ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ


新着・再入荷本第615弾(1月22日付)
       
H1695  H1696  H1697  H1129
     
 H732  H1698  H1699 H1102 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1695 あたらしいエクスプロージョン 福原充則 白水社 2018
初版
\900 程度A- \2,160
●第62回岸田國士戯曲賞受賞作品。戦後日本のシネアストたちが「邦画史上初のキスシーン」をめぐって奮闘する物語。
H1696 シダの群れ(純情巡礼編) 岩松了 ポット出版 2012
初版
\800 程度A- \2,160
●前作の舞台「志波崎組」は跡目争いをきっかけに、「増岡組」との抗争を激化させ、今は壊滅状態に陥っている。友好関係にある「矢嶋組」の若頭・坂本は、増岡組組長とその女・ヤスコの狙撃に失敗した部下・泊を始末する役目を買って出たが、かわいい妹・可奈子の恋心を思い、尊敬する志波崎組元幹部・水野のもとに彼を預ける。だがこの行動はやがて、矢嶋組と増岡組、そして志波崎組との関係をも徐々に捻れさせていく。移ろう人間関係と、その移ろいの根拠のなさに揺れる男たち。その行方に待つものとは―。
H1697 cocoon on stage 今日マチ子+藤田貴大 青土社 2014
初版
\900 程度A-〜B、帯 \2,592
●今日マチ子が沖縄戦におけるひめゆり学徒隊に想を得て、戦争を知らない世代として、戦争と少女が切り結ぶさまを描いた傑作『cocoon』――気鋭の劇作家・藤田貴大により上演されたその舞台版は圧倒的な強度で、21世紀最高の舞台と数々の激賞を受けた。戯曲、描きおろし64pを含むマンガ、舞台写真、関係者座談会etc.――この1冊であの感動がよみがえる! !
H1129 星の忍者(ヨムゲキ100 004) 中島かずき 演劇ぶっく社 2000
初版
\500 程度A- \1,050
●星とともに落ちてきた少女・風と常に女の味方をする青年・小太郎の純愛を軸に、個性豊かなキャラたちが天下統一の野望に燃える裏戦国絵巻。伝説の“魔の壺”を手に入れた顎我王がその霊力で天下を握らんとする時に、ひとりの少女が現れた。「昔に兄さんに戻って欲しい」と願う少女の使命と“魔の壺”の正体は…。
H732 室温〜夜の音楽〜 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 論創社 2002
初版
\700 程度A-〜B、附属ミニCD欠 \2,100
●ホラーとコメディは果たしてひとつの舞台の上に同居できるものなのか。2001年7月東京青山劇場で初演され、人間の奥底に潜む欲望をバロックなタッチで描くサイコ・ホラー。第5回鶴屋南北戯曲賞受賞作品。
H1698 優秀新人戯曲集2009劇作家協会編 乾緑郎/金塚悦子/三谷智子/ナカヤマカズコ/宇野正玖 ブロンズ新社 2008
初版
\700 程度A-〜B \1,680
●「SORITUDE(乾緑郎)」、「葉子(金塚悦子)」、「長男(三谷智子)」、「しびれものがたり(ナカヤマカズコ)」、「俯瞰する庭園(宇野正玖)」。
H1699 劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡1980-2010(AREA MOOK)    朝日新聞社 2010
初版
\600 程度A-〜B \1,500
●超☆パノラマ・グラビア/「薔薇とサムライ」全出演者・スタッフ見参!/蛇腹ワイド年表 進化する新感線の軌跡/密着撮影 いのうえ演出の秘密/いのうえひでのり演出現場 潜入ルポ/『薔薇とサムライ』 古田新太/天海祐希インタビュー/客演俳優が語る「魅力」/市川染五郎 松雪泰子 森山未來 池田成志×阿部サダヲ 北村有起哉×早乙女太一 宮藤官九郎×勝地涼 筧利夫/新感線☆物語 演劇専門記者が見つめた30年/キャラ図鑑 あのキャラクターが蘇る/小道具大図鑑 もはや小道具の域を超えた?!/新感線を支えるスペシャリストたち/いのうえひでのり 10時間超ロングインタビュー/劇団員15人のモロ出し座談会/第1組 粟根まこと/羽野晶紀/高田聖子/逆木圭一郎/インディ高橋、第2組 橋本じゅん/山本カナコ/礒野慎吾/吉田メダル/保坂エマ、第3組 古田新太/村木よし子/右近健一/河野まこと/中谷さとみ/座付き作家・中島かずきインタビュー/かずき版「桃太郎地獄絵巻」/劇団☆新感線30年全公演記録。
H1102 幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門 清水邦夫 レクラム社 1987
初版
\700 程度A- \1,000
●将門はどこだ!今度こそ将門を逃すな!藤原秀郷軍に追われ、敗走を重ねる平将門は不死鳥のごとく甦る。狂おしい毒々しい装いを凝らして…。将門は英雄たりえたか?凄惨血の降る歴史惨劇。

