ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ


新着・再入荷本第585弾(6月22日付)
       
 D348 D349   D222  D350
       
 D351  D352  D353  D066
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
D348 越境する作家 チェーホフ 〈孤独〉と〈自由〉を求めた生涯 牧原 純 東洋書店 2004
初版
\700 程度A- \1,890
●「四大戯曲」と「結核」のイメージが強いロシアの作家・チェーホフの生涯を、「旅」「孤独」「自由」という視点から再訪し、「越境する作家」という新たな作家像を提示する試み。チェーホフ没後100年記念出版。
D349 演劇のダイナミズム ロシア史のなかのチェーホフ(旅・ダイナミズム・越境U) 堀江 新二 東洋書店 2004
初版
\800 程度A- \1,890
●目次より第1章「幻の処女作(1877)から『三人姉妹』(2004)まで―百年の時を越える『チェーホフ』のダイナミズム1877〜2004」。第2章「『かもめ』(1896)から『かもめ』(1917)まで―モスクワ芸術座『神話』の見直し―1896〜1917」。第3章「スターリン時代のチェーホフ劇―粛清の歴史と新しい『三人姉妹』―1917〜1940」。第4章「1960年代から現代までのチェーホフ劇―新しいチェーホフを求めて―1965〜2004」。
D222 ワーニャ伯父さん(ベスト・オブ・チェーホフ) アントン・チェーホフ/小田島雄志訳 白水Uブックス 1999
初版
\500 程度A-〜B \924
●自分の目で生活を見つめるようになった時、明日という日は特別の意味を持ち始める。一心に妹の夫の才能を信じながら、その虚偽に気付いて絶望するワーニャと、秘かな医師への愛が一瞬に打ち壊されたソーニャが、互いに生きることを心に言い聞かせながら立ち直るまでを描く、近代演劇の名作。
D350 殻を破る(演劇的探究の40年) ピーター・ブルック./高橋康成・高村忠明・岩崎徹訳 晶文社 1993
初版
\1,200 本体程度A-〜B、カバー程度B \2,900
●死守せよ、だが軽やかに手放せ―。演出家ピーター・ブルックはつねに生きた舞台をもとめ、世界演劇の最先端を歩みつづけてきた。『夏の夜の夢』にきわまるロイヤル・シェイクスピア劇団での傑出した仕事。オペラ、映画における果敢な試み。そして、世界中からあつまった役者たちとの異文化横断の旅。40年にわたるその開かれた活動のすべてを自ら明かす。柔軟にして強靭なブルック演劇の真髄を伝える貴重な一冊。
D351 ピーター・ブルック(最新作『バトルフィールド』までの創作の軌跡)    PARCO 2015
初版
\1,000 程度A- \2,000
●2015年新国立中劇場で上演された「バトルフィールド」に合わせて、この公演までのピーター・ブルックの創作の軌跡を描いたもの。
D352 反響マシーン(リチャード・フォアマンの世界) 巻上公一・鴻英良編、ポート・コート(写真) 勁草書房 2000
初版
\1,000 程度A-、帯 \2,940
●NYアンダーグラウンド者、奇才、哲学犯、ひねくり男。脳髄を刺激する音、覚醒を促す光―その独特の手法により、ジョン・ゾーン、コリン・ウィルソン、ジョナス・メカス、ジョン・ケージら、優れた才能をインスパイアしてきた劇作家フォアマンの神髄と創造の秘密。
D353 サミュエル・ベケット(ドアはわからないくらいに開いている)    早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2014
初版
\800 程度A- \1,500
●2014年4月〜10月まで東京、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で開催された「サミュエル・ベケット展ードアはわからないくらいに開いている」のカタログ。全120頁。
D066 やけたトタン屋根の上の猫 テネシー・ウィリアムズ/田島博一訳 新潮文庫 1994
36版
\500 程度A-〜B \480
●アメリカ南部の大富豪の主は、癌で余命いくばくもない。この家の次男の妻は、同性愛の愛人を失ってから酒浸りの生活を送る夫の愛を取り戻そうと必死だった。また長男夫婦は、父の病状を知って、遺産相続を有利に運ぼうとしていた。父も誕生日に集まった二組の夫婦、母親らの赤裸な性と愛と欲を描くウィリアムズの傑作戯曲。

新着・再入荷本第584弾(5月26日付)
       
