ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

新着・再入荷本第602弾(11月18日付)
       
 H1652 H1653  H096   H489
       
 H548  H242  H1654 H1655 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1652 髑髏城の七人(ver.2011) 中島かずき 論創社 2012
2版
\800 程度A、帯 \1,944
●豊臣秀吉に反旗を掲げ、暴虐の限りを尽くす髑髏党と首領“天魔王”。その行く手をふさぐべく、二人の男“捨之介”と“蘭兵衛”は闘いを挑む。三人が相見えたとき、運命は再び動きだす。
H1653 シレンとラギ 中島かずき 論創社 2012
初版
\800 程度A、帯 \1,890
●かつて南の王国の教祖ゴダイを暗殺したシレン。しかし、殺したはずのゴダイが生きていた。守護頭のラギと共に、再び南の王国へと暗殺を試みに潜入するが、いつしか二人は惹かれあう。その恋は、さまざまな人たちの思惑のなかで、欲望が陰謀を生み、北と南の王国の興亡を映していく。
H096 夜曲(放火魔ツトムの優しい夜) 横内謙介 角川書店 1988
初版
\1,200 程度A-(裏表紙見返し値札剥がし痕少) \1,300
●「善人会議」主宰の横内謙介の出世戯曲「夜曲(放火魔ツトムの優しい夜)」に「きらら浮世伝」も併録。
H489 新羅生門 横内謙介 テアトロ 1991
初版
\1,200 程度A-、帯 \2,000
●取り壊されていく都市の中の古い家屋に幻のように現われた“鬼”と“鬼たいじ”の人物たちの血と血で洗う闘争を描いた「新羅生門」、都会の片隅の木造アパートに一人住む気弱な若者の部屋にとびこんできたまほうつかいとそのでしの物語である「まほうつかいのでし」の2作品所収。
H548 ブリザード・ミュージック 成井豊 論創社 2001
初版
\800 程度A-、帯 \2,100
●宮沢賢治の様々な作品からヒントをもらって書いたという「ブリザード・ミュージック」、著者自らが原点と呼ぶべき作品「不思議なクリスマスのつくりかた」の2戯曲を収録。
H242 土管 佃典彦 論創社 1998
初版
\800 程度A-、帯 \1,800
●名古屋を中心に活動する劇団B級遊撃隊を主宰する佃典彦の初戯曲集。観念的な着想を具体的なシュチュエーションに包み込むシニカルでナンセンスな不条理世界を展開している。ひとつの土管でつながった二つの場所、ねじれてゆがむ意外な関係を表現した表題作「土管」。他に「ヨーゼフという名前の亀」を併録。
H1654 雑誌「えんぶ」2018年6月号    (株)えんぶ 2018
初版
\350 程度A \499
●北川大輔・池亀三太/中村七之助・木ノ下裕一/中川晃教・鳳稀かなめ/大倉孝二・ブルー&スカイ・池谷のぶえ/ワワフラミンゴ他。
H1655 雑誌「えんぶ」2018年8月号    (株)えんぶ 2018
初版
\350 程度A \499
●早露せいな『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』/八乙女光・高木雄也『薔薇と白鳥』/藤田貴大『めにみえない みみにしたい』/深井順子・森下亮・糸井幸之介『春母夏母秋母冬母』/キキ花香『ハミンンンンンング』他。

新着・再入荷本第601弾(10月25日付)
       