新着・再入荷本第614弾(12月18日付)
       
 H1687 H1688  H1689  H1690 
       
H1691 H1692  H1693  H1694 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1687 4秒の革命 東京の演劇*1982-1992 長谷部浩 河出書房新社 1993
初版
\2,400 程度A-〜B \6,800
●炉心溶解まであと4秒だったチェルノブイリ原子炉事故と、核による破壊に革命を夢見ていたかのようなそれまでの小劇場演劇を念頭に、核の時代としての80年代の東京の演劇を、卓抜な視座と芝居への愛情で見つめ続けた劇評集。
H1688 フェスティバル/トーキョー13 ドキュメント フェスティバル/トーキョー実行委員会 フェスティバル/トーキョー 2014
初版
\700 程度A-、帯 \1,512
●<シンポジウム>『演劇の未来』採録/ハンス=ティース・レーマン×シュテファニー・カープ×岡田利規×高山 明×ダニエル・ヴェッツェル×宮沢章夫(司会:林 立騎)。<座談会>・物語を旅する/岡田利規×小沢 剛×保坂健二朗×松井 周(司会:相馬千秋)・東京にはどんなフェスティバルが必要か/市村作知雄×内野 儀×相馬千秋×高萩 宏×林 立騎×平田オリザ×野村政之×三好勝則(モデレーター:吉本光宏)。<特集> フェスティバルが見せた「トーキョー」Port B『東京ヘテロトピア』、リミニ・プロトコル『100%トーキョー』。
H1689 書く女 永井愛 而立書房 2016
初版
\700 程度A- \1,575
●『たけくらべ』『にごりえ』などの名作を残し、24歳で早世した樋口一葉。「熱き涙」を流す人から、「冷ややかに笑う」作家へと変貌してゆく一葉の“宇宙”を人々との豊かな交流の中に描く戯曲作品。
H1690 阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」公演パンフレット       2010
初版
\400 程度A- -
●阿佐ヶ谷スパイダーズ2010年「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」公演パンフレット、全78頁。作・演出:長塚圭史:池田鉄洋・内田亜希子・加納幸和・小島聖ほか。
H1691 解散記念公演「笑う巨塔」と東京セレソンデラックスその全て 公演パンフレット       2012
初版
\400 程度A- -
●東京セレソンデラックス解散公演2012年「笑う巨塔」の公演パンフレット「『笑う巨塔』と東京セレソンデラックスのその全て」全68頁。作・演出:宅間孝行:斎藤工・芦名星・駿河太郎・伊藤高史ほか。
H1692 「真情あふるる軽薄さ2001」公演パンフレット       2001
初版
\400 程度A- -
●2001年シアターコクーン「真情あふるる軽薄さ2001」公演パンフレット、全28頁。作・清水邦夫、演出:蜷川幸雄。
H1693 「ゼンダ城の虜(苔むす僕らが嬰児の夜)」公演パンフレット       1992
初版
\400 程度A- -
●1992年劇団夢の遊眠社ラスト公演「ゼンダ城の虜」公演パンフレット、全32頁。作・演出:野田秀樹。
H1694 「飛龍伝2010ラストプリンセス」公演パンフレット       2010
初版
\400 程度A- -
●2010年「飛龍伝2010ラストプリンセス」公演パンフレット、全46頁。作・演出:つかこうへい:黒木メイサほか。

新着・再入荷本第613弾(11月11日付)
       