 H1595  H1596 H294  H1597 
       
 H385  H1598 H1230   H1599
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1595 深呼吸する惑星 鴻上尚史 白水社 2012
初版
\900 程度A- \2,199
●人々は欲望という名のロケットに乗り、希望という名の惑星に降り立った。「第三舞台」封印解除&解散公演。
H1596 僕たちの好きだった革命(戯曲版) 鴻上尚史 晩成書房 2009
初版
\800 程度A-〜B \1,575
●携帯もCDも知らない47歳の男が僕たちの高校に復学してきた。30年の眠りから覚めた山崎の言葉は、理解できないことばかり。だけどいつの間にか僕たちは、革命に向かって走り出していた。大人気舞台の戯曲。
H294 国語事件殺人辞典 井上ひさし 新潮社 1982
初版
\700 程度A-、帯 \950
●しゃぼん玉座旗揚げ公演「国語事件殺人事件」、一人芝居「化粧」、「花子さん」の三戯曲作品所収。
H1597 太宰治に聞く 井上ひさし/こまつ座 文春文庫 2002
初版
\400 程度A-〜B \620
●嘘が破綻しそうになると、死を決意なさるんですね。あの世の太宰治に井上ひさし氏が「あの時のこと」を根ほり葉ほり問いただす奇想天外なインタビューほか、太宰の秘密を明かす一冊。
H385 未必の故意[書下ろし新潮劇場] 安部公房 新潮社 1971
初版
\500 程度A-、帯、函 \520
●過疎の島=小さな共同体の平和を乱す江口某。その島一番の嫌われ者が、島民の“一致団結”のもとに撲殺される。殺人か、否か?島民たちの虚々実々の駆け引きが明らかにしていく事件の真相は……?
H1598 ロング・グッドバイ(パパ・タラフマラとその時代) タラフマラ/小池博史  青幻舎 2012
初版
\900 程度A-、帯 \2,415
●なぜ、パパ・タラフマラは解散しなければならなかったのか。助成金制度、セゾン文化の時代、身体表現の可能性、カンパニーを運営するということ…バブル期以降30年の現代史を駆け抜けたパフォーミング・アーツ・カンパニーパパ・タラフマラの決断から見る、舞台芸術/日本文化の未来とは。
H1230 雑誌「演劇ぶっく」2005年6月号NO.115    演劇ぶっく社 2005
初版
\500 程度A-〜B \750
●特集「【20th Anniversary Vol.1】Go!GO! 小劇場」。「TTRUTH(上川隆也/岡田達也/川原和久/加藤昌史)」「荒神〜Arajinn〜」、「蛇よ!」、「悪魔の唄」、「お父さんの恋」。三上博史、酒井若菜、森田剛、いのうえひでのり、大竹しのぶ、松尾スズキ、中村福助他。
H1599 雑誌「演劇ぶっく」2013年6月号NO.163    演劇ぶっく社 2013
初版
\500 程度A- \750
●『八犬伝』阿部サダヲ[出演]、『二都物語』草g剛[出演]、『おのれナポレオン』三谷幸喜[作・演出]/野田秀樹[出演]、「インタビュー/市川染五郎/池谷のぶえ・村岡希美・倉持裕/前田司郎/大森南朋・岩松了/吉沢悠・良知真次/霧谷大夢・真飛聖/寺脇康文/望海風斗/石井一孝・朝海ひかる。他。

新着・再入荷本第583弾(4月27日付)
       
R063 R064  K109   M215
       
 M216 M217   F677 F678 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
R063 雑誌「夜想」20 特集「花鳥風月」    ペヨトル工房 1987
初版
\800 程度A-〜B \1,200
●日本人の美意識にひそむ花鳥風月は、はたして日本のオリジナリティなのか。若沖をはじめ日本的なるものを彩る花鳥風月の世界を満載。執筆者は、大和田光明/栗崎昴/毛利臣男/高橋睦郎/丸尾末広/村山省三/松田修/若桑みどり/田中優子/北澤憲昭/高山宏/奥山民枝/川口起美雄/深瀬昌久/松岡正剛。
R064 雑誌「夜想」25 特集「ユートピア」    ペヨトル工房 1989
初版
\800 程度A-〜B \980
●世紀末頽廃から天使的世紀へ向けて創造され続ける幾多のユートピア。ピンチョンのラッダイト論(機械ぶちこわし運動)を収録。執筆者は、トマス・ピンチョン/佐藤良明/毛綱毅曠/川端香男里/今野國雄/岡谷公二/高山宏/須永朝彦/井桁貞義/今野裕一/松岡正剛。
K109 花に生きる(小原豊雲伝) 海野弘 平凡社 2010
3版
\700 程度A- \1,995
●生け花の三大流派のひとつ、小原流の三世家元・豊雲初の評伝。戦前のモダン都市大阪や、戦後の前衛芸術など、豊雲の生きた文化的状況から、その生涯をいきいきと描く。
M215 映画ビジネス 現在と未来 ジェイスン・E・スクワイヤ編./小田切慎平訳 晶文社 1995
5版
\1,200 程度A- \4,800
●資金をいかに集めるか。リスクを最小限に抑えるにはどうすればいいか。ヒット作を生みだす秘策の数々…。企画から、撮影の実際、公開、そしてテクノロジーが変える未来まで。第一線でしのぎを削る43人が、アメリカ映画市場のすべてを明かす。映画ビジネスのシステムを総合的に提示した決定版。
M216 スタア(早田雄二の世界より) 12月文藝春秋臨時増刊号    文藝春秋 1989
初版
\700 程度A- \1,400
●入江たか子、田中絹代、原節子、京マチ子…から吉永小百合、藤純子、関根恵子など女優175名、ほか男優、歌手、外国俳優、監督、総勢350名登場。特別寄稿/淀川長治/双葉十三郎/白井佳夫/加東康一。座談会:スタア誕生(高峰秀子/三船三郎/早田雄二)。
M217 原節子(伝説の女優) 千葉伸夫 平凡社ライブラリー 2015
6版
\500 程度A- \1,404
●神秘のヒロインの光と翳。横浜の可憐な少女は、栄光の日本映画のヒロインとしていかに生きぬいたか。一九三五年のスター誕生から六二年、銀幕を去るまで―昭和女優史最高のヒロインの軌跡。
F677 鰐(ドストエフスキーユーモア小説集) ドストエフスキー/沼野充義訳 講談社学芸文庫 2007
初版
\500 程度A-〜B \1,470
●怪しい色男を巡る、二人の紳士の空疎な手紙のやり取り。寝取られた亭主の滑稽かつ珍奇で懸命なドタバタ喜劇。小心者で人目を気にする閣下の無様で哀しい失態の物語。鰐に呑み込まれた男を取り巻く人々の不条理な論理と会話。十九世紀半ばのロシア社会への鋭い批評と、ペテルブルグの街のゴシップを種にした、都会派作家ドストエフスキーの真骨頂、初期・中期のヴォードヴィル的ユーモア小説四篇を収録。
F678 勝手に生きろ! チャールズ・ブコウスキー/都甲幸治訳 学研M文庫 2001
初版
\400 程度A- \609
●第二次世界大戦前後のアメリカ。ヘンリー・チナスキーは、楽な仕事を求めてグレイハウンドバスで全米を駆け巡り、酒と女と競馬に溺れる日々を送っていた。何度も新しい職についてはクビになるか、もしくは自分から飛び出し、女とベッドに入ってはワインを浴びるように飲む毎日に、彼は何を見出したのか!?伝説の無頼派作家であり詩人のブコウスキーが、放蕩に明け暮れた20代を綴った最高傑作。

