日本(国内)の演劇(劇作家別な〜は行)−ぱらぶら屋書店目録


●トップページ ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分

 
H1060 H965 H376 H470 H905 H499 
 
H1299 H658 H239 H1141 H865 H954 
番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
H1060
画像
青木さん家の奥さん 内藤裕敬 冬芽社 1993
初版
\700 程度A- \1,500
●劇団「南河内番外一座」の旗揚げ公演の際に上演された劇「青木さん家の奥さん」の上演台本。巻末に上演記録を併載。
H965
画像
LAST SHOW(ラストショウ) 長塚圭史 PARCO出版 2006
初版
\800 程度A、帯 \1,680
●幸せな新婚生活を始めた売れないデイレクター・石川琢哉と、かつて名子役だった美弥子。公私とともに泥沼になっていく石川家を中心に、登場人物それぞれの愛憎の入り組んだ恐ろしい喜劇の幕を開ける。第13回読売演劇大賞<優秀作品賞>受賞作品。
H930 戯曲 赤い月 なかにし礼 河出書房新社 2005
初版
\600 程度A、帯(少イタミ) \1,890
●満州、それはいったい何だったのだろうか。夢というあまりにも生々しく、現実と呼びには悲惨すぎる。実母をモデルに、自らの満州体験を描いた大ベストセラー「赤い月」の戯曲化。
H249 リリパット・アーミー 中島らも/わかぎえふ 角川書店 1996
再版
\800 程度A- \1,600
●内容は次の通り。1「リリパット・グラフィティ」、2「シナリオ『人体模型の夜』『ベイビーさん』『X線の午後』」、3「メイキング・オブ・リリパット・アーミー」、4「エッセイ『リリパット・アーミー奇談』、5「公演記録」。(注:紙面がザラ紙もあいまって、本文天地・小口から内側にかけて約5ミリ程経年少ヤケがありますが、それ以外は使用感も含めて本の状態は上記のように良好です)
H266 リリパット・アーミー(しこみ篇)[文庫オリジナル] 中島らも/わかぎえふ 角川文庫 1999
初版
\800 程度A- \560
  リリパット・アーミー(ばらし篇)[文庫オリジナル] 中島らも/わかぎえふ 角川文庫 1999
初版
(2冊揃い、分冊不可) 程度A- \630
●中島らもとわかぎえふが出会い、生まれた劇団「リリパット・アーミー」。結成から現在までの波瀾万丈の道のりや、あまりにも非日常的な劇団生活、「役者」という肩書きを借りた偉人・怪人・変人たちのハチャメチャぶり等を描いたエッセイ集。「ベイビーさん〜あるいは笑う曲馬団について」「一郎ちゃんがいく」「天外奇想〜セイント・イーブル〜」の3篇の戯曲も収録。
H376
画像
中島らものぷるぷる・ぴぃぷる 中島らも 白水社 1992
2版
\700 程度A、帯 \1,068
●わが女子高の征服はマワシである。涼しくて、しかも安上がりなのだ……なんて、奇妙奇天烈、奇想天外なコントあり、落語あり、小説ありのゴーカ3本立て。90秒に1回は笑える笑劇の異能作品集。
H1541 雑誌「ユリイカ」2008年2月号特集中島らも(バッド・チューニングの作家)    青土社 2002
初版
\600 程度A- \1,300
●「徹底討論:鈴木創士×丹生谷貴志―砂漠のスカラベ(中島らもの小説世界)」「対談:中島らも×浅田彰―いまっていう時代はやねェ…」「幻の処女作:中島らも『すべての聖夜の鎖』」「アルバム:バンド・オブ・ザ・デイズ」他。
H954
画像
年中無休 中村育二 論創社 1997
初版
\900 程度A-、帯、(メンバーの献呈署名) \1,854
●その日、リサイクルショップ朝日堂の男達はどしゃぶりの雨の中、仕事に出掛けた。帰り道すれ違ったベンツの女に気をとられ車を脱輪させてしまった。びしょ濡れになりながら、車を引き上げ事務所に戻った彼らは何故か楽しそうにパンツ1枚で石油ストーブのまわりを廻り始めた…。「カクスコ」のアカペラ楽譜付きの完全戯曲化。
H1539 中村正人戯曲集 展覧会の絵 中村正人 幻冬舎ルネッサンス 2013
初版