K369  K230  H1647  H1648 
       
H1649  品切  H1651   K231
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
K369 唐十郎がいる唐組があるニ十一世紀 堀切直人編著 青弓社 2004
初版
\700 程度A- \2,060
●唐十郎は、そして唐組は、そのテント芝居の向こうにかつての状況劇場の幻をみようとする人たちの期待を裏切るように新しい」「そして二十世紀に入った今、ますます現在形である」(坪内祐三)。『泥人魚』で二〇〇四年の演劇賞をトリプル受賞した唐十郎率いる唐組の舞台の力、役者たちの魅力を熱く深く語る。
K230 私という謎(寺山修司エッセイ集) 寺山修司 講談社文芸文庫 2002
初版
\500 程度A-〜B \1,260
●短歌、俳句、演劇…さまざまなジャンルで煌めく才能を発揮し、四十七歳で逝った寺山修司の詩的感性が横溢するエッセイ集。偏愛したボルヘス、夢野久作、フェリーニ等についての洞察、自叙伝、芝居、競馬等のエッセイを収録。
H1647 蜷川幸雄の仕事 蜷川幸雄、山口宏子ほか 新潮社 2015
初版
\800 程度A- \1,944
●80歳、頂点に挑みつづける「世界のニナガワ」の全貌。アングラからシェイクスピアまで、三島・寺山からギリシャ悲劇まで―― 32の代表作を軸に「世界のニナガワ」の軌跡を一挙に振り返る。村上春樹、カズオ・イシグロの寄稿、石橋蓮司、平幹二朗、宮沢りえ、藤原竜也らのインタビュー、蜷川実花との対談等も収載するコンプリートガイド。のべ300近くにおよぶ全演出作品年譜付。
H1648 昭和のバンスキングたち(ジャズ・湊・放蕩) 斎藤憐 ミュージックマガジン社 1983
初版
\700 程度A-〜B、表紙カバーB \1,200
●「上海バンスキング」を書くために取材した人びと、戦前のジャズメン、大川幸一、ジミー原田、ディック・ミネ、レイモンド・コンデ、フランシスコ・キーコ、森山久、ベティ稲田、東松二郎、周東勇の物語。
H1649 岡倉司郎演劇論集 演出者の仕事 宇野重吉・木下順二・山本安英監修 未来社 1965
2版
\1,300 本体程度A-〜B、函(程度B)、(裏表紙見返し値札剥がし痕、発行年等記載頁に蔵書印あり) \2,000
●新築地劇団・民芸・ぶどうの会を中心に、日本近代劇の確率のため全身を舞台に捧げた演出家、岡倉士朗の演劇論・演出論・演技論のほか、ノート・日記など、約2千枚の遺稿を編集し、写真・年表を付して、秀れた演出家の全活動を明らかにする。
H1650
品切
日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇 監修 服部幸雄 企画・編集 国立劇場 淡交社 2009
初版
程度A- \3,990
●日本のあらゆる伝統芸能を集大成。雅楽、能、狂言、歌舞伎、文楽はもちろん、日頃論じられることの少ない延年、幸若舞、沖縄の舞踊・演劇、さらに寄席芸や大道芸まで、日本のあらゆる舞踊・演劇について、体系的かつ総合的にまとめた画期的な一冊です。巻末に「日本芸能史年表」「重要無形文化財保持者リスト」、本書と前巻(音楽)の総合索引をつけました。
H1651 都市の舞台俳優たち(アーバニズムの下位文化理論の検証に向かって) 田村公人 ハーベスト 2015
初版
\600 程度A- \1,944
東京の小劇団で舞台俳優を演じる若者を長年にわたって調査した記録。 彼ら/彼女らが報われることが希な舞台俳優という職業をなぜ選び、どのように舞台にあがり、どのように生活しているのか。参与観察とインタビュー調査を重ねることで、明らかにした画期的な著作。都市のサブカルチャーを生きる若者論としても、重要な文献といえるだろう。
K231 ポスターを貼って生きてきた(就職せず何も考えない作戦で人に馬鹿にされても平気で生きていく論) 笹目浩之(ポスターハリス・カンパニー代表取締役) パルコ出版 2010
初版
\500 程度A- \1,680
●東京都内の至る所で見かける演劇や映画のポスター。実は東京のお店に貼ってあるポスターの大部分は、ポスターハリス・カンパニーの仕事なのです。「ポスターを貼る会社」の創業の秘密、なぜ30年も(!)続けてこられたのか、さまざまな傑作ポスターへの愛までを語りつくします。

新着・再入荷本第600弾(9月14日付)
       
