された黒人たちとその幽霊に殺されたと噂される白人の幽霊を絡める。ピュリッツァー賞受賞作。
  D111 季節はずれの雪 スティーブン・メトカルフ/鈴木小百合訳 而立書房 1998
初版
\800 程度A-、帯 \1,575
●ベトナム戦争に従軍したアメリカ合衆国の若者たちは、帰還後もその後遺症に苦しんだ。その苦悩は自分のみならず、周囲の人たち、特に家族関係にも大きな影響を与えた。
D040 谷間の歌(バーニィ・サイモンに捧ぐ) アソル・フガード/sc逸訳 而立書房 1999
初版
\800 程度A- \1,500
●南アフリカ連邦のアパルトヘイトは、黒人の勝利のもとで終結した。しかし、現実は……。やもめになった祖父と家出した娘の忘れ形見の孫娘の関係を通して、新旧両世代の葛藤を描く。
  D219 肉体の清算 ヒュー・ホワイトモア/sc逸訳 而立書房 2001
初版
\700 程度A-〜B、帯(イタミ) \1,575
●近所に住む夫婦の妻ジョアンナと不倫関係にあるヘンリー。ところがある日、ヘンリーの妻アンジェラが突然失踪してから、何もかもが狂いはじめる…。モラルを失った現代を描く。
D075 ドライリップスなんてカプスケイシングに追っ払っちまえ トムソン・ハイウェイ/佐藤アヤ子訳 而立書房 2001
初版
\700 程度A \1,500
●北米インディアン神話やギリシャ神話などを援用しながらも、インディアン居住地を舞台に、ハイウェイ一流の風刺的ヒューモアの効いた一見ドタバタ劇風に仕上げた作品。
  D327 ワーニャ伯父さん アントン・チェーホフ/sc逸訳 而立書房 1999
初版
\600 程度A-(裏表紙見返し値札剥がし痕)、帯 \1,575
●ニュー・エディション「ワーニャ叔父さん」それは、私たちである。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページヘ戻る