\700 程度A- \2,100
●一枚の絵をめぐる混乱。時間、空間、確かなものなど何も存在しない。戯曲5作品、語り2作品収録。
H1483 新派 朗読脚本集 銀座復興 成瀬芳一 青蛙房 2012
初版
\600 程度A、帯 \1,890
●「鶴八鶴次郎」、「婦系図」より「湯島案内」、「振袖紅梅」、「銀座復興」、「あとがき(水谷八重子)」を収録。
H470
画像
御大切〜夏は台所がなつかしい〜(ヨムゲキ100) 西島明 演劇ぶっく社 2000
初版
\600 程度A- \1,050
●西島明は1993年、よりよい「間pause」とよりよい「恰好pose」を追求するベター・ポーヅを旗揚げ。作・演出をすべて担当。シンプルで選び抜かれたディテイルで構成された舞台は、清涼感あふれるメルヘンと毒を同時に成立させる。その不思議な空間により注目を浴びる。ベター・ポーヅ最初の作品「御大切〜夏は台所がなつかしい〜」、「美しい日々」、「果実におぼれて」の3作品を所収。
H541 オトメチックルネッサンス(ヨムゲキ100) 西島明 演劇ぶっく社 2000
初版
\600 程度A- \1,050
●西島明は1993年、よりよい「間pause」とよりよい「恰好pose」を追求するベター・ポーヅを旗揚げ。作・演出をすべて担当。シンプルで選び抜かれたディテイルで構成された舞台は、清涼感あふれるメルヘンと毒を同時に成立させる。その不思議な空間により注目を浴びる。「オトメチックルネッサンス」、「別冊オトメチックルネサンス 接吻は愛の速記術」の2作品を収録。
H1111 マはマルケスのマ(ヨムゲキ100) 西島明 演劇ぶっく社 2000
初版
\600 程度A- \1,050
●小人族の夫と巨人族の妻に仕える下男、下女たちの密かな愉しみを紡ぎだす物語。キーワードは使用人、退屈な日常、労働、永遠、死者。
H1142 FANTASISTA 西田大輔 論創社 2005
初版
\900 程度A、帯 \2,100
●世界は、まだこんなに面白い。サモトラケ、ギリシャ神話の勝利の女神。不思議な女神像をめぐって時空を超えて紡がれる恋n物語。西田大輔(AND ENDLESS)の第1戯曲集。
H579 小さな炎のファンタジー 西田豊子 新水社 1987
初版
\500 程度A- \800
●小さな炎の灯がともる共に、突然消えてしまったお父さん・お母さんたちを探して冒険のたびに出るミライとタケシ―それは人間の生命の歴史をさかのぼるたび、そして、不思議な少年タケルの秘密は?戦争の愚かさと生命の尊さが、ファンタジーで生き生きと語られる戯曲。
H306 BGMはあなたまかせ 蜷川幸雄 サンケイ出版 1982
初版
\800 程度A- \1,500
●二部構成。パートT「ぼくの好きな俳優・ひと」で平幹二郎から、唐十郎、石橋蓮司、忌野清志郎ほか大地喜和子、清水邦夫まで20名の人物について、パートU「かろやかな転落への助走」で演劇や身辺雑記等を、記したエッセイ集。
H055 千のナイフ、千の目 蜷川幸雄 紀伊国屋書店 1993
初版
\800 程度A- \1,600
●世界のニナガワが、T演劇をめぐる自伝、U演劇という病、V千のまなざし、という章立てで劇的半生を語る、疾走するエッセイ集。
H1532 演出術 蜷川幸雄+長谷部浩 紀伊國屋書店 2002
初版
\1,000 程度A- \3,090
●演出家蜷川幸雄が代表作とその創作過程、それぞれの作品に込めた思いや葛藤を、細部にわたるまであますことなく語る。
H1533 蜷川幸雄の稽古場から 蜷川幸雄他 ポプラ社 2010
初版
\700 程度A- \1,785
●若い俳優の中に眠る未知の可能性を見出し、大きく育てる、蜷川幸雄の稽古場。新人の頃に、蜷川が抜擢し、花開いた10人の若手俳優(蒼井優/小栗旬/尾上菊之助/勝地涼/鈴木杏/寺島しのぶ/成宮寛貴/長谷川博己/藤原竜也/松たか子)が語る、蜷川演出の魅力とは。
H1290 蜷川幸雄と「さいたまゴールド・シアター」の500日(平均年齢67歳の挑戦) 橋田欣典・須賀綾子・強瀬亮子・埼玉新聞取材班 平凡社新書 2007
初版
\400 程度A \735
