ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ


新着・再入荷本第597弾(6月18日付)
       
 H1632 H1633  H1634   H1636
       
 H1637 H1635  H164  H280 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1632 21世紀を信じてみる戯曲集 野田秀樹 新潮社 2011
初版
\800 程度A-、帯 \1,890
●「信じる」とは何か?書道教室、崩壊家族、火山観測所。「ザ・キャラクター(読売演劇大賞受賞)」ほかに、「表に出ろいっ!」、「南へ」を収録した、野田地図最強三部作。
H1633 祈りと怪物(ウィルヴィルの三姉妹) ケラリーノ・サンドロヴィッチ 白水社 2012
初版
\900 程度-、帯 \2,160
●海と火山に囲まれた、小さな島の小さな町・ウィルヴィル。その町の権力者の三人娘をめぐり、「奇妙な冒険」が物語られてゆく──欲望や愛憎や裏切りが渦巻く、著者渾身のブラック・ファンタジー群像劇。
H1634 船上のピクニック 岩松了 ポット出版 2009
初版
\700 程度A-〜B、帯 \1,680
●日没まであと一時間。リストラされたホテルの元従業員たちを乗せて、豪華客船は外洋をゆったりとすすむ。向かう先は、外国のリゾートホテル。新しく建つホテルの従業員として再雇用されたのだ。もうすでに若くはない彼ら彼女たちを再雇用したのは、リストラされたホテルのオーナーの御曹司だった。薄暮の船上で、その御曹司の結婚パーティの宴がひらかれた。宴の真っ最中、漂流していたボートと出くわし、異国の難民が船にあがってくる。言葉の通じない難民、先の見えない船上、元従業員のあいだに不安や不信がうずまきはじめるのだった……。
H1636 棒になった男 安部公房 新潮社 1971
8版
\500 本体程度A-〜B、函程度B \420
●日常に潜む底知れぬ裂け目を三つの奇妙なエピソードで構成した『棒になった男』を収録。
H1637 緑色のストッキング・未必の故意 安部公房 新潮文庫 1989
初版
\500 程度A-〜B \520
●共同体に潜む狂気を暴きだす『未必の故意』。誰が医者で誰が患者なのか、精神病院を舞台に〈正気〉の根拠を鋭く問う『愛の眼鏡は色ガラス』。草食人間となった一人の男の、〈変身〉の行方を追究した『緑色のストッキング』。旧版『どれい狩り』を全面改訂、珍獣ウエーの出現を通して人間存在の不確実性を浮彫りにする『ウエー(新どれい狩り)』。文学的緊張と劇的興奮に満ちた戯曲4編を収録。
H1635 野田秀樹(日本の演劇人) 内山洋一責任編集 白水社 2009
初版
\1,000 程度A- \2,625
●国際的評価の高い演劇人の姿を故郷長崎とロンドンから迫る「アイと死をみつめて」など、伝説の初期未刊作品を初公開。
H164 蜷川幸雄・闘う劇場 蜷川幸雄 NHKライブラリー 1999
初版
\500 程度A- \872
●「舞台は世界の鏡である」とシェイクスピアは言う。しかし、僕達の鏡はあらかじめ粉々に壊れていた。僕達の仕事はその壊れた鏡の破片を集めて、世界を再構築することだ。だから世界は少なからず歪んでいる。(中略)この本は僕が闘い、勝ちあるいは負けてきた劇場のすべてである。(口上より)
H280 暗殺のオペラ 新雪之丞変化 白石征(原作・三上) 新水社 1990
初版
\500 程度A-〜B \1,500
●劇団め組プロデュース公演として、1988年12月7日から11日まで新宿シアタートップスで上演された「新雪之丞変化―暗殺のオペラ」の脚本である

新着・再入荷本第596弾(5月8日付)
       
