ぱらぶら屋書店着情報


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本

注)但し、時の経過を考慮してあるランク付けになっています。一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

新着・再入荷本第607弾(4月18日付)
       
 D023  D011  D143  D345
       
 D018 D359  D360  D361 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
D023 ラブ・レターズ A.R.ガニー/青木陽治訳 劇書房 1997
10版
\1,700 程度A- \1,680
●50年間におよぶ長い時間に一組の男女の間を行き来したラブ・レターズ。
D011 アマデウス[新装版] ピーター・シェファー/江守徹訳 劇書房 1984
初版
\2,000 程度A- \880
●映画化されて大ヒットしたことでも有名な、モーツァルト35歳の生涯をミステリアスに彩る華麗なる愛と音楽と死を描いた舞台劇。
D143 アマデウス ピーター・シェファー/江守徹訳 劇書房 1989
7版
\2,000 程度A- \1,500
●映画化されて大ヒットしたことでも有名な、モーツァルト35歳の生涯をミステリアスに彩る華麗なる愛と音楽と死を描いた舞台劇。
D345 グリークス(10本のギリシャ劇によるひとつの物語)[新装版] ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー編・英訳/吉田美枝訳 劇書房 2000
新装
初版
\3,200 程度A- \3,360
●上演時間9時間。だが一切退屈しない。ぴっかぴっかのギリシャ劇10本を、最高のスピードでぶっとばす。戦争、財産と女の略奪、殺人、夫殺し、母親殺し、罪と罰、そして償い。紀元前の話にもかかわらず、スリルとサスペンスに溢れ、強烈で新鮮。儀式的な枠を打ち破った画期的な上演スタイルで大反響を巻き起こした超話題作。完全新訳で登場。
D018 お月さまへようこそ ジョン・パトリック・シャンリィ/鈴木小百合訳 白水社 2000
7版
\1,00 程度A-〜B \1,575
●映画「月の輝く夜に」でアカデミー脚本賞を受賞した著者初の戯曲集。ニューヨークを舞台にして、人間同士の心のかよいあいを中心に繰り広げられる現代のメルヘン。他に「どん底」「西部劇」「星降る夜に出掛けよう」「喜びの孤独な衝動」所収。
D359 SEVEN セブン ポーラ・シズマー他/三田地里穂訳 而立書房 2016
初版
\1,200 程度A-、帯 \2,160
●いまこの地球上に、自らの人生を自らが選ぶ権利が夢でしかない女性たちがいることをあなたは知っていますか……?女性の人権に変革をもたらそうと尽力するNGOバイタルボイス。そこで活動する7人の女性リーダーたちに、7人の女性劇作家が個別インタビューし、ドキュメンタリー・シアター作品を作り上げた。破壊的悲劇を乗り越える女性たちの真実の物語。
D360 舞台芸術11(特集ジュネ/ベケット/フォアマン) 京都造形芸術大学センター舞台芸術研究センター 月曜社 2007
初版
\900 程度A-〜B \2,100
●特集1「ジュネの言語からダンスの身体へ」、特集2「21世紀のベケットを読む」、特集3「リチャード・フォアマン、〈前衛〉の現在」。戯曲/松田正隆「アウトダフェ(オリジナル・ヴァージョン)」他。
D361 現代舞踏が見えてくる 日下四郎 沖積舎 1997
初版
\1,200 程度A-〜B \3,675
●本書は広い視野に立つ著者が、日本の現代舞踊の歴史とそのバックグラウンドとしての東西の近代芸術に対する視点といったものを、実にわかりやすく親切に説いた貴重な資料。

新着・再入荷本第606弾(3月18日付)
     
