ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

新着・再入荷本第609弾(6月24日付)
       
 D362 D363  D364  D365 
       
 D366 D367  D368  D310 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
D362 グランヴィル・バーカーと演劇の夢 デニス・ケネディ/岸田真一訳 カモミール社 2008
初版
\1,300 程度A- \3,150
●『シェイクスピア序説』著者の本格的評伝。
D363 ルーマニア演劇に魅せられて(シビウ国際演劇祭への旅) 七字英輔 せりか書房 2013
初版
\1,300 程度A-、帯 \3,024
●今や「ヨーロッパ三大演劇祭」の一つと称されるほど有名になったルーマニアのシビウ国際演劇祭。ルーマニア演劇に魅せられて、その最初期からシビウに通いつめてきた著者の15年間の演劇紀行を収載。代表的演出家シルヴィウ・プルカレーテ論を新たに書き下ろす。
D364 新劇とロシア演劇(築地小劇場と異文化接触) 武田清 而立書房 2012
初版
\1,500 程度A-、帯 \4,200
●日本の近代演劇と切っても切れない関係を持つロシア演劇。その関係を異文化接触と受容の位相から鮮やかにかに読み解いた。その実証と鋭利な論理は、日露演劇関係史論を新たな段階に導いてくれる。
D365 チェーホフ 日本への旅(旅・ダイナミズム・越境V) 菅井幸雄 東洋書店 2004
初版
\700 程度A-〜B、帯 \1,890
●チェーホフ作品はどのように日本に上陸したか。新劇運動の黎明期、ヨーロッパの演劇とともにもたらされた“近代”とは。日本でもまた、歴史のうねりに翻弄される作品と演劇人。元号の変化だけではない時代の遷移の中、世紀末ロシアの憂鬱はいかに花開いたか。巻末には、日本で上演された全てのチェーホフ劇を網羅した貴重な「上演史」(1910~2003)を付す。
D366 コレクション現代フランス語圏演劇02 いつもの食事/2001年9月11日(日仏演劇協会編) ミシェル・ヴィナヴェール/佐藤康、高橋勇夫・根岸徹郎訳 れんが書房新社 2010
初版
\500 程度A- \1,260
●著者は1927年生まれ。フランス現代劇作家の重鎮的存在であり、そのコラージュや断片的な会話による作風で演劇のエクリチュールに新しい概念をもたらした 。収録するのは戯曲「いつもの食事」、戯曲「2001年9月11日」の2作品。
D366 コレクション現代フランス語圏演劇07 天使達の叛逆/ギブアンドテイク(日仏演劇協会編) エンゾ・コルマン/北垣 潔訳 れんが書房新社 2013
初版
\500 程度A- \1,080
●著者は1953年生まれ。フランスの劇作家、演出家、俳優、小説家。サクソフォン奏者ジャン=マルク・パドヴァーニと「グランド・リトルネロ」を結成しジャズと詩を即興的に融合した舞台を展開している。収録するのは戯曲「天使達の叛逆」、戯曲「ギブアンドテイク」の2作品。
D367 コレクション現代フランス語圏演劇12 パパも食べなきゃ(日仏演劇協会編) マリー・ンディアイ/根岸徹郎訳 れんが書房新社 2013
初版
\500 程度A- \1,080
●収録するのは戯曲「パパも食べなきゃ」。
D310 現代演劇101物語 岩淵達治編 新書館 1996
初版
\700 程度A-〜B \1,800
●チェーホフ『かもめ』、ウィリアムズ『欲望という名の電車』、ベケット『ゴドーを待ちながら』からサイモン『はだしで散歩』、マメット『オレアナ』まで現代演劇の名作101をピック・アップし、ストーリーを中心に簡潔に解説。現代に生きる古典作品や演出家26人も取り上げ、面白く読み進むうちに演劇史がわかる。

新着・再入荷本第608弾(5月18日付)
       
