ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ


新着・再入荷本第590弾(11月15日付)
       
 H1619 H1620  H604  H605 
       
 H1093 H607   H1355  H1621
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1619 乱歩・白昼夢/浮世の奈落(黙阿MIX) 斎藤憐 而立書房 2011
初版
\800 程度A-、帯 \1,575
●黙阿弥は何を思い、乱歩は何を探し求めたのか。江戸から明治、大正から昭和へ。激動の時代を生きた2人の男の「夢と幻想」が今を写し撃つ。斎藤憐の評伝劇。
H1620 歌わせたい男たち 永井愛 而立書房 2008
2版
\800 程度A-、帯 \1,575
●東京都は卒業式での「日の丸」「君が代」を決めた。これに従わない先生たちはすべて処罰された。その結果、学校内では多くの悲喜劇が起きた。「朝日舞台芸術賞グランプリ」「読売演劇大賞最優秀作品賞」受賞作品。
H604 季刊「せりふの時代」VOL.26(2003年冬)    小学館 2003
初版
\1,000 程度A-〜B \900
●特集『映画の流儀と映画の作法』「対談:映画を作ってわかったこと(三谷幸喜VSケラリーノ・サンドロヴィッチ)」「インタビュー:宮本亜門(映像的演劇と演劇的映像」「アンケート:私を虜にした映画」。特集『2003年版85劇団・プロデュース劇団のイチオシ公演』。最新戯曲―鐘下辰男「ルート64」、鄭義信「杏仁豆腐のココロ」、小松幹生「利一郎きまぐれ日記」、樋口美友喜「眠りの切り札」の四作品。
H605 季刊「せりふの時代」VOL.28(2003年夏)    小学館 2003
初版
\1,000 程度A-〜B \900
●特集『なぜ、そこで演じるのか(場所を求める現代演劇)』―「劇場で演じられる“野外劇”(松本雄吉)」「プリミティブな演劇空間の在り方(串田和美)」「テントに拘り続ける思想(唐十郎・佐藤信・鄭義信・金久美子)」他、戯曲「絶対飛行機(佐藤信)」、「涙の谷、銀河の丘(松田正隆)」、「ニューパラダイスタウン 帰郷編(大橋泰彦)」、「みちばち(長塚圭史)」等。
H1093 季刊「せりふの時代」VOL.29(2003年秋)    小学館 2003
初版
\1,000 程度A-〜B \900
●特集『演劇の<いま>を語ろう』「時代性:野田秀樹VS長塚圭史」「家族と狂気:清水邦夫VS樋口美友喜)」「ナンセンス:別役実VSブルースカイ」「アングラ:唐十郎VS江本純子」「音楽:ケラVS夏井孝裕」。特集『プロは戯曲をこう読む』「声を出して読もう(扇田昭彦)」「音楽にシンクロさせて(栗山民也)」「翻訳劇の落とし穴(江守徹)」「不条理劇の条理(坂手洋二)」。最新戯曲―野田秀樹「野田版 鼠小僧」、渡辺えり子「りぼん」、川村毅「バラード」、岩松了「西へゆく女」の四作品。他。
H607 季刊「せりふの時代」VOL.32(2004年夏)    小学館 2004
初版
\1,000 程度A-〜B \900
●特集『世界に向けて発信!』―「ニューヨークで平成中村座の夢を(中村勘九郎インタビュー)」「異文化交流という幸福(野田秀樹インタビュー)」「海外での日本の演劇(伊達なつめ)」他、戯曲「アオイバラ(渡辺えり子)」、「渚家にて(大橋泰彦)」、「もやしの唄(小川美玲)」、「留守太平間(莊梅岩)」等。
H1355 季刊「せりふの時代」VOL.38(2006年冬)   小学館 2006
初版
\1,000 程度A-〜B \1,000
●特集『これからの演劇と教育』「対談/岸田今日子VS別役実」「インタビュー/鴻上尚史」「インタビュー/横内謙介」。戯曲―北村想「もろびとこぞりてVer.2,3」、川村毅「フクロウの賭け―神なき国の夜2」、渡辺えり子「風回廊(後編)」、本谷有希子「乱暴と待機」の四作品。他。
H1621 季刊「せりふの時代」VOL.39(2006年春)    小学館 2006
初版
\1,000 程度A-〜B \1,000
●特集『新劇の底力』「対談/〈文学座〉坂口芳貞VS青木豪」「インタビュー/〈民藝〉梅野泰靖/〈円〉橋爪功/〈俳優座〉田中壮太郎/〈青年座〉魏涼子/〈昴〉河田園子」「寄稿/扇田昭彦」「戯曲―岩松了「マテリアル・ママ」、長塚圭史「桜飛沫」、ごまのはえ「ヒラカタ・ノート」の三作品。他。


新着・再入荷本第589弾(10月14日付)
       
