日本(国内)の演劇(劇作家別さ〜た行)−ぱらぶら屋書店目録


●トップページ ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


     
H444 H791 H566  H242  H911 H255 H280 
     
H1030 H179 H393  H458  H1350 H1219 H844 
番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価 状態 定価
H1548 困った綾とり[書下ろし新潮劇場] 佐江衆一 新潮社 1975
初版
\500 程度A-〜B、函 \780
●―昭和の高度成長期がもたらした光と影―それは、「海の見える夢のニュータウン」に住む、ごく平凡な家族を通して描く衝撃のブラックコメディ!
H111 三條三輪戯曲集@ 三條三輪 テアトロ 1996
初版
\800 程度B+(小口、本文写真頁、表紙カバー少シミ)、帯、献呈書名(小松方正) \2,427
●演劇グループ、虹企画/ぐるうぷ・しゅら創立メンバー、夢と遊びのエスプリで時代を鋭く見つめる、三條三輪の戯曲集。「動話劇 青白い鳥」「アラビアンナイト」「万ノ宮精神病院始末記」所収。
H444
画像
三條三輪戯曲集B女優 三條三輪 カモミール社 2002
初版
\500 程度A-、帯 \1,000
●今や老いた下積女優が次々と夢見るは―決して演じることのできなかった名作の主役の舞台―。狂気と真実の狭間できらめく生と死、女優の業、女の業を、鋭く描く!三條三輪最新戯曲集(帯コピーより)。他にパーティ芝居「桃花村祝婚歌(フィガロの結婚より)」「黒雪姫と七人の大人たち」の二本収録。
H1523 宗家の三姉妹(笹部博司の演劇コレクション オリジナル台本:01) 笹部博司 発行メジャーリーグ/発売星雲社 2008
初版
\300 程度A \420
●中国に三人の姉妹がいた。一人はお金を愛し、一人は権力を愛し、一人は中国を愛した。激動の時代を本音で生きた伝説の三姉妹。それぞれ違った人生を強烈に生き抜いた三人が、雲の上で再開する。お互いの人生を辛辣に振り返りながらお互いに強い愛情を抱き合う。
H1271 ラクーン狂騒曲(篠崎隆雄 第二戯曲集) 篠崎隆雄 青雲書房 2006
初版
\700 程度A \1,680
●「ラクーン狂騒曲」、「お助け倶楽部繁盛記」、「教言W―ママのバトル日記」、「教言X―ゆ(い)と(う)りの教育論」の4本の戯曲を収録。
H791
画像
KAZUKI〜ここが私の地球(品川能正戯曲集) 品川能正 カモミール社 2001
初版
\900 程度A、帯 \2,415
●零下40度のシベリア捕虜収容所の極限の狂気と命をつむぐ家族の愛を洋画家香月泰男の目を通して描く「KAZUKI〜ここが私の地球」。野口英世の知られざる破天荒な物語と人間をスポイルするものへの透徹した洞察力が日本版「オペラ座の怪人」を思わせる「ヒューマン・ダイナモ〜人間発動機 野口英世」の2篇収録。
H911
画像
結婚という冒険(ジェームズ三木戯曲集) ジェームス三木 未来社 2004
3版
\700 程度A \1,575
●「愛さずにはいられない」、「結婚という冒険」、「危険なパーティ」、「別れの曲」の4戯曲を収録。
H255
画像
つばめ ジェームス三木 而立書房 2002
初版
\500 程度A、帯 \1,050
●日韓国民交流記念作品。「豊臣秀吉によって、国土を踏みにじられた朝鮮国は、秀吉の死後に天下を掌握した徳川家康の国交回復要請に応えて、五百人余の文化使節団(朝鮮通信使)を、日本国に派遣した。『文』を以って『武』に報いたのである。私はわらび座と協力して、時代の運命に翻弄された人々の姿を、浮彫りにしたい。朝鮮通信使の心をわが心とし、『文』を以って『武』をしのぎたい(ジェームズ三木)」。同時にハングル語訳版も併録。
