ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ


新着・再入荷本第588弾(9月20日付)
       
 H1611 H1612   H193 H1613 
       
H1614  H1615  H1616  H1617 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1610 生きてるものはいないのか 前田司郎 白水社 2008
初版
\900 程度A-〜B、帯(カバ少ヨゴレ)、戯曲賞選評小冊子付 \2,100
●あやしい都市伝説がささやかれる大学病院で、ケータイ片手に次々と、若者たちが逝く―。とぼけた「死に方」が追究されまくる脱力系不条理劇。第52回岸田國士戯曲賞受賞作品。
H1611 ぬけがら 佃典彦 白水社 2006
初版
\900 程度A- \1,995
●家を追い出された息子と、“脱皮”を繰り返して若返っていく父親の物語。第50回岸田國士戯曲賞受賞作品。
H193 高校生のための実践劇作入門 北村想 白水社 2002
3版
\800 程度A-(カバー背少色落ち) \1,575
●書きたい書きたいと思いながら、どうしても書きすすめられないあなたのために、具体的できめこまかいテクニックをつめ込んだ、実践劇作アドバイス。舞台の脚本はもちろん、映画やテレビのシナリオ等を志す、すべての人々に贈る本(帯コピーより)。
H1612 文藝別冊 総特集 野田秀樹(新しい地図を携えて)    河出書房新社 2012
初版
\600 程度A \1,260
●国内外問わず、多くの観客を虜にしてきた演劇界の天才に迫る! 書き下ろしエッセイ/ロングインタビュー/対談・別役実/寄稿=三谷幸喜、キャサリン・ハンター、長塚圭史、篠山紀信等満載。
H1613 母恋い地獄めぐり しんとく丸・さんせう太夫 白石征 あんず堂 2014
初版
\500 程度A、帯 \1,620
●中世説経節を演劇的実践によって読み解き、民衆の集合的想像力が生み出した漂泊芸能の感動の源泉に迫る。遊行かぶきの金字塔。風が運んだ鳥追い唄にみちびかれて、離ればなれの母子が佐渡で再会を果たす、永遠の母子神伝承の愛の物語。
H1614 雑誌「えんぶ」2017年4月号    (株)えんぶ 2017
初版
\400 程度A- \499
●特集1:「発表!読者が選ぶ!えんぶチャート2016作品・俳優部門」、特集2:桃尻犬公演「メロン農家の罠」、特集3「高校演劇日和」。
H1615 雑誌「えんぶ」2017年6月号    (株)えんぶ 2017
初版
\400 程度A \499
●特集「演劇は自由。Vol.2」、ロングインタビュー/岡田達也。、
E061 本当のことを言おうか 風間杜夫 角川書店 1984
2版
\400 程度B \880
●つかこうへいの芝居で人気スターとなった風間杜夫が役者ひとすじに、誠実に生きてきた男34年間の真情と私生活のすべてを明かした自叙エッセイ。

新着・再入荷本第587弾(8月25日付)
       
H539  H313  H1605  H1606 
       
 H1607 H1608   H601 H1609 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H539 村井志摩子戯曲集白のシリーズ3部作 白い蝶々、ミモザ、木蓮他 村井志摩子 テアトロ 2002
初版
\1,000 程度A-〜B、帯 \2,800
●「白い蝶々」、「ミモザ」、「木蓮」、「もうレクイエムは歌わない」、「ヒロシマのピーター・パン/デスティニー」、「星よ降れ、震える世界よ」の6篇の戯曲を収録。
H313 仇討 井上ひさし 中央公論社 1983
初版
\500 程度A-〜B(カバー背少ヤケ) \680
●奇想天外の蚤への仇討。本懐をとげる寸前の破局。泰平の世の武士の悲喜劇を描く、花の仇討物語決定版。
H1605 オイディプス昇天 山崎正和 福武書店 1984
初版
\500 程度A-〜B、帯 \1,300
●父を殺し、母とまぐわい、自ら両眼を潰した呪われた男、オイディプス。流浪の果てに老醜を晒し、自らの運命を鬻いだ誇り高い王を、雷光と共に救済した神々の突然の豹意―ギリシア悲劇の謎に夢幻能の救済を重ね、様式化した文体で構築した詩劇集。
H1606 地底の鳥 山崎正和 河出書房新社 1979
初版
\500 程度A-〜B、帯 \980
●昭和史上、グロテク砂位置を占める左翼二重スパイを通して、現代人の不安な役割と不合理な情熱を鋭く華麗にに知的に描く秀作戯曲。
H1607 深川の赤い橋(横澤祐一戯曲集) 横澤祐一 幻戯書房 2016
初版
\1,000 程度A-、帯 \3,456
●昭和40年代、界隈に暮らす年代も階層も事情も多様な人々―それぞれの機微を徹底した台詞劇で描いた2010年代の“深川三部作”。大正末期の深川・洲崎遊郭を舞台にした異色作も併録。“劇団東宝現代劇75人の会”上演台本。
H1608 冒した者(三好十郎V) 三好十郎 ハヤカワ演劇文庫 2013
初版
\500 程度A- \903
●東京郊外の高い台地に建つ三階建ての家。焼夷弾が落ち、荒れるにまかせ、なかば崩れかけている。現在使える部屋は七つ八つ。そこにこの劇の語り手で先生と呼ばれる「私」をふくめて9人が暮している。「私」を訪ねたのは“創造としての芝居を生きてみよう”として果たせなかった須永。「冒した者」という“創造としての芝居”を通じて戦後日本人の心の荒廃と絶望、そしてかすかな希望を見つけようとする。
H601 演出のすすめ方(確かな劇創りに) 野田雄司 青雲書房 1994
2版
\500 程度A-〜B、帯 \1,200
●具体的な演出のヒント・ポイントを解説。今すぐに役立つ実践的演劇書。サンプルとして「真夏の夜の夢(シェイクスピア)」「十一ぴきのネコ(井上ひさし)」「帽子屋さんのお茶の会(別役実)」を引用。
H1609 東京の俳優 柄本朗(聞き手小田豊二) 集英社 2008
初版
\600 程度A-、帯 \1,785
●やっぱり凄い!この役者の全貌。 東京乾電池を率いて30余年! いま、演劇界・映画界でいちばん気になる怪しい役者、柄本明。銀座の生まれの少年時代から、早稲田小劇場の芝居に、まさに“衝撃”を受けて役者になるまでを、大いに語る!