K138   K232  K333 H192 
       
H1673   H1157  H1674  H1045
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
K138 愛さないの愛せないの  (寺山修司青春作品集6) 寺山修司 新書館 1984
初版
\600 程度A-〜B \1,240
●「幸福についての七つの詩」「まだ思い出だったころ」「ことばの城」「子猫の詩集」「ニューヨークからの絵葉書」「人生処方詩集」「宝石館」「海について」「家なき子」収録。解説「友の死が悲しかったら(山田太一)」
K232 KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集「寺山修司の時代」    河出書房新社 2009
初版
\500 程度A- \1,200
●【入門】高取英×安藤礼二。【インタビュー】美輪明宏。【座談会】流山児祥×高取英×天野天街。「新高けい子伝序説(山田勝仁)」。白石征/J・A・シーザー/宇野亜喜良/白井晃/松井周/清水義和/細見和之/宇野邦一/八角聡仁他執筆。
K333 夜叉綺想(書下ろし新潮劇場) 唐十郎 新潮社 1974
初版
\600 程度A-、函 \820
●巨大な牛に変身した女神ヘラが天翔る。アンモニアの匂いたちこめる映画館での出会い、雨降る留置場での再会、深夜の謝肉祭パーティでの殺人―ロボトミー手術により、夫を無気力人間にされた女・牛乃の復讐の旅は続く……。唐十郎の傑作戯曲。
H192 虎★ハリマオ 北村想 白水社 1982
初版
\900 程度A- \1,600
●「最後の淋しい猫」「晩歌『R・Aブルース』」「虎★ハリマオ」の三作品所収。
H1673 阿弖流為(アテルイ) 中島かずき 論創社 2015
初版
\800 程度A- \1,890
●山を駆けること禽の如く、草を走ること獣の如し。蝦夷の長・阿弖流為と征夷大将軍・坂上田村麻呂、二大英雄の壮大な戦いの幕があく。
H1157 月光のつゝしみ  岩松了 而立書房 1996
初版
\800 程度A- \1,545
●姉は未婚で、弟は年若い女と結婚した。姉が弟の家を訪れる。姉は弟に言う。「あんた、いつからそんな少女趣味になったの?」ゲストを決めた時のひらめきの戯曲化。第5回竹中直人の会、上演作品。
H1674 宮澤賢治に聞く 井上ひさし/こまつ座 文春文庫 2010
3版
\400 程度A-〜B \650
●浅草橋に宮沢賢治がざしき童子となって出現!?「ぼくは聖化されるのはいやです」と言う賢治に井上氏が日本語文体論を展開、そこへ啄木までが出現し、果ては啄木の日記を破った犯人探しが始まる―。爆笑・架空インタビューをはじめ、「雨ニモマケズ」の手帖全頁など生原稿を多数収載。大好評、評伝「~に聞く」シリーズ、文庫化第二弾。
H1045 雑誌「演劇ぶっく」1998年12月号NO.76    演劇ぶっく社 1998
初版
\500 程度A-〜B \750
●総力特集「ライブ・ドライブ」ー新感線R「The Vampaire Strikes Rock」、遊◎機械/全自動シアター「オーマイ・パパ」、「モンスターロックフェスティバル in 亀有」、維新派「王国」、おおかた静流、美輪明宏、竹中久人、ゴスペラーズ、広末涼子。

新着・再入荷本第607弾(4月18日付)
       