H143 牛鬼が見た夢(戯曲・エッセー) 志賀圭三郎 壮神社 1997
初版
\600 程度A-、帯 \1,236
●戯曲「夏恋鬼祭」「水琴抄」、エッセー「牛鬼が来た」を収録。
H1428 嘘でもいいから殺人事件 島田荘司(原本)、石川良(脚本) キャリイ社 2007
初版
\600 程度A \1,785
●テレビ局を舞台に、やらせが過ぎてクビになりかけていたディレクター・軽石三太郎が、進退問われる番組作りにやってきた東京湾・猿島。その島で連続殺人事件に巻き込まれ、滑稽かつ珍奇な騒動に翻弄される数日間を描いた、コメディタッチのミステリー。舞台脚本(戯曲)大ボリューム3編、初の書籍化。
H330 ユラリウム 島田雅彦 河出書房新社 1988
初版
\500 程度A-〜B+ \980
●失われた恋人をふたたび失うための冥界巡りの旅程に、奏でられ、忘れられた、幻惑のアンダンテ―饒舌が小説を食い破り、新たな場を開始した、著者の処女戯曲。「初演を見なかった人のために(著者インタビュー)」も併録。
H1151 ルナ 輪廻転生の物語 島田雅彦+蜷川幸雄 河出書房新社 1990
初版
\800 程度A- \2,400
●「おまえを地上につれていく」。ダンテを通奏低音に時空を超えて奏でられる至高の愛のオデッセイ。戯曲・島田雅彦、演出ノート・蜷川幸雄。
H280
画像
暗殺のオペラ 新雪之丞変化 白石征(原作・三上) 新水社 1990
初版
\700 程度A-、(表表紙見返り1ページに献呈サインあり) \1,500
●ボルヘスの夢の影うつして、今、新しい個性が語るデジャ・ヴェの美学。雪之丞「そうだろうか。本当にそうなのだろうか。人の心とは、そんなにもたやすく、切り替え、またつなぐことができるものなのか。ふわふわと柔らかい雲の上を、面白おかしく歩くような生き方が、自由なものか。……わたしの人生は、父上を想うこと、父上の心に想いを馳せることで心を満たされ……」
H1530 鈴木忠志演劇論集 内角の和U 鈴木忠志 而立書房 2003
初版
\1,200 程度A- \2,100
●演劇の在り方を、自分自身に向けて真摯に問い続けてきた、世界を代表する演劇人・鈴木忠志の最新論集。
H414 演劇とは何か 鈴木忠志 岩波新書 1990
3版
\500 程度A \520
●演劇が現代に対して持つ意味は何か。その可能性はいかにして切り開いていくのか―本書は世界的に活躍する演出家が具体的な実践にもとづいて展開する演劇論である。著者は演出・演技の方法、劇団という集団の持つ意味について独自の考えを展開し、活動の拠点・富山県利賀村から、文化の国際交流がいかにあるべきかを提言する。
H1322 フィロソフィア劇場 ソフィア れんが書房新社 2000
初版
\600 程度A- \1,575
●1961年宇宙飛行でガガーリン少佐は「地球は青かった」と残し、1969年アームストロング船長は月面に足跡を残した。オッフェンバックの喧噪とブランキの諦観の間で残されたブラックユーモア。劇作家イヨネスコの不条理劇を演出する亡命旅行者と、ツァラとブロツキーの詩を朗読する女優による「六月劇場」など、ブラックユーモアに満ちた4編の戯曲とモノローグ。
H1051 まちがいの狂言 高橋康也 白水社 2004
3版
\700 程度A \1,890
●二組の双子の取り違い騒動を扱う表題作の他、「法螺侍」を併録。シェイクスピア作品をもとにした狂言集。
H222 赤ひげ(ヨムゲキゴールド 001田島栄) 田島栄(原作山本周五郎) 演劇ぶっく社 2000