 X206  R065  X244 X245 
       
 A655  A063  M218  K110
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
X206 郵便配達夫 シュヴァルの理想宮 岡谷公二 作品社 1992
初版
\1,600 程度A-〜B \2,300
●くる日もくる日もフランスの僻村を歩くしかない郵便配達夫シュヴァル。だが、彼はたった1人で33年という歳月をかけて、自らの宮殿を現実のものにしてしまったのである。その驚くべき生涯の真実。
R065 雑誌「Yaso夜想」#シュヴァンクマイエル    スチュディオ・パラボリカ 2007
初版
\600 程度A- \1,500
●大好評だった「yaso2マイナス 特集/シュヴァンクマイエル」に近作「ルナシー」を増補した改訂版。クレイアニメ、パペットアニメを始め、アニメーションの魅力をふんだんに味わえるシュヴァンクマイエルの特集です。デジタルアニメーションの世界も注目する触覚的な映像世界をお伝えします。「触覚的」とは最も身体性の高い感覚です。それを視覚で味わうという脳内刺激を与えてくれるシュヴァンクマイエル。グロテスク、だけどユーモラス。彼の触覚的映像を通して、触れるのも嫌、触れられたくないという感情、「身体の記憶」にもアプローチします。
X244 雑誌「トーキング・ヘッズ叢書」NO.57特集「和風ルネサンス(日本当世浮世絵巻)」    アトリエサード 2014
初版
\500 程度A-〜B \1,500
●セクシーロボットで知られ、昨今はスーパーリアルな春画で観る者を挑発している空山基や、60年代に渡米してヒッピー文化の洗礼を受け、浮世絵風の絵で消費社会と性を描いた寺岡政美のインタビューを始め、仏像のような人形作品を制作した三浦悦子、日本伝統技法から新しい表現に挑む若手・中堅作家、大英博物館の「春画」展、「切腹」の精神史など「和」に刺激される1冊。
X245 雑誌「トーキング・ヘッズ叢書」NO.24特集「少年+タナトス」    アトリエサード 2005
初版
\500 程度A-〜B \1,300
●高畠華宵など美少年の妖しい魅惑/長野まゆみなどの少年と銀河や鉱物の関係/または絶望に育てられた現代の少年など、さまざまな位相から“少年”をとらえる。少年王者舘(インタビュー)、稲垣足穂、三島由紀夫、萩尾望都、丸尾末広、甲秀樹、澁澤龍彦、ロートレアモン、などをピックアップ。
A655 オリンピアと嘆きの天使(ヒトラーと映画女優たち) 中川右介 毎日新聞社 2015
初版
\600 程度A-、帯 \1,620
●祖国を離れ闘った女と、栄光を得て全てを喪った女。芸術家・文化人は国家権力とどのような距離をとるべきなのか。五輪、戦争、そして廃墟―。才能と運命に翻弄された女たちの物語。
A063 パリ・1920年代(シュルレアリスムからアール・デコまで) 渡辺淳 丸善ライブラリー 1997
初版
\400 程度A- \721
●第1次大戦後、荒廃と廃墟の中から、新しい価値観、世界観が生まれ、とりわけパリを中心に本格的な消費社会、大衆社会の到来とともに、文学、演劇、美術、音楽、映画からファッションに至る様々な文化が、絢爛と花開いた。1920年代のパリを舞台に、20世紀文化の原点ともいうげきそれらの文芸と、それを創る人々が織りなすドラマの現場を描く。
M218 別冊太陽 WOMEN in Hollywood 私らしく生きる   平凡社 1999
初版
\800 程度A-〜B \1,995
●メグ・ライアン、グウィネス・パルトロウ、キャメロン・ディアス、ジョディ・フォスターなど、いまをときめくハリウッド女優たちの魅力とその活躍と、女性映画スタッフの仕事ぶりを紹介する。
K110 秘密結社の世界史 海野弘 朝日文庫 2017
初版
\400 程度A- \691
●人はなぜ“秘密結社”に魅せられるのか?古代密儀、テンプル騎士団、薔薇十字団、フリーメーソン、イルミナティ、KKK、ナチス、カルト、マフィア、そしてトランプ…。古代から中世、近代、20世紀、現代に至るまで、秘密結社という「隠された視点」から世界史を読み直す。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る