 D015  D012 D354  D355 
       
 D356  D357 D358   D061
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
D015 真夜中のパーティ マート・クローリィ/青木陽治訳 劇書房 1992
4版
\900 程度A- \1,500
●マイケル30歳。ホモ。彼の部屋では今夜も、変哲のない、くたびれたオネエサン達の、気違いパーティが開かれようとしている。傷つけ合い、疲れ果てる。退屈で、自己中心的な自分をもっと滅茶苦茶にするために。そこへ大学時代の友人、妻子ある普通の男で、ホモの世界など理解できそうもないアランが訪れる。マイケルは最初、ホモの集まりを隠そうとするが……。オフ・ブロードウェイで大ヒットした現代アメリカ演劇の記念碑的作品。
D012 ブラック・コメディ ピーター・シェファー/倉橋健訳 劇書房 1995
6版
\1,200 程度A- \1,400
●明と暗が世の常と逆、つまり停電とともに舞台に光が入り、その暗闇での出来事を観客が見るという今までどの作家も思いつかなかった設定のもと、抱腹絶倒のドタバタ劇は始まる。暗闇の中で次々と襲いくる受難の数々、そしてそれを打破すべく汗みどろの格闘、一難去ってまた一難…。ピーター・シェーファーの傑作喜劇。
D354 コペンハーゲン マイケル・フレイン/小田島恒志訳 劇書房 2001
初版
\900 程度A-、帯 \2,000
●20世紀を震撼させた原子爆弾製造競争。そのさなかに、ドイツ人天才核物理学者ハイゼンベルクはなぜ、師であり敵国人であるボーア夫妻を訪ねたのか?彼はスパイなのか、それとも?第二次世界大戦を背景に、今なお解き明かされない謎を大胆に推理する、2000年度トニー賞の作品賞・助演女優賞に輝いた、マイケル・フレインの問題作。
D355 夏の木(現代アメリカ演劇叢書) ロン・コーエン/三田地里穂訳 而立書房 1989
初版
\800 程度A- \1,236
●泥沼の様相を呈するベトナム戦争の影に覆われた、1960年代後半のアメリカの青春をナイーブに描いた気鋭の劇作家ロン・コーエンの処女作。
D356 三文オペラ ベルトルト・ブレヒト/酒寄進一訳 長崎出版 2007
初版
\600 程度A-、帯、(謹呈署名) \1,680
●ナチ時代に梵書にあった幻の1928年初版から翻訳した、現代の生きた言葉による新訳。従来上演台本の底本とされてきた1932年版から一部台詞と歌詞を追加している。
D357 ジロドゥ戯曲全集4 ジロドゥ/内村直也・鈴木力衛共編 白水社 1973
4版
\500 本体程度A-〜B、函程度B \900
●フランス現代劇の巨頭・ジロドゥの戯曲全集の第4巻。戯曲「クック船長航海異聞」「パリ即興劇」「エレクトル」を収録。
D358 エドワード・オールビー全集1 エドワード・オールビー/鳴海四郎訳 早川書房 1975
初版
\600 本体程度A-〜B、函程度B \1,700
●「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」「デリケート・バランス」の2戯曲を収録。
D061 三人姉妹(ベスト・オブ・チェーホフ) アントン・チェーホフ/小田島雄志訳 白水Uブックス 1999
初版
\400 程度A-〜B \880
●単調で平凡な田舎暮しを捨て、かつて過ごしたモスクワへの行く夢と幻想が次第に打ち砕かれながらも、絶望を乗り越え、明るい未来を求めて生きることの真の意味を理解しようとする三人姉妹の姿を、無目的に生きるだけの兄と対比させながらリリカルに描いた、チェーホフ独特の「静劇」の代表作。

新着・再入荷本第595弾(4月9日付)
       