 H1616  H1617  K312 K368 
       
 K144  K224  K229  H1618
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1616 ドラマティストの肖像(現代演劇の前衛たち) 西堂行人 れんが書房新社 2002
初版
\1,000 程度A- \2,940
●現代演劇は何を実現し、どこを目指そうとしているのか。前線にあって独自の活動を展開するドラマティスト15人の思想・実践を跡づけ、演劇シーンの明日の可能性を探る。蜷川幸雄、野田秀樹、如月小春らを取り上げる。
H1617 阿藤智恵戯曲集 十六夜の月 阿藤智恵 カモミール社 2012
初版
\800 程度A- \2,100
●「十六夜の月」、「バス停のカモメ」、「恋とグァマデラ―後藤珈琲店物語」、「しあわせな男」の計4戯曲作品と上演記録を所収。
K312 新・二都物語 鉛の心臓 唐十郎 新評社 1982
初版
\1,300 程度A-(パラフィン紙カバー欠)、函 \2,300
●そのあたまの舞台は、新宿養老院というところからいろんなばばあ達が、観客の方へむかって「みなさん、十年前の『二都物語』で水の底に沈んだリーランを憶えているでしょうか?」というために駆け出してくる「二都物語」と「鉛の心臓」を収録。
K368 完全版 佐川くんからの手紙 唐十郎 河出文庫 2009
初版
\500 程度A- \924
●「私は、この六月に、オランダ人の若い女性を殺し」…殺人事件の犯人から届いた手紙に導かれ、作家は巴里へ。滞在期間は七日。妄想と現実が綾なす虚構空間に事の次第が浮び上がるも、主人公は依然迷宮を彷徨う。果して出口は見つかるのか。第88回芥川賞受賞作と、その後日譚「御注意あそばせ」を収録した完全版。
K144 勝者には何もやるな(傷だらけの栄光)寺山修司エッセンス3 寺山修司 立風書房 1993
初版
\600 程度A-、帯 \1,500
●野球、ボクシング、歌謡界での見果てぬ夢を綴ったスポーツ・芸能叙事詩的エッセイ集。
K224 寺山修司詩集  寺山修司 ハルキ文庫 2003
初版
\400 程度A- \714
●詩・短歌・俳句・戯曲・エッセイ…戦後の高度経済成長時代を駆け抜けていった寺山修司は、一人の詩人としても巨大な足跡を文学史に残した。本書ではマザーグースの翻訳詩や、ケストナーからヒントを得た「人生処方詩集」、著者が若き日のすべてを注ぎ込んだ歌集・句集から少女歌集、歌謡曲から戯曲、未刊詩集までを収録。あらゆる人々を魅了してきた青春の痛みと優しさを包んだ寺山修司のエッセンス。
K229 競馬放浪記 寺山修司 ハルキ文庫 2000
初版
\400 程度A- \630
●「競馬のことを書きはじめてから、もう何年になるだろう―強かった馬のことも忘れがたいが、ドラマチックな思い出を残してくれた馬のことは、もっと忘れがたい」。寺山修司が競馬を語る時、それは自らの人生を語ることだ。だからこそ私たちの心をいつまでも掴んで放さないのだろう。『競馬への望郷』『馬敗れて草原あり』と共に、競馬3部作と呼ばれる寺山修司の代表的競馬エッセイ。
H1618 エレジー(父の夢は舞う) 清水邦夫 河出書房新社 1983
初版
\500 本体程度B、カバー程度B- \1,300
●孤独と狂気の淵に架けられた新しい家族あわせのゲームの行方は?

新着・再入荷本第588弾(9月20日付)
       
 H1611 H1612   H193 H1613 
       
H1614  H1615  H1616  H1617 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1610 生きてるものはいないのか 前田司郎 白水社 2008
初版
\900 程度A-〜B、帯(カバ少ヨゴレ)、戯曲賞選評小冊子付 \2,100
●あやしい都市伝説がささやかれる大学病院で、ケータイ片手に次々と、若者たちが逝く―。とぼけた「死に方」が追究されまくる脱力系不条理劇。第52回岸田國士戯曲賞受賞作品。
H1611 ぬけがら 佃典彦 白水社 2006
初版
\900 程度A- \1,995
●家を追い出された息子と、“脱皮”を繰り返して若返っていく父親の物語。第50回岸田國士戯曲賞受賞作品。
H193 高校生のための実践劇作入門 北村想 白水社 2002
3版
\800 程度A-(カバー背少色落ち) \1,575
●書きたい書きたいと思いながら、どうしても書きすすめられないあなたのために、具体的できめこまかいテクニックをつめ込んだ、実践劇作アドバイス。舞台の脚本はもちろん、映画やテレビのシナリオ等を志す、すべての人々に贈る本(帯コピーより)。
H1612 文藝別冊 総特集 野田秀樹(新しい地図を携えて)    河出書房新社 2012
初版
\600 程度A \1,260
●国内外問わず、多くの観客を虜にしてきた演劇界の天才に迫る! 書き下ろしエッセイ/ロングインタビュー/対談・別役実/寄稿=三谷幸喜、キャサリン・ハンター、長塚圭史、篠山紀信等満載。
H1613 母恋い地獄めぐり しんとく丸・さんせう太夫 白石征 あんず堂 2014
初版
\500 程度A、帯 \1,620
●中世説経節を演劇的実践によって読み解き、民衆の集合的想像力が生み出した漂泊芸能の感動の源泉に迫る。遊行かぶきの金字塔。風が運んだ鳥追い唄にみちびかれて、離ればなれの母子が佐渡で再会を果たす、永遠の母子神伝承の愛の物語。
H1614 雑誌「えんぶ」2017年4月号    (株)えんぶ 2017
初版
\400 程度A- \499
●特集1:「発表!読者が選ぶ!えんぶチャート2016作品・俳優部門」、特集2:桃尻犬公演「メロン農家の罠」、特集3「高校演劇日和」。
H1615 雑誌「えんぶ」2017年6月号    (株)えんぶ 2017
初版
\400 程度A \499
●特集「演劇は自由。Vol.2」、ロングインタビュー/岡田達也。、
E061 本当のことを言おうか 風間杜夫 角川書店 1984
2版
\400 程度B \880
●つかこうへいの芝居で人気スターとなった風間杜夫が役者ひとすじに、誠実に生きてきた男34年間の真情と私生活のすべてを明かした自叙エッセイ。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る