●“これからの人生を、プロの俳優に賭ける人”これが応募の第一条件だった。千二百六十六人から選ばれた四十八人。その人生の「多難」と「多彩」をパッチワークすれば、この国の、中高年が生きた時代と今の暮らしの縮図ができる。舞台を支えているのは、あこがれ、夢、絆。そして、人生の「今度こそ」と「もう一度」の意地を懸ける。
H1220 蜷川幸雄の子連れ狼伝説 蜷川幸雄 小池書院 1998
初版
\700 程度A(カバー背上部少シワ) \1,890
●演劇界の鬼才・蜷川幸雄が、時代劇画不朽の大作「子連れ狼」全28巻の色あせない魅力と新しい可能性に迫る。原作者・小池一夫との対談や秘蔵写真も収録。
H961 月食 橋本治 河出書房新社 1994
初版
\700 程度A-(背微ヤケ)、帯 \1,500
●ブッダの生きる古代インドの荒野。本当の自分と愛を求めて漂白する若き魂。人間であることの歓びと苦悩を描く橋本文学の金字塔。宮本亜門演出のサイケ歌舞伎「月食」の書下ろし戯曲。
H865
画像
長谷川孝治戯曲集(弘前劇場の二つの場所) 長谷川孝治 太田出版 2003
初版
\3,000 程度A、函、帯(少イタミ) \4,999
●日常的会話と過剰な情念の噴出する詩的言語を駆使して、現代の核心を浮き彫りにした、「静かな演劇」の旗手・長谷川孝治の戯曲集。「あの川に遠い窓」、「家には高い木があった」、「E+2」、「冬の入口」の4篇収録。英文併記。
H1327 地域と演劇 弘前劇場の三十年 長谷川孝治 寿郎社 2008
初版
\800 程度A \1,785
●現代演劇の雄「弘前劇場」。その劇作家がアングラ芝居を経て新しい表現に辿り着いた歴史と地域で演劇を創る意味を初めて明かす。
H499
画像
花組芝居写真集 宮内勝(写真)/大原薫(文) 演劇ぶっく社 1993
初版
\1,600 程度A \3,000
●「花組舞台写真(『いろは四谷怪談』『怪誕身毒丸』『薔薇西遊譚』『三国妖狐伝』含む計9作品)」、「MAKING of 『奥女中たち』」、「加納幸和VS花組芝居役者全対談」を収録。
H1299
画像
花組戯場芝居(はなぐみしばいずえ)    新書館 1989
初版
\1,200 程度A- \2,000
●加納幸和事務所から最新作「かぶき座の怪人」まで上演全記録。役者、スタツフ、総顔見世。花組芝居の5年間の全記録舞台写真集。
H905
画像
拝啓 かぶき座の怪人さま 加納幸和 近代文藝社 1994
初版
\800 程度A(著者サイン) \1,500
●劇団「花組芝居」を主宰、作、演出家、立女形として大活躍の加納幸和の初エッセイ集。独自の美意識で歌舞伎を、役者を、芝居を熱く語る。戯曲「歌舞伎座の怪人」を完全収録。
H1174 僕は女方 篠井英介の世界 篠井英介+鈴木勝秀編集 メトロポリタン出版 1998
初版
\700 程度A-(表紙カバー少シワ) \1,575
●自分の心に正直でないと、絶対に自由になれないと思う…。ジャンルを越えて活躍する「現代劇の女形」篠井英介が、ユニークな演劇観や俳優人生を率直に語った書き下ろしエッセイ。
H1576 いい芝居 いい役者 篠井英介 三月書房 2012
初版
\800 程度A、帯 \2,310
●演劇エッセイ集。私が大好きで、仕事にもしている演劇。東京では隆盛のような演劇ですが、やはり創る方も観る方も小さな村のような所帯です。これを生業にしているからあには「演劇」を考え続けたいのです。そして、女方としてもっと求められるように、認めてもらえるように、先人に恥じることなく「男一生の仕事とす」と覚悟するのです。(本文より)
H383 森は生きている(オペラ台本) 林光 一ツ橋書房 1996
初版
\800 程度A- \2,200
●作曲者が自ら、マルシャークの原作をもとに、独自に書き下ろした会心の上演台本。林光創作の歌詞、新しい叙唱詞・台詞をはじめ、林光バージョンのオペラを読む楽しさがあふれる。上演版と、自在の初稿版を併録。オペラシアターこんにゃく座にて上演。解説福田善之。
H395 箱の中身/分からない国 原田宗典 集英社 1992
初版
\600 本体程度A、カバー程度B(裏表紙カバーに値札シール剥がし跡、)、背微ヤケ、帯(微ヤブレ、イタミ) \1,500