 H498 H740  H1626  H1627 
       
 H1628 H1629  H1630  H1631 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H498 別冊太陽 現代演劇60’〜90’    平凡社 1991
初版
\1,800 程度A- \2,500
●60年代後半から90年までに活躍したいわゆる“小劇場”と呼ばれる演劇集団と個人の計65と舞踏集団と個人計7を紹介。その他、唐十郎、野田秀樹等の劇作家等18人の寄稿エッセイ、演劇史年表等を所収。
H740 小劇場、みんながヒーローの世界(現代演劇の風景) 風間研 青弓社 1993
初版
\700 本体程度A-、カバー程度A-〜程度B \2,060
●生きる意味を見失った若者たちと大人になれない大人たち。つかこうへい以後、時代を挑発し続ける小劇場の最前線から現代日本の閉塞状況と脱出の可能性を検証する、新しい世代のための演劇論。取り上げるのは「自転車キンクリート」「ゴジラ(大橋泰彦)」「鐘下辰男」「ジプシー(横内謙介)」「岩松了と東京乾電池」「ムーンライト(遊◎機械/全自動シアター)」「ヴァンブショウ(三谷幸喜)」他。
H1626 演出家の仕事(60年代・アングラ・演劇革命) 日本演出家協会+西堂行人編 れんが書房新社 2006
初版
\700 本体程度A-〜程度B、カバー程度B \1,575
●「アングラ」という言葉が生まれて四〇年。六〇年代から現在まで、時代を疾走し、牽引してきた演出家たち。今だからこそ語ることのできる、思い出でも、伝説でもない「演劇革命」の姿を、演出家の視点から概観する。
H1627 危機と劇場 内田洋一 晩成書房 2016
初版
\700 程度A、帯 \2,160
●阪神大震災、東日本大震災を新聞文化部記者として演劇評論家として体験した著者が、困難な状況下の劇場とそこでなされる人間の営みを見据えて綴る。目次より、第一章「ユートピアとしての劇場」、第二章「劇の始原へ(東日本大震災のあとで)」、第三章「記憶の劇場」、第四章「リアリティの震災後(演劇時評2012年6月〜2014年5月)」。
H1628 雑誌「第三次シアターアーツ」43(2010年夏号)   晩成書房 2010
初版
\600 程度A- \1,296
●特集=ゼロ年代の演劇から/巻頭対談「ニッポンの演劇(佐々木敦×西堂行人」/座談会「ゼロ年代の演劇から(扇田昭彦×野田学)×梅宮いつき×西堂行人)」/「アンケートー国際演劇評論家協会会員に聞く2000年代のベスト舞台、2000年代ベストテン、2000年代演劇年表(2000〜2009)」。上演テクスト「野村萬斎構成・演出(世田谷パブリックシアター)『マクベス〜The Day before Tomorrow〜』」他。
H1629 雑誌「第三次シアターアーツ」45(2010年冬号)    晩成書房 2010
初版
\600 程度A- \1,296
●特集=世界演劇のただ中へ/対談「80年代のラディカリズムー『新宿八犬伝』全5巻完結(川村毅×西堂行人)」/座談会「ポストドラマ演劇をめぐって(平田栄一朗×岡本章×新野守広)」。上演テクスト「前川知大・作 イキウエ『図書館的人生Vol.3 食べものの連鎖』」/「長田育恵・作 演劇ユニットてがみ座『乱歩の恋文』」。他。
H1630 雑誌「演劇ぶっく」2010年2月号NO.143    演劇ぶっく社 2010
初版
\500 程度A-〜B \750
●[特集]2010年期待の俳優―大和悠河/橋本さとし/早乙女太一/堤真一/マギー/井上芳雄/西川浩幸/岡内美喜子/要潤/後藤ひろひと/竹下宏太郎/川田広樹/平岡祐太/袴田吉彦/安田顕/内田滋/三宅弘城/荒川良々/松尾貴史/河原雅彦/森崎博之/赤堀雅秋/他。
H1631 雑誌「演劇ぶっく」2017年8月号NO.182    演劇ぶっく社 2017
初版
\500 程度A- \750
●さよなら『演劇ぶっく』記念増ページ企画 [特集]蜷川幸雄とのランデブー(演劇ぶっく誌上にみる創刊号3年間の蜜月)。FUKAIPRODUCE羽衣『イトイーランド』。他。

新着・再入荷本第594弾(3月12日付)
       