H1667  H1668  H1202  H1669 
       
H1670  H1671  H1338  H1672 
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1667 ウェルカム・ニッポン 松尾スズキ 白水社 2012
初版
\900 程度A-、帯 \1,995
●9・11+3・11=「あの日からの世界」を、日本で、生きる希望としての不条理劇!  物語の舞台となるのは東京と埼玉の境にある「下流社会」、というか東京都轍区。タヌキ等の害獣駆除を生業とする〈バルさん〉の掘立小屋の近くに、地元の「ヤンキーたち」が夜な夜なその灯りに吸い寄せられる一台の自動販売機がある。その前で個人タクシー運転手の〈蒲生昭三〉は外人女性の〈エイドリアン〉を客として拾うのだが、どうやら彼女はニューヨークの同時多発テロいらいねんごろになり遠距離恋愛を育んだ日本人男性の〈牛頭さん〉と婚約していたらしく、しかしながら彼とは東日本大震災を境に連絡が取れなくなってしまったのでフィアンセを探すため来日したものの、道に迷ったばっかりに、東京のはずれで暮らす厄介な面々と出会う羽目に……。  「日本に戦争で勝ったアメリカ人が、わざわざ、放射能だらけの日本に、こんなにみっともなくすがりついて、あたしのランチパックにむしゃぶりついてる。指なめてる。うけるよ。まじ、パワーもらった! ありがとう、エイドリアン。」(本書より)  ヒロインと味わう、なだれを打つ笑いの暴力! 彼女が恋したのは、高校演劇部の顧問の先生だった──。
H1668 あしたあなたあいたい 成井豊/隈部雅則 論創社 2006
初版
\700 程度A-(裏表紙見返し頁購入者サイン)、帯 \2,100
●物質を過去へ飛ばす機械、クロノス・ジョウンター。その新たな実験のため、布川輝良は過去へ行くことになる。4年前の鎌倉。そこには伝説の建築家・廣妻隆一郎が設計した、朝日楼旅館が建っていた。4年前に取り壊された朝日楼を写真に撮りたい。それが彼の夢だった。過去に到着した直後、布川は体調を崩して、倒れてしまう。彼を助けたのは、イラストレーターの枢月圭だった。ひかれあう二人。しかし、布川は過去には4日しかいられない…。梶尾真治のSF小説『クロノス・ジョウンターの伝説』の第二話「布川輝良の軌跡」を完全舞台化。
H1202 うちに来るって本当ですか?(ヨムゲキ100) 石原美か子 演劇ぶっく社 2002
初版
\600 程度A- \1,050
●5人姉弟の御殿場家に来客があるという。その人は30歳を目前にした長女が結婚情報サービスで知りあったメル友であったことから、いつもと違う休日になりそうな予感。浮き立つ妹や事実をひた隠しにする姉。勘違いばかりしている弟。そこへ弟の仕事関係の人が乱入し、事態はますますおかしな方向へ。思い通りに想いが伝わらない歯痒さを大家族の中でコミカルに描いたシチュエーション・コメデイ。
H1669 権力と孤独 演出家 蜷川幸雄の時代 長谷部 浩 岩波書店 2017
初版
\800 程度A-、帯 \2,268
●日本のみならず、世界の演劇界を牽引した演出家・蜷川幸雄。固定概念を破る演出手法をとりながら、常に時代の中心にあり、演劇界の頂点に君臨し続けた。一方で安住することを嫌い、古いものを壊し、新しい血を入れることに迷いがなかった。権力と孤独、王道と異端、中央と辺境――相反するものの間で格闘し続けた、その生涯を綴る。
H1670 二人で嘘を(書下ろし新潮劇場) 飯沢匡 新潮社 1975
初版
\400 程度B(裏表紙見返し値札剥がし痕)、函。 \780
●オムニバス喜劇・四幕。訳もないのにイライラしたら、二人で嘘をつきましょうね―作家も社長もお妾も、腹腹時計の過激派も、人には言えない過去がある。男と女の秘密の糸が、結んでひらいて夜となり、色と欲との幕があく。
H1671 台詞の風景 別役実 白水Uブックス 1998
3版
\500 程度B \999
●さりげない語り口で、今日の人間の不安をさぐり、明解に分析することで話題を呼ぶ著者が、定評ある名台詞52篇と自作品28篇を、ユーモアをまじえながら解説するユニークな読みもの。他にピンター・三島由紀夫、井上ひさし、ベケットを論じた作家論、文学座アトリエ公演における報告を併載。
H1338 東京ノート(平田オリザ1) 平田オリザ ハヤカワ演劇文庫 2007
初版
\400 程度B \735
●美術館の片隅のロビーは、人々が一休みしにやって来ては去る。恋人たち、久しぶりに再会する兄弟と連れ合い、個人所蔵画の寄贈者、学生。会話の断片は世界情勢から個人の悩みまで照らし出す。戦火が広がるヨーロッパから多数の名画が日本に疎開してきているらしい。故郷で老親を世話する長女を理解してくれるのは誰なのか。淡々とした会話から、穏やかな日常とは裏腹の世界を鮮やかに切り取る岸田國士戯曲賞受賞作。
H1672 友達・棒になった男 安部公房 新潮文庫 2008
8版
\400 程度A-〜B \500
●平凡な男の部屋に闖入して来た9人の家族。善意に満ちた笑顔で隣人愛を唱え続ける彼らの真意とは?どす黒い笑いの中から他者との関係を暴き出す傑作『友達』〈改訂版〉。日常に潜む底知れぬ裂け目を三つの奇妙なエピソードで構成した『棒になった男』。激動の幕末を生きた人物の歴史的評価に新たな光を当てた『榎本武揚』。斬新な感性で“現代”を鋭く照射する、著者の代表的戯曲3編を収録。

