唐十郎/状況劇場/唐組/李麗仙(日本の演劇)−ぱらぶら屋書店目録


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


 書影 番号 書名 著者 出版社 発行版 売価 状態 定価
  K366 おちょこの傘持つメリー・ポピンズ 唐十郎 角川書店 1976
初版
\1,300 程度A-、帯 \980
●誰か知る相愛橋の袂、うらぶれの横丁に、今宵、醜にして聖なる万年少女が、おちょこの傘さしで飛んで来る。かって、芸能界の醜聞にからむ切ない犬死にの哀歌。
  K367 唐版 俳優修業 唐十郎 角川書店 1977
初版
\1,300 程度A-、帯、函 \1,100
●皮肉な街に踊り出た、さすらいの偽ポリス。川向うの夜間高校に、シェイクスピアから藤十郎、成田闘争の活動家に機動隊員らが交錯して、芝居の天才が噴出するイメージと多重構造で鮮やかな作劇術を開花させた戯曲。
  K334 ベンガルの虎(書き下ろし新潮劇場) 唐十郎 新潮社 1973
初版
\800 程度A-、函、帯 \600
●異国の地“白骨街道”に打ち捨てられたままの死者たちの霊は黄泉の国に辿りついただろうか?南方にさまよう亡者たちの思い出が、虎の吠え声となって高鳴る時、少年の旅立ちへの夢が飛翔する(帯コピーより)
  K365 煉夢術 唐十郎 中央公論社 1979
3版
\800 程度A-〜B(天地少シミ痕あり)、函 \1,200
●戯曲「煉夢術」、戯曲「愛の乞食」、「光と闇を駆け抜ける(土方巽との対話)」、「あたし(短編小説三部作)ー『雨のふくらはぎ』『銭湯夫人』『チヨコ』」を収録。
  K356 ご注意あそばせ 唐十郎 河出書房新社 1983
初版
\1,000 程度A-(カバー天地微シワ)、帯(少ヤブレ、修復済) \980
●雪降る新宿の夜に奇想の賭場をひらく「ご注意あそばせ」、長崎は幻の薬店に幻のツテを尋ねあるく「六神丸」、人形師とパリ再訪から<人形を壊した男>との確執を語る「別れた理由」の3篇収録。
  K336 マウント・サターン 唐十郎 河出書房新社 1984
初版
\800 程度B+ \1,200
●高層団地高島平で失われた町と<少年>である証しを求めて繰り広げられる奇妙で胸苦しい生と死の冒険物語。
  K316 紙女房(桜閣興信所通信) 唐十郎 文藝春秋 1986
初版
\800 程度B+、背少ヤケ \1,200
●連作短篇集、桜閣興信所通信物語。「紙女房」「マネキン」「匂いガラス」「売れなかった臓器」「ドミノ」「植物中枢」「妊娠線」「皇帝の飲みもの」「ルイ氏」全十編所収。
  K317 フランケンシュタインの城 唐十郎 福武書店 1987
初版
\800 程度B、帯(小口部分少シミ) \1,300
●解剖学教室から盗み出された無脳児の標本は美少女として甦るのだろうか。様々な現代科学の意匠を通し、愛と秘密の哲学が縦横無尽に展開する長編小説。
  K362 シェイクスピア幻想<道化たちの夢物語> 唐十郎/東逸子(絵) PARCO出版 1988
初版
\2,500 程度A-、ビニールカバー \4,200
●鬼才・唐十郎と、森と妖精の画家・東逸子がおくるシェイクスピアの7つのヴァリアント。現代の道化たちがみるシェイクスピア夢物語。
  K359 さすらいのジェニー 唐十郎 福武書店 1988
初版
\800 程度A- \1,300
●鏡の破片のように様々なイメージが乱反射する劇的空間を描く下町唐座旗揚げ記念公演書下ろし戯曲。水の底に沈んだ幻の鍵をめぐり、男たちを愛の冒険に誘う水の妖精ジェニー。
  K319 電子城Uフェロモンにの呪縛の巻 唐十郎 白水社 1991
初版
\800 程度A- \1,456
●『電子城T』の続編。ファミコンゲームに熱中した高校教師・田口と教え子は失踪した遊び人を探しにSM城ソドムに出かけた(『電子城T』)。―それから2年後、田口はゲームソフト作家になっていた。ある日、弁天堂に送った新作ソフト“フェロモンの呪縛”が盗作された…。
  K328 青春牡丹灯篭 唐十郎 集英社 1993
初版
\800 程度A-(カバー天微シワ) \1,300