 F679 F680  F104  F681 
       
 F682 F683  F684  A017 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
F679 時は老いをいそぐ アントニオ・タブッキ/和田忠彦訳 河出書房新社 2012
初版
\800 程度A-、帯 \2,310
●東欧の元諜報部員、ハンガリー動乱で相対した二人の将軍、被爆した国連軍の兵士など、ベルリンの壁崩壊後、黄昏ゆくヨーロッパで自らの記憶と共に生きる人々を静謐な筆致で描いた最新短篇集。
F680 ガラスの鐘の下で(アナイス・ニン作品集) アナイス・ニン/中田耕治・編訳 響文社 2005
初版
\800 程度A-〜B \2,310
●近年フェミニズムの立場から再評価される作家、ニンの短篇集。詩的香気と鋭い日常感覚で描かれた作品世界は、人間存在への深い愛情に満ちている。
F104 聖なる酔っぱらいの伝説 ヨーゼフ・ロート/池内紀訳 白水Uブックス 1995
初版
\400 程度A-〜B \880
●セーヌ川の橋の下に住むボヘミアン・アンドレアスは、ある日思いがけなく200フランの金を恵まれる。その日から美しくも不思議な奇跡な日々が彼の最後を飾ることになる。こよなく酒を愛したロートのこの作品はエルマンノ・オルミ監督により映画化された。表題作の他「四月、ある愛の物語」「皇帝の胸像」を収録。
F681 薔薇とハナムグリ(シュルレアリスム・風刺短篇集) アルベルト・モラヴィア/関口英子訳 光文社古典新訳文庫 2015
初版
\400 程度A-、帯 \1,008
●官能的な寓話「薔薇とハナムグリ」、眠り続けるモグラの怪物の夢に操られる島民の混乱を描く「夢に生きる島」。ほかに「ワニ」「疫病」「蛸の言い分」など、シュールで風刺のきいた世界が堪能できる20世紀を代表する作家モラヴィアの傑作短篇15作。「読まねば恥辱」級の面白さ!
F682 麻薬書簡[再現版] W・バロウズ、A・ギンズバーグ/山形 浩生訳 河出文庫 2007
初版
\400 程度A-〜B \756
●ビートニク文学の代表的存在である二人による書簡集。ヤーヘと呼ばれる究極のドラッグを求めて南米へ二度にわたって旅だったバロウズと、やはり南米を旅したギンズバーグの手紙からなる。どこまでが実際の手紙で、どこからが後の創作なのか。オリジナルの手紙原稿にさかのぼって校訂し、追加材料をまとめた最新の増補改訂版。文庫訳し下ろし。
F683 パルプ チャールズ・ブコウスキー/柴田元幸訳 ちくま文庫 2016
2版
\400 程度A-〜B \907
●バーと競馬場に入りびたり、ろくに仕事もしない史上最低の私立探偵ニック・ビレーンのもとに、死んだはずの作家セリーヌを探してくれという依頼が来る。早速調査に乗り出すビレーンだが、それを皮切りに、いくつもの奇妙な事件に巻き込まれていく。死神、浮気妻、宇宙人等が入り乱れ、物語は佳境に突入する。伝説的カルト作家の遺作にして怪作探偵小説が復刊。
F684 北欧の旅(カレル・チャペック旅行記コレクション) カレル・チャペック/飯島周編訳 ちくま文庫 2009
初版
\400 程度A- \819
●故郷をこよなく愛するとともに、世界の多様な風景・風俗を愛したチャベックは多くの旅行記を遺している。その優しくユーモラスな筆致は、深い悲しみと叡智を底に秘め、世界中に今もなおファンが多い。本書は1936年、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーを巡った記録。船と鉄道と車で、原始の面影を残す森やフィヨルドをたどり、壮大な自然と素朴な人間の暮しを感動いっぱいに描く。イラスト多数。
A017 レーモン・ルーセルの生涯 フランソワ・カデラック/北山研二訳 リブロポート 1989
初版
\2,000 程度A-〜B(カバー背少ヤケ)、帯(背ヤケ) \4,500
●20世紀アヴァンギャルド芸術の原点に聳え立つレーモン・ルーセル。大胆な言語実験、枠組みと仕組みの方法、比類ない空想物語。冒険と科学が渾然となったドラマ。疑いもなく、その作品を解く鍵は彼の人生の中にある。ルーセルの生涯を描いた伝記。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る