初版
\500 程度A \1,000
●山本周五郎作品の脚色に定評がある田島栄の2000年前進座公演「赤ひげ(山本周五郎原作)」の舞台脚本。
H048 八百屋お七牢日記
[書下ろし新潮劇場]
田中千禾夫 新潮社 1972
初版
\500 程度B、函、帯 \520
●一六八三年、八百屋お七処刑さる!!十七歳のお七の情念は、赤い美しい炎と同じ……。姦通罪の女牢部屋の暗い孤独感から、お七火炙りの刑まで、老女が<時間>を超越して日記につづった愛の痛みと恍惚。(帯コピーより)
H1553 鍵の下[書下ろし新潮劇場] 田中千禾夫 新潮社 1974
初版
\500 程度A-〜B+、函、帯 \750
●コンピュタアがもたららした情報化社会。その機械文明の虚無と荒廃を肯定し、駆使することを使命とした国家保安委員長―情報を操りつつ操られた男のアイロニーに、現代社会の危機を託して描く。
H1108 丹野久美子戯曲集7 シュガー・ドロップス 丹野久美子 秋葉工房(新書) 2000
初版
\500 本体程度A、カバー程度A- \1,260
●仙台で劇団「I.Q150」を主宰する丹野久美子の戯曲「シュガー・ドロップス」を収録。
H754 楽園終着駅(近石綏子戯曲集) 近石綏子 テアトロ 1993
初版
\700 程度A-〜B+ \2,000
●ひかり輝く老戦士達の愛の調べ。フィナーレに向かって、真剣に演じ続ける老いの姿こそ、人間存在が最も輝きを増す季節。全国4万5千人が観た、泣いた、感動の人間ドラマ。「楽園終着駅」、「僕のメリーゴーランド」、「マントの紳士(モーパッサンの短編より)」の3作品を収録。
H566
画像
戯曲 魔人街 知念正文 啓明書房 1983
初版
\700 程度A-(カバー天少シワ) \1,400
●「戯曲 魔人街」、「素晴らしき劇詩人(小田切清光)」、「圧倒的人気を誇る小劇団の活躍(知念正文)」、「暗ーいあとがき」、「劇団鳥獣戯画・上演記録」を収録。
H1132 シリーズ エンゲキからはじめました2 千葉雅子    ネルケ出版(新書扱) 2003
初版
\400 程度A- \600
●「猫のホテル」代表の千葉雅子を取り上げる。
H1030
画像
人魚伝説 鄭義信 ペヨトル工房 1990
初版
\1,000 程度A-〜程度B+(本文3頁、頁隅折痕・修復済)、著者サイン \1,800
●劇団「新宿梁山泊」の劇作家・鄭義信。水のある地を巡って公演を続けた「人魚伝説」と待望の最新作「映像(チネチッタ)都市」の2戯曲作品を収録。
H179
画像
明日、ジェルソミーナと/カルメン夜想曲
(シリーズ戯曲新世紀C)
鄭義信 ペヨトル工房 1994
初版
\1,000 程度A- \1,942
●様々な人生を抱えながら、いたわり合い愛し合い、さすらっていく……。94年岸田戯曲賞、映画『月はどっちに出ている』脚本作家の幻の初期名作二編。
H393
画像
COUPLES 冬のサボテン 鄭義信 新水社 1997
初版
\800 程度A-、帯 \1,854
●映画「月はどっちに出ている(監督崔洋一)」で各種映画賞を総なめにし、「ザ・寺山」で岸田戯曲賞を受賞した鄭義信がいまに生きるカップルたちの物語をリアルに紡ぎだす……。
H1053 月はどっちに出ている(シナリオ100シリーズ) 鄭義信(共同脚本催洋一) 演劇ぶっく社 2000
初版
\500 程度A- \1,050
●「もうかりまっか」「ボチボチでんねん」在日コリアンのタクシー運転手とフィリピン・パブホステスを巡る多国籍コメディ。崔洋一監督で映画化され、93年度日本の映画賞を総なめしにした「月はどっちに出ている」の映画シナリオ。