●役者もいない。演出家もいない。舞台監督もいない。開演ベルも鳴らなければ、観客も集まらない。けれども舞台はそこにあり、あなたが一人で幕を開ける。原田宗典第一戯曲集。(帯コピーより)。「箱の中見」「分からない国」の二戯曲作品を収録。いずれも「東京壱組」大谷亮介演出で上演。
H378 チャフラフスカの犬 原田宗典 集英社 1994
初版
\700 程度A-、帯、著者サイン \1,600
●大谷亮介、余貴美子らの自由劇場出身者らによって設立された「東京壱組」。原田宗典作の第14回公演「火男の火」と第15回公演「チャフラフスカの犬」の2作品を収録。
H573 ばくたちが愛のために戦ったということをC 東由多加 而立書房 1982
初版
\400 程度C+、帯、値札剥がし痕 \927
●エッセイ「ぼくの『ミュージカル』」、上演作品「ペルーの野球」を収録。
H070 キッド・ペーパー・シアター MUSICALキッド 東由多加 而立書房 1989
初版
\600 程度A-
\1,000
●ミュージカルに賭けた若者たちの汗と涙、そして愛をリリカルに描いたヒット作戯曲、写真と楽譜満載。
H440 キッド・ペーパー・シアター 蛍の町 東由多加 而立書房 1989
初版
\500 程度B(少ソリ) \1,000
●青春の出会いと別れをナイーブな筆致で描く。やさしい心と心の触れあいが、まるで夏の夜のホタルのように切なく輝くナイス・ミュージカル!写真・楽譜満載。
H439 キッド・ペーパー・シアター 夢の泉 東由多加 而立書房 1989
初版
\600 程度A- \1,030
●下町を舞台に、芝居小屋の人々と街の人々との心温まる交流を描いた、キッドならではのベストミュージカル。失った街・失った夢の湖が見えてくる!写真・楽譜満載。
H265 東由多加が遺した言葉 東由多加 而立書房 2002
初版
\800 程度A、帯 \1,890
●東京キッドブラザースを約30年あまり率いてきた東由多加が死去して3年。生前彼が公演のプログラムや雑誌に書き綴った文章の中から選択してまとめたもの。
H1574 平石耕一現代史劇集2 平石耕一 アルヒーフ 2010
初版
\800 程度A-、帯 \2,100
●「熱い(ほとぼい)」、「パラシュート」の2戯曲作品を収録。
H1403 ヒロシマの夜打つ太鼓(広瀬常敏戯曲集) 広瀬常敏 影書房 2005
初版
\800 程度A \2,100
●戯曲を書くということは、演劇という空間を作りだすこと。著者が代表を務める東京演劇アンサンブルの上演台本より、表題作のほか「蜃気楼の見える町」「音楽劇 消えた海賊」の全3篇を収録。
H1547 ナイ−ブな世界へ(ブレヒトの芝居小屋 稽古場の手帳) 広瀬常敏 影書房 2003
初版
\1,000 程度A-(裏表紙見返し値札剥がし痕少)、帯 \2,575
●東京演劇アンサンブルを拠点に、マイノリティーの立場を堅持しつつ、絶えずラジカルに新しい舞台の創造的空間を求めて苦闘する演出家の、半世紀余りにわたる思考の過程を記録した著作集。
H1197 麒麟(キリン)古川登志夫戯曲集1 古川登志夫 テアトロ 1995
初版
\1,000 程度A-〜B \3,000
●「麒麟」、「セラピスト」、「東京海亀伝説―純愛篇」の3戯曲作品を収録。
H1416 仰げば尊し 福田卓郎 牧羊社 2007
初版
\600 程度A- \1,575
●共通一次試験実施前年、キャンディーズが解散し、サザンオールスターズがデビュー、ピンクレディーが巷を席巻し、スターウォーズが封切られたそんな時代。愛媛の進学校に四十間近のオヤジが新入生として入学してきた。そして生徒会で活動したいと生徒会長達の前に現れる。時が経ち、取り壊されることになった生徒会室に久々に集まった仲間達。蘇る楽しい想い出、そしてほろ苦い想い出。そこで彼らは初めて、ある真実を知ることになる…高校生も、高校生だった人も、高校生じゃなかった人も、これから高校生になる人も、必ず友達と話がしたくなる、そんな青春群像劇。
H367 SHOW GIRL(ショーガール) 福田陽一郎 集英社 1986
初版
\900 程度A-、帯 \1,800