新着・再入荷本第586弾(7月25日付)
       
H1361   H820  H1600 H1601 
       
 H1602 H1603  H1604  H1605 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1361 バーレスク1931(赤い風車のあった街) 斎藤憐 而立書房 1981
初版
\700 程度A-〜程度B \1,000
●左翼演劇が崩壊し、軍靴の音高まる30年代。軽演劇の中に批判と抵抗の眼を忍ばせた一軒のレビュー小屋があった。新宿ムーラン・ルージュの舞台を描く。斎藤憐の野心作。
H820 ムーランルージュ 斎藤憐 而立書房 1998
初版
\900 程度A-、帯 \1,575
●1945年、敗戦の秋、新宿の焼跡には赤い風車が回っていた。人々は飢えていた。身体的には精神的にも飢えていた。その飢えを満たす人びとも飢えていた。だが、人びとは自分の手で生きていかねばならない。そこから生きる喜びと哀しみが生まれる。
H1600 雪のベルリン タカラヅカ(岩淵達治戯曲集) 岩淵達治 カモミール社 2002
初版
\1,000 程度A-(カバー背少色落ち)、帯 \2,500
●ナチス時代にベルリンで公演を行ったタカラジェンヌたちは、歴史的に有名な「水晶の夜」を体験していた-。表題作ほか、「夢現玄武門先馳」「勝利」を収録した戯曲集。
H1601 優秀新人戯曲集2008劇作家協会編 スエヒロケイスケ/柳原和音/黒川陽子/吉田小夏/森馨由 ブロンズ新社 2007
初版
\800 程度A- \1,680
●「犬目線/握り締めて(スエヒロケイスケ)」「テンマ船の行方(柳原和音)」「ハルメリ(黒川陽子)」「おやすみ、枇杷の木(吉田小夏)」「春の鯨(森馨由)」の計5戯曲作品を収録。
H1602 役者の仕事(「演技」はどうやって作られるのか?) サード・ステージ編集 福武書店 1993
初版
\500 程度A- \1,400
●インタビュー相手は以下の通り。尾美としのり/藤和美和子/中嶋朋子/石田ひかり/戸川純/篠井英介/高嶋政宏/斉藤由貴/佐野史郎/藤田朋子/永瀬正敏/佐藤浩市/毬谷友子/利重剛/野村武司/中村浩太郎。
H1603 雑誌「悲劇喜劇」特集・第3回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞2016年5月(NO.780)    早川書房 2016
初版
\500 程度A \1,445
●特集=第三回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞。第三回ハヤカワ『悲劇喜劇』賞選考会/小藤田千栄子 高橋豊 鹿島茂 辻原登 今村忠純。『リチャード二世』──ネクスト・シアターとゴールド・シアターの豪華な共演/小藤田千栄子。傑作との遭遇・未遭遇/鹿島茂事。ハヤカワ『悲劇喜劇』賞選評/辻原登。劇の力は、世界を変える/今村忠。純魅惑的な蜷川シェイクスピア劇『リチャード二世』/高橋豊。蜷川シェイクスピアという洗礼/内田健司。気高き反逆者、公爵夫人を生きて/重本惠津子。常に新しさを探し求める蜷川演出の魅力/井上尊晶。戯曲:8月の家族たち トレイシー・レッツ=作/目黒 条=翻訳/ケラリーノ・サンドロヴィッチ=上演台本。他。
H1604 雑誌「悲劇喜劇」特集・東の演劇/西の演劇2016年7月(NO.781)    早川書房 2016
初版
\500 程度A \1,445
●特集=東の演劇 西の演劇。東の演劇 西の演劇 矢野誠一。浅草軽演劇は、最高級の学校だった/萩本欽一。わたしの浅草/戌井昭人。地域から東京へ/ 西川信廣。東の演劇を求めて/佐藤信。“拠点"が関西学生演劇ブームを生み出した/いのうえひでのり。関西学生演劇ブームのはじまり─劇団そとばこまちの時代/辰巳琢郎。オレンジの中島さんのこと/マキノノゾミ。マイナーな記憶のほうへ/松田正隆。私の大阪/内藤裕敬。東京の小劇場は実験的であり続けているのか?/西堂行人。森繁久彌の大阪と三木のり平の東京/横澤祐一。関西小劇場はコミュニケーションの中心地/九鬼葉子。戯曲;あわれ彼女は娼婦 ジョン・フォード=作 小田島雄志=翻訳、埒もなく汚れなく 瀬戸山美咲=作 。他。
H1605 雑誌「えんぶ」2017年2月号    (株)えんぶ 2017
初版
\300 程度A- \499
●特集・演劇をつくるーSTAFF WORK編[アートする力]。