 H1640  品切  H1425  H1642
       
 H1643  H1644  H1645  F1646
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1640 ゆめゆめこのじ 西田大輔 論創社 2009
初版
\900 程度A-、帯 \2,100
●京の花街を彩る遊郭。そこに息づく「ゆめ」と呼ばれる女たち。江戸吉原から始めて京にやってきた秋雪が出逢ったのは、こじきに身をやつした桂小五郎、相撲力士に間違われた西郷隆盛、そして、“恋文”をなくした坂本龍馬―。果たして薩長同盟は無事結ばれるのか、そして龍馬暗殺の真相とは。遊女たちが創った二つの夜の物語。
H1641
品切
リーインカーネション 西田大輔 論創社 2013
初版
程度A-、帯 \1,890
●中国三国志史上最大の天才軍師・諸葛孔明の背負った業、それは天下を取る才と引き換えに触れるものの命を奪うというものだった。中華統一に向け進軍する、「情け」の劉備「迅さ」の曹操、呉はまだ姿を表さない。そして今、新たな歴史が加わる。西田版三国志・長坂編。
H1425 優秀新人戯曲集2007劇作家協会編    ブロンズ新社 2006
初版
\800 程度A-〜B \1,680
●「突端の少女(岩崎裕司)」「宮さんのくんち(山之内宏一)」「風穴(松田清志)」「返事(新井哲)」「ダム(嶽本あゆ美)」「マトリューシカの鞭韆(ふらここ)」の5編の戯曲を収録。
H1642 優秀新人戯曲集2014劇作家協会編    ブロンズ新社 2013
初版
\800 程度A- \1,680
●「獏、降る(服部紘二)」「ト音(春陽漁介)」「クラッシュ・ワルツ(刈馬カオス)」「東京アレルギー(山田百次)」「血の家(森 馨由)」の5編の戯曲を収録。
H1643 神露淵村夜叉伝(石山浩一郎戯曲集) 石山浩一郎 青雲書房 1999
初版
\600 程度A-〜B \1,751
●5万分の1の地図にも名のない九州の閑村「神露淵村」。戦時というのに、敵機の飛影する見たことのないド田舎のぽっかり抜けた日本晴れの空から、突然焼夷弾とまっ白いパラシュートが降って来た。たったひとりの米兵によってムキ出しにされた村人たちのザ・ロンゲストデー!青年劇場戯曲賞受賞作。表題他会心作3編。
H1644 高校演劇Selection2003下 阿部順/大垣ヤスシ/越智優/安部雅弘/上田美和 晩成書房 2003
初版
\600 程度B \2,030
●「桜井家の掟(阿部順)」「交番へ行こう(大垣ヤスシ)」「夏芙蓉(越智優)」「アスタリスク(安部雅弘」「トシドンの放課後(上田美和)」の5編の戯曲を収録。
H1645 星逢ひ(一人芝居作品集) 荒巻瑞枝 花伝社 2002
初版
\500 程度A- \2,030
●忘れられない想い、忘れてはいけない想い。社会と向き合うモノドラマ-荒牧瑞枝の世界。
H1646 私の記憶が消えないうちに(デコ 最後の上海バンスキング) 吉田日出子 講談社 2014
初版
\700 程度A、帯 \1,944
●性格派女優であり恋多き女・吉田日出子は、いま深刻な障害にとりつかれている。記憶が去ってゆくという症状に。その発症以前から、最後の一冊としてライター・小峰敦子さんに語っていた女優の一生。現在、生まれ育った家で同居する母・正子さんは、医師にして三度結婚した豪傑。戦前のフランス・パスツール研究所へ留学し、パリで岡本太郎や早川雪州と交流も持った。おもしろエピソード満載の自伝エッセイ。

新着・再入荷本第599弾(8月18日付)
       