●新三郎が恋し、守ったお露はすでにこの世にいない。いや骨がある。新三郎の掘り出したお露の骨が…。古典名作怪談の前段を、太古へのロマンに絡めて描く唐版「牡丹燈篭」。
  K363 泥人魚 唐十郎 新潮社 2004
初版
\900 程度A- \1,680
●干拓に追われて諫早湾を去り、ブリキ屋で働く若者。ブリキ屋の主人でまだら呆けの詩人。そして若者を追ってきた人魚のような女。海の記憶が宿る義眼に導かれ、若者と女は再会を果たすが…。読売文学賞、紀伊國屋演劇賞、鶴屋南北戯曲賞を受賞し、井上ひさしが「独特の詩情と抒情とユーモア、唐十郎の集大成」と絶賛した傑作戯曲。
  K338 壊れた模写(文芸時評) 唐十郎 福武書店 1986
初版
\700 程度A-、帯 \1,200
●島田雅彦・小林恭二ら新世代への熱いメッセージ、村上春樹・青野聰作品の鮮かな解読、独自の小説作法と論理を縦横に駆使した唐版文芸批評。
  K320 水の廊下 唐十郎 エー・ジー出版 1995
初版
\900 程度A- \1,500
●「唐十郎は、また新たな紅の舌鋒を編み出してくれた。自らの内奥を覗きつつ時代の鍵を解読してゆく、比類なき醍醐味だ。私は、探しあぐねていた“無人島へ持ってゆく一冊の本”を、いまようやく手に入れた気分だ」(村松友視)。(帯コピーより)
  K321 雨月の使者 唐十郎/合田佐和子(絵) エージー出版 1996
初版
\1,000 本体程度A-、カバー程度A-〜B+ \1,900
●唐版雨月物語。「雨月もの使者」「めす蜂とでかけた少年」「ビョルンソン」収録。タブロー・写真・コラージュ/合田佐和子。
  K322 幻想劇場 唐十郎 朝日新聞社 1997
初版
\1,000 程度A-、帯 \2,400
●アサヒグラフ連載の12の不思議な物語。「石榴口」「片手袋」「パンク」「同棲」「ぶっこわし屋」「少女小説家・情夜涙子」「人見沼」「人見沼 赤い靴編」「ビデオケース」「拾った恋文」「モスラ」「渡り海女」。
  K358 佐川くんからの手紙(舞踏会の手帖) 唐十郎 河出文庫 1986
初版
\500 程度A- \340
●私の事件を映画化なさるそうですが、主演させてください。―ある日、サンテ刑務所から一通の手紙が舞い込んだ。面会を求めて渡ったパリで、奇怪な出来事の数々に翻弄されつつ、劇的想像力が照し出す極限の愛、カニバリズム。パリ人肉事件に迫る、唐十郎芥川賞受賞作。
  K326 汗のドレス(ASPHALT BOOKS2) 島田雅彦/唐十郎 河出書房新社 1986
初版
\500 程度B+ \880
●島田雅彦の状況劇場公演「少女都市からの呼び声」役者体験論。その肉体が目覚めていくプロセスを、カメラ・アイが丹念に捉える。唐十郎による演出ノートも併録。
  K364 教室を路地に!(横浜国大VS紅テント2739日) 唐十郎/室井尚 岩波書店 2005
初版
\800 程度A-、帯 \1,785
●60年代に前衛演劇の旗手といわれ、現在にいたるまで一貫して独自の方法で演劇活動を続けてきた唐十郎氏は、1997年から2005年までの7年半、横浜国立大学の教壇にたった。「唐十郎」という存在、そして謎としての肉体と言葉の魅力に魅せられた学生たちは、ゼミから発した劇団唐ゼミを結成し、学外に打って出て行く。本書はその活動を総括するとともに、現在の状況、文化、教育を根底から問う。
  K325 李麗仙という名の女優 鶴木遵 アートン 2000
初版
\900 程度A- \1,800
●かって「状況劇場」が時代を疾走していた頃、舞台上の李麗仙は鮮やかに、そして官能的に変化した。時は移り、熱い情熱は澱となり、ゆるやかに流れたいく。人生の選択…。少女 星山初子、唐十郎との出会い、状況劇場、、解体への道、別れ そして女一人、何処へと、李麗仙がアドリブ科白以外のアドリブを語り始めた。
  K330 五つの名前 李麗仙 集英社 1999
初版
\700 程度A-、帯 \1,470
●言うまでもなく「状況劇場」の元看板女優で唐十郎の妻だった李麗仙(当時李礼仙)の初のエッセイ集。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る