H457 平成無責任一家 東京デラックス(シナリオ100シリーズ) 鄭義信(共同脚本催洋一) 演劇ぶっく社 2000
初版
\500 程度A- \1,000
●自由奔放な母と、儲け話には目がない異父兄弟5人。果たして東京で一発逆転の詐欺が出きるのか!「月はどっちに出ている」に続く崔洋一監督、岸谷五朗コンビの映画シナリオ。
H458
画像
アンドレアスの帽子 鄭義信 丸善ブックス 1995
初版
\700 程度A-、(カバー程度B+ \1,553
●鄭義信の初のエッセイ集。「アンドレアスの帽子」、「小高い丘の村にて」、「寄せ屋の四季」、「ソウルにて」、「気分はおぼろ月」、「韓国ぶつぶつ旅行記」他収録。
H242
画像
土管 佃典彦 論創社 1998
初版
\700 程度A、帯 \1,800
●名古屋を中心に活動する劇団B級遊撃隊を主宰する佃典彦の初戯曲集。観念的な着想を具体的なシュチュエーションに包み込むシニカルでナンセンスな不条理世界を展開している。ひとつの土管でつながった二つの場所、ねじれてゆがむ意外な関係を表現した表題作「土管」。他に「ヨーゼフという名前の亀」を併録。
H136 祝典喜劇ポセイドンの仮面祭[書下ろし新潮劇場] 辻邦生 新潮社 1973
初版
\600 程度A-、帯 \620
●辻邦生の華麗な処女戯曲。賑やかな笑声と喚声のこだまする海神ポセイドンの祭の夜、小さな島をゆるがす二つの事件!策略にみちた婚約、鉱山のクーデター……華麗な仮面祭の光と闇のなかに、陰謀と野心の渦、恋の行方を描く。(帯コピーより)
H1372 フラジャイル(こわれもの注意) 辻仁成 徳間書店 1992
初版
\500 程度A-〜B、帯 \1,200
●「遠く去った実存、不条理、マロニエの木の根は、この作者の手にかかるとこんなにも、甘酸っぱくなる(唐十郎評)」。1993年1月東京シアターVアカサカで辻仁成の作・演出で上演された戯曲作品。
H1364 仮名手本ハムレット 堤春恵 文藝春秋 1993
初版
\600 程度A-〜B+、帯(少ヨゴレ) \1,600
●明治30年、新帰朝者・宮内男爵と明治劇壇の風雲児・守田勘弥は協力して「ハムレット」上演をもくろむ。その顛末を描いた標題作と「鹿鳴館異聞」を収録した傑作戯曲集。読売文学賞受賞作。
H1219
画像
東京ヴォードヴィルショーグラフィティ(1973−1982) 佐藤B作編 三一書房 1984
初版
\1,000 本体程度B+(裏表紙見返し値札剥がし痕少)、カバー程度B \2,000
●東京ヴォードヴィルショー10周年記念写真集(1973年から1982年)。全210頁。
H1350
画像
ブレヒトの芝居小屋(東京演劇アンサンブル1987−1994) 高岩震 影書房 1994
初版
\1,200 程度A \4,120
●ブレヒト、チェーホフ、宮沢賢治などの作品で戦後演劇運動の先端を歩みつづける劇団の舞台づくりに密着し、その劇的世界を斬新に記録した写真集。
H933 世阿弥の能 堂本正樹 新潮選書 1997
初版
\500 程度A-、帯 \1,000
●天才芸能民の戯曲をその生涯と重ねつつ斬新に読み解く。
H844
画像
結婚記念日[書下ろし新潮劇場] 富岡多恵子 新潮社 1973
初版
\600 程度A-、函 \550
●「書下ろし新潮劇場」のために書かれた富岡多恵子の戯曲。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆/安部公房(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲優秀新人戯曲集/新鋭劇作集 
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る