 D023  D011  D143  D345
       
 D018 D359  D360  D361 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
D023 ラブ・レターズ A.R.ガニー/青木陽治訳 劇書房 1997
10版
\1,700 程度A- \1,680
●50年間におよぶ長い時間に一組の男女の間を行き来したラブ・レターズ。
D011 アマデウス[新装版] ピーター・シェファー/江守徹訳 劇書房 1984
初版
\2,000 程度A- \880
●映画化されて大ヒットしたことでも有名な、モーツァルト35歳の生涯をミステリアスに彩る華麗なる愛と音楽と死を描いた舞台劇。
D143 アマデウス ピーター・シェファー/江守徹訳 劇書房 1989
7版
\2,000 程度A- \1,500
●映画化されて大ヒットしたことでも有名な、モーツァルト35歳の生涯をミステリアスに彩る華麗なる愛と音楽と死を描いた舞台劇。
D345 グリークス(10本のギリシャ劇によるひとつの物語)[新装版] ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー編・英訳/吉田美枝訳 劇書房 2000
新装
初版
\3,200 程度A- \3,360
●上演時間9時間。だが一切退屈しない。ぴっかぴっかのギリシャ劇10本を、最高のスピードでぶっとばす。戦争、財産と女の略奪、殺人、夫殺し、母親殺し、罪と罰、そして償い。紀元前の話にもかかわらず、スリルとサスペンスに溢れ、強烈で新鮮。儀式的な枠を打ち破った画期的な上演スタイルで大反響を巻き起こした超話題作。完全新訳で登場。
D018 お月さまへようこそ ジョン・パトリック・シャンリィ/鈴木小百合訳 白水社 2000
7版
\1,00 程度A-〜B \1,575
●映画「月の輝く夜に」でアカデミー脚本賞を受賞した著者初の戯曲集。ニューヨークを舞台にして、人間同士の心のかよいあいを中心に繰り広げられる現代のメルヘン。他に「どん底」「西部劇」「星降る夜に出掛けよう」「喜びの孤独な衝動」所収。
D359 SEVEN セブン ポーラ・シズマー他/三田地里穂訳 而立書房 2016
初版
\1,200 程度A-、帯 \2,160
●いまこの地球上に、自らの人生を自らが選ぶ権利が夢でしかない女性たちがいることをあなたは知っていますか……?女性の人権に変革をもたらそうと尽力するNGOバイタルボイス。そこで活動する7人の女性リーダーたちに、7人の女性劇作家が個別インタビューし、ドキュメンタリー・シアター作品を作り上げた。破壊的悲劇を乗り越える女性たちの真実の物語。
D360 舞台芸術11(特集ジュネ/ベケット/フォアマン) 京都造形芸術大学センター舞台芸術研究センター 月曜社 2007
初版
\900 程度A-〜B \2,100
●特集1「ジュネの言語からダンスの身体へ」、特集2「21世紀のベケットを読む」、特集3「リチャード・フォアマン、〈前衛〉の現在」。戯曲/松田正隆「アウトダフェ(オリジナル・ヴァージョン)」他。
D361 現代舞踏が見えてくる 日下四郎 沖積舎 1997
初版
\1,200 程度A-〜B \3,675
●本書は広い視野に立つ著者が、日本の現代舞踊の歴史とそのバックグラウンドとしての東西の近代芸術に対する視点といったものを、実にわかりやすく親切に説いた貴重な資料。

新着・再入荷本第606弾(3月18日付)
     