新着・再入荷本第585弾(6月22日付)
       
 D348 D349   D222  D350
       
 D351  D352  D353  D066
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
D348 越境する作家 チェーホフ 〈孤独〉と〈自由〉を求めた生涯 牧原 純 東洋書店 2004
初版
\700 程度A- \1,890
●「四大戯曲」と「結核」のイメージが強いロシアの作家・チェーホフの生涯を、「旅」「孤独」「自由」という視点から再訪し、「越境する作家」という新たな作家像を提示する試み。チェーホフ没後100年記念出版。
D349 演劇のダイナミズム ロシア史のなかのチェーホフ(旅・ダイナミズム・越境U) 堀江 新二 東洋書店 2004
初版
\800 程度A- \1,890
●目次より第1章「幻の処女作(1877)から『三人姉妹』(2004)まで―百年の時を越える『チェーホフ』のダイナミズム1877〜2004」。第2章「『かもめ』(1896)から『かもめ』(1917)まで―モスクワ芸術座『神話』の見直し―1896〜1917」。第3章「スターリン時代のチェーホフ劇―粛清の歴史と新しい『三人姉妹』―1917〜1940」。第4章「1960年代から現代までのチェーホフ劇―新しいチェーホフを求めて―1965〜2004」。
D222 ワーニャ伯父さん(ベスト・オブ・チェーホフ) アントン・チェーホフ/小田島雄志訳 白水Uブックス 1999
初版
\500 程度A-〜B \924
●自分の目で生活を見つめるようになった時、明日という日は特別の意味を持ち始める。一心に妹の夫の才能を信じながら、その虚偽に気付いて絶望するワーニャと、秘かな医師への愛が一瞬に打ち壊されたソーニャが、互いに生きることを心に言い聞かせながら立ち直るまでを描く、近代演劇の名作。
D350 殻を破る(演劇的探究の40年) ピーター・ブルック./高橋康成・高村忠明・岩崎徹訳 晶文社 1993
初版
\1,200 本体程度A-〜B、カバー程度B \2,900
●死守せよ、だが軽やかに手放せ―。演出家ピーター・ブルックはつねに生きた舞台をもとめ、世界演劇の最先端を歩みつづけてきた。『夏の夜の夢』にきわまるロイヤル・シェイクスピア劇団での傑出した仕事。オペラ、映画における果敢な試み。そして、世界中からあつまった役者たちとの異文化横断の旅。40年にわたるその開かれた活動のすべてを自ら明かす。柔軟にして強靭なブルック演劇の真髄を伝える貴重な一冊。
D351 ピーター・ブルック(最新作『バトルフィールド』までの創作の軌跡)    PARCO 2015
初版
\1,000 程度A- \2,000
●2015年新国立中劇場で上演された「バトルフィールド」に合わせて、この公演までのピーター・ブルックの創作の軌跡を描いたもの。
D352 反響マシーン(リチャード・フォアマンの世界) 巻上公一・鴻英良編、ポート・コート(写真) 勁草書房 2000
初版
\1,000 程度A-、帯 \2,940
●NYアンダーグラウンド者、奇才、哲学犯、ひねくり男。脳髄を刺激する音、覚醒を促す光―その独特の手法により、ジョン・ゾーン、コリン・ウィルソン、ジョナス・メカス、ジョン・ケージら、優れた才能をインスパイアしてきた劇作家フォアマンの神髄と創造の秘密。
D353 サミュエル・ベケット(ドアはわからないくらいに開いている)    早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2014
初版
\800 程度A- \1,500
●2014年4月〜10月まで東京、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で開催された「サミュエル・ベケット展ードアはわからないくらいに開いている」のカタログ。全120頁。
D066 やけたトタン屋根の上の猫 テネシー・ウィリアムズ/田島博一訳 新潮文庫 1994
36版
\500 程度A-〜B \480
●アメリカ南部の大富豪の主は、癌で余命いくばくもない。この家の次男の妻は、同性愛の愛人を失ってから酒浸りの生活を送る夫の愛を取り戻そうと必死だった。また長男夫婦は、父の病状を知って、遺産相続を有利に運ぼうとしていた。父も誕生日に集まった二組の夫婦、母親らの赤裸な性と愛と欲を描くウィリアムズの傑作戯曲。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る