新着・再入荷本第582弾(3月28日付)
       
 H1589  H837 H725   H1590
       
 H1591 H1592  H1593   H1504
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1589 朧の森に棲む鬼 中島かずき 論創社 2007
初版
\900 程度A- \1,890
●「王の座を欲しくないか、おまえの命と引き替えに」突然現れた森の魔物「オボロ」の声が、その男の運命を変えた。三人のオボロたちに導かれ、ライは王への道を歩む。その赤い舌が生み出す言葉と魔物にもらったオボロの剣によって、「俺が、俺に殺される時」まで。
H837 煙が目にしみる 堤泰之 論創社 2003
2版
\800 程度A-、帯 \1,575
●焼き方はレアで!お葬式にはエキサイティングなシーンが目白押し。火葬場を舞台に繰り広げられる、涙と笑いのお葬式スト―リィー。堤泰之の第1戯曲集。
H725 碧い彗星の一夜 北村想 北宗社 1982
初版
\700 程度B(小口少シミ痕) \1,200
●「碧い彗星の一夜」と「月夜とオルガン」の2戯曲を収録。
H1590 原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 原くくる 星海社 2011
初版
\600 程度A、帯 \1,470
●六本木の夜。想像妊娠する引きこもりの少女。彼女の“子どもたち”の父親は―誰?信仰、怒り、そして「許し」。女性が女性であることの原罪…こノ世のあらゆる“地獄”を詰め切って演劇シーンの未来をノックする若き才能、原くくるが脚本・演出・出演のすべてを務めた衝撃作、『六本木少女地獄』ほか、全五編の戯曲を収録。
H1591 惑星ピスタオ ストーリーブックex. ロボ・ロボ 西田シャトナー オフィス・ピスタチオ 1996
初版
\700 程度A- \1,700
●「惑星ピスタチオ いい話シリーズ『ロボ・ロボ』」、「惑星ピスタチオ いい話シリーズ第4弾『ホントに?』」を収録。
H1592 舞台歴程(凛として) 伊藤巴子 一葉社 2016
初版
\1,000 程度A- \3,024
●木下順二氏らの推奨により第3回山本安英賞を受賞し、名作『森は生きている』の主演で通算2000公演超えの記録を樹立!―60年余、北海道から沖縄まで全国各地で芝居を創りつづけ、中国・韓国・北欧・ロシア・キューバへと世界の演劇を観つづけた名女優の舞台一筋の軌跡と感動・発見の旅、劇評等116篇を収録。
H1593 舞台芸術05(特集劇場と社会) 京都造形芸術大学センター舞台芸術研究センター 月曜社 2004
初版
\800 程度A- \2,100
●劇場の役割とは何か、なぜ劇場はあるのか、どのように誕生したのか。舞台芸術の社会性をめぐって新たなヴィジョンを探る。
H1594 東京国際演劇祭’92 公式プログラム    東京国際演劇祭実行委員会 1992
初版
\400 程度A- \950
●1992年に開催された「東京国際演劇祭」の公式プログラム。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る