H1667  H1668  H1202  H1669 
       
H1670  H1671  H1338  H1672 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1667 ウェルカム・ニッポン 松尾スズキ 白水社 2012
初版
\900 程度A-、帯 \1,995
●9・11+3・11=「あの日からの世界」を、日本で、生きる希望としての不条理劇!  物語の舞台となるのは東京と埼玉の境にある「下流社会」、というか東京都轍区。タヌキ等の害獣駆除を生業とする〈バルさん〉の掘立小屋の近くに、地元の「ヤンキーたち」が夜な夜なその灯りに吸い寄せられる一台の自動販売機がある。その前で個人タクシー運転手の〈蒲生昭三〉は外人女性の〈エイドリアン〉を客として拾うのだが、どうやら彼女はニューヨークの同時多発テロいらいねんごろになり遠距離恋愛を育んだ日本人男性の〈牛頭さん〉と婚約していたらしく、しかしながら彼とは東日本大震災を境に連絡が取れなくなってしまったのでフィアンセを探すため来日したものの、道に迷ったばっかりに、東京のはずれで暮らす厄介な面々と出会う羽目に……。  「日本に戦争で勝ったアメリカ人が、わざわざ、放射能だらけの日本に、こんなにみっともなくすがりついて、あたしのランチパックにむしゃぶりついてる。指なめてる。うけるよ。まじ、パワーもらった! ありがとう、エイドリアン。」(本書より)  ヒロインと味わう、なだれを打つ笑いの暴力! 彼女が恋したのは、高校演劇部の顧問の先生だった──。
H1668 あしたあなたあいたい 成井豊/隈部雅則 論創社 2006
初版
\700 程度A-(裏表紙見返し頁購入者サイン)、帯 \2,100
●物質を過去へ飛ばす機械、クロノス・ジョウンター。その新たな実験のため、布川輝良は過去へ行くことになる。4年前の鎌倉。そこには伝説の建築家・廣妻隆一郎が設計した、朝日楼旅館が建っていた。4年前に取り壊された朝日楼を写真に撮りたい。それが彼の夢だった。過去に到着した直後、布川は体調を崩して、倒れてしまう。彼を助けたのは、イラストレーターの枢月圭だった。ひかれあう二人。しかし、布川は過去には4日しかいられない…。梶尾真治のSF小説『クロノス・ジョウンターの伝説』の第二話「布川輝良の軌跡」を完全舞台化。
H1202 うちに来るって本当ですか?(ヨムゲキ100) 石原美か子 演劇ぶっく社 2002
初版
\600 程度A- \1,050
●5人姉弟の御殿場家に来客があるという。その人は30歳を目前にした長女が結婚情報サービスで知りあったメル友であったことから、いつもと違う休日になりそうな予感。浮き立つ妹や事実をひた隠しにする姉。勘違いばかりしている弟。そこへ弟の仕事関係の人が乱入し、事態はますますおかしな方向へ。思い通りに想いが伝わらない歯痒さを大家族の中でコミカルに描いたシチュエーション・コメデイ。
H1669 権力と孤独 演出家 蜷川幸雄の時代 長谷部 浩 岩波書店 2017
初版
\800 程度A-、帯 \2,268
●日本のみならず、世界の演劇界を牽引した演出家・蜷川幸雄。固定概念を破る演出手法をとりながら、常に時代の中心にあり、演劇界の頂点に君臨し続けた。一方で安住することを嫌い、古いものを壊し、新しい血を入れることに迷いがなかった。権力と孤独、王道と異端、中央と辺境――相反するものの間で格闘し続けた、その生涯を綴る。
H1670 二人で嘘を(書下ろし新潮劇場) 飯沢匡 新潮社 1975
初版
\400 程度B(裏表紙見返し値札剥がし痕)、函。 \780
●オムニバス喜劇・四幕。訳もないのにイライラしたら、二人で嘘をつきましょうね―作家も社長もお妾も、腹腹時計の過激派も、人には言えない過去がある。男と女の秘密の糸が、結んでひらいて夜となり、色と欲との幕があく。
H1671 台詞の風景 別役実 白水Uブックス 1998
3版
\500 程度B \999
●さりげない語り口で、今日の人間の不安をさぐり、明解に分析することで話題を呼ぶ著者が、定評ある名台詞52篇と自作品28篇を、ユーモアをまじえながら解説するユニークな読みもの。他にピンター・三島由紀夫、井上ひさし、ベケットを論じた作家論、文学座アトリエ公演における報告を併載。
H1338 東京ノート(平田オリザ1) 平田オリザ ハヤカワ演劇文庫 2007
初版
\400 程度B \735
●美術館の片隅のロビーは、人々が一休みしにやって来ては去る。恋人たち、久しぶりに再会する兄弟と連れ合い、個人所蔵画の寄贈者、学生。会話の断片は世界情勢から個人の悩みまで照らし出す。戦火が広がるヨーロッパから多数の名画が日本に疎開してきているらしい。故郷で老親を世話する長女を理解してくれるのは誰なのか。淡々とした会話から、穏やかな日常とは裏腹の世界を鮮やかに切り取る岸田國士戯曲賞受賞作。
H1672 友達・棒になった男 安部公房 新潮文庫 2008
8版
\400 程度A-〜B \500
●平凡な男の部屋に闖入して来た9人の家族。善意に満ちた笑顔で隣人愛を唱え続ける彼らの真意とは?どす黒い笑いの中から他者との関係を暴き出す傑作『友達』〈改訂版〉。日常に潜む底知れぬ裂け目を三つの奇妙なエピソードで構成した『棒になった男』。激動の幕末を生きた人物の歴史的評価に新たな光を当てた『榎本武揚』。斬新な感性で“現代”を鋭く照射する、著者の代表的戯曲3編を収録。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る