●直線的な女と曲線的な男。オトナの遊び心をくすぐる二人のしゃれたシーソーゲームの数々。1974年の初演以来、木の実ナナと細川俊之のコンピで大ヒットを続ける「ショーガール」。著者自ら厳選したオリジナルシナリオ5篇「男嫌い・女嫌い」「サヨナラを言うまでは」「LOVE・二都物語」「ベスト・フレンド物語」「恋の引っ越し物語」を収録。
H809 Z航海団(響リュウ戯曲集@) 響リュウ テアトロ 1995
初版
\1,200 程度A-、帯(少イタミ) \2,800
●「Z航海団」、「風の牙」、「岬―波の間に義経さまが―」の3戯曲作品を収録。
H1339 開店花火だ!!(平田侑也戯曲集) 平田侑也 晩成書房 2003
初版
\1,000 程度A-、帯 \2,520
●作・演出の平田侑也が描く、若さの割に妙に緻密、軽妙で独特の笑劇あるいは喜劇。その味に役者たちが方々から寄り集まった集団「集団花火」の初めての戯曲集。観客を引きずり込み笑わせ泣かせるテンポの良い作品が詰まっている。旗揚げから第6回公演までの6作「二丁目のグッドバイ」「こまち堂漂流記」「やりみぞ荘ですよ。」「ジャングル事務」「旅館ー再会の月見編ー」「ギャラクシーベビーはGO!!」を収録。
H658
画像
うちやまつり 深津篤史 白水社 1998
初版
\1,200 程度A-(表紙見開きの遊び紙にYUBICHIと書込み) \1,800
●関西のとある高層団地。この団地で昨年の夏、連続殺人事件が発生した。犯人は団地に住む住人と噂されている。お正月の穏やかな晴れ渡った午後、その風景とは裏腹に隠された真実が次第に暴かれていく…。現代人の乾き切った人間関係を赤裸々に描く。第42回岸田國士戯曲賞受賞作品。
H239
画像
焼跡の女侠 福田善之 角川書店 1974
初版
\900 程度A-〜B+(小口少シミ痕)、帯 \960
●「真田風雲録」以後十年余60年代演劇の地平を切り開いてきた著者が、遠い民衆の劇をめざしている。娯楽性と思想を止揚せせた新しい精華。変幻する<夢>の時空に展開する戯曲。「忠は捨ててン義は残る」痛切なる叫びを呑んで、生きて愛して自ら果てた壮絶極まりない女侠一代。敗戦日本の焼跡を原風景として、鬼才が描いたもう一つのマクベス。表題作の他、一幕物「変化紙人形」、二幕物「因果噺一寸法師」収録。
H853 翔べない二人 藤谷清六 カモミール社 2003
初版
\700 本体程度A-、カバー程度B+(カバー裏値札シール剥がし痕少ヤブレ) \1,890
●山梨でインターネット専門のテレビ局を開設している著者が、「夫婦喧嘩」という連続ドラマ番組の作・演出を担当。それを舞台公演を想定した書き直し戯曲作品。
H435 開運ラジオ 平田俊子 毎日新聞社 2000
初版
\800 程度A-、天微シワ \1,900
●この芝居の上演にあたって、チラシにわたしはこう書いた。「『開運ラジオ』は開運芝居。観た人は幸せになれまっせ」。劇場には善男善女がたくさん集まった。そして実際に芝居を観た人は、結婚や離婚が決まったり、虫さされが治ったり、しゃっくりがとまったり、子猫のもらい手が見つかったりしてみーんな幸せになったのだ(著者あとがきより)。「甘い傷」を併録。
H751 にぎやかな部屋[書下ろし新潮劇場] 星新一 新潮社 1972
2版
\700 程度A-(裏表紙見返しに購入日の書き込み)、函 \570
●金もうけに策をめぐらす金貸しの亭主といんちき占い師の夫人、その金を狙う詐欺師、強盗。現代世相を軽妙に描く異色コメディ。
H1141
画像
本田英朗戯曲集U 五月の人々ー尖閣群島 本田英朗 テアトロ 2007
初版
\2,000 程度A- \5,250
●戯曲「五月の人びと(尖閣群島)」「冬の鬼火(高野長英考)」「神通川(痛き歴史のなかより)」「神にしませば(壬申の乱)」「この灯を」他、「中国大陸での闘い(抄)」「作品年譜」「解題ー本田徹」「芝居小屋と戦場ー樺山綾子」「劇作家・本田英朗の支え手であり続けた母・ふみこー本田朋子」。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆/安部公房(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲優秀新人戯曲集/新鋭劇作集 
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る