新着・再入荷本第605弾(2月18日付)
       
 H1661  H1662  H1663  H1664
       
 E101  H572  H1665  H1666
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
H1661 SEX KINGDOM(ヨムゲキ100 008) 松尾スズキ 演劇ぶっく社 2000
初版
\600 程度A-〜B \1,050
●「…AIDSがすごすぎるからセックスのことを忘れようって言って、みんながセックスのことを忘れちゃった社会の話を作りました。で、それがなぜ世界がセックスを忘れるようになったかっていうことを説明する、後決めしていくような話。…(あとがきより)」。
H1662 すべての風景の中にあなたがいます 成井豊/真柴あずさ 論創社 2009
初版
\800 程度A- \2,100
●4月、広告デザイナーの滝水浩一は、熊本と宮崎の県境にある、白鳥山に登った。山頂近くで、突然の雨。上から駆け下りてきた女性とともに、洞窟に飛び込む。女性は滝水が入れたコーヒーを飲むと、また雨の中へと去っていった。一冊の手帳を残して。手帳の最後のページには、「藤枝沙穂流」と書いてあった。数日後、沙穂流の家を訪ねる。が、そこに住んでいたのは、「藤枝詩波流」。よく似た名前だが、沙穂流とは全くの別人だった。はたして。沙穂流はどこに?同時収録『光の帝国』『裏切り御免!』。
H1663 トレジャーボックス/ワンダーボックス パニッシュ 論創社 2011
初版
\800 程度A-、帯 \1,995
●優秀なトレジャーハンターが多数所属する、世界最大手のブライアント社。その社内でもトップクラスの実力を持つハンター、天内凛。彼に与えられた次のミッションは『クロマの聖石』奪取。熾烈な争奪戦の末に、ようやく宝に辿り着いた天内。果たして宝を無事に持ち帰ることができるのか!?そして、このミッションに隠された秘密とは…?(『トレジャーボックス』)。神堂敦志とリョウのコンビは、世界中の宝物をトレジャーハンターの手から護るトレジャーガード。しかし、中国で受けた依頼に失敗して、日本に帰るお金もなく途方に暮れる日々。そんなある日、待ちに待った依頼が舞い込む。そこへ現れたのはトレジャーハンターの天内と鰐塚。そして何かの因