X235  X236  X237  X238 
       
 X239 X240  P087  Q047 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
X235 トーキング・ヘッズ叢書NO.41特集「ドラウマティック・エロティクス」    アトリエサード 2010
初版
\600 程度A- \1,500
●トラウマは、すべての創造力の原動力である。アートからサブカル、マンガ家・早見純や大越孝太郎や飯沢耕太郎の対談、「ヨーゼフ・ボイスのトラウマ的身体性?極私的ボイス論序説(志賀信夫)」「禁断異系のトラウマ・エロス?カオティック・エロスの世界/女体改造願望(相馬俊樹)」などまでトラウマが生むインスピレーションの数々を探る。
X236 トーキング・ヘッズ叢書NO.54特集「病院という異空間」    アトリエサード 2013
初版
\600 程度A- \1,500
●病院は、近くて遠い異空間。白衣や包帯にフェティッシュを感じる人もいるだろうし、死を想う人もいるかもしれない。もしくは精神病院の閉鎖病棟などを連想するかもしれない。病院をめぐるイマジネーションの数々。来日20年を迎えたトレヴァー・ブラウン インタビューや、医療系エロ雑誌の先駆「カルテ通信」元編集長インタビュー、ローマのヴァーチャル精神医療資料館レポなど、盛りだくさん。ECOMMENDATIONコーナーも、個展が物議をかもした会田誠に自作と「エロ」について聞いたインタビューなど充実。
X237 トーキング・ヘッズ叢書NO.59特集「ストレンジ・ペット(奇妙なおともだち)」    アトリエサード 2014
初版
\600 程度A- \1,500
●ペットって単に可愛いもの?ちょっと変わったペットや小動物などとの不思議な関係――虫などとの共生を描く西塚em、新田美佳や架空の動物を木彫で作る石塚隆則、奇妙な生き物「ぬらりんぼ」を大量増殖させているHiro RingなどからSMの女王様まで、さまざまな「ペット」的存在を愛でてみよう。
X238 好物漫遊記 種村季弘 ちくま文庫 1992
初版
\400 程度A-〜B \560
●コーモリ傘、ブランコ、そして映画に芝居、紙相撲に化物屋敷。見なれた物がいつのまにか別の世界への案内者になってゆく不思議。駅、そして港の眺めから甦る怪しい過去の時間。とめどなく酒を飲む男はどこに行ったのか?酔った朝見た白々として光景はどこだったのか?出会った物や人たちがしだいに「好きな物」「このみの風景」に変容してゆく感覚と文章のマジックの世界。
X239 詐欺師の楽園 (種村季弘コレクション6) 種村季弘 河出文庫 1990
初版
\400 程度A-〜B \563
●制度が硬直しているところこそ,詐欺師の楽園となる.まじめくさった軍隊や貴族社会,王宮の政治機構などを徹底的にコケにして,痛快な悪ふざけ,大泥棒を働く悪漢たちが跋扈する.18世紀から20世紀,まさに近代的システムが整備されんとするヨーロッパの出来事をその裏面と深層から見据える種村流精神分析的社会批評.
X240 偽書作家列伝 種村季弘 学研M文庫 2001
初版
\500 程度A- \682
●ゲーテの恋文を贋作しつづけた閨秀作家、早熟の天才的文学詐欺師チャタトン、3万通もの架空の古文書を書きまくった不世出の能筆家…。妄想を際限なく肥大させ、盗作に盗作を重ねつつ、異様な情熱をもって「ニセモノ」を造りつづけた偽書作家たち。その類稀なる文才は、彼らに何をもたらしたのか?真贋をめぐる滑稽な論争からは、文化の道化た裏面が見えてくる。倒錯した表現者たちの系譜をさぐる、ユニークな列伝エッセイ。
P087 ジャニス・ジョプリン 禁断のパール エリス・アンバーン/上原英見訳 大栄出版 1995
3版
\700 程度A-〜B、帯 \2,000
●衝撃のヒューマン・ドキュメンタリー。“ジミ・ヘンが、ジム・モリスンが、彼女の躰を駆け抜けた。”不世出の天才シンガー、ジャニスを透視図に60年代カウンター・カルチャーが見えてくる。
Q047 東京観音 荒木経惟+杉浦日向子 筑摩書房 1998
初版
\900 程度A- \2,200
●古くから日本人に親しまれてきた観音さまは、人とともに喜怒哀楽の情を表す、いわば修行途中の仏さま。そんな観音さまや石仏を巡っての、経惟・日向子の愛の道行き。観音さま一口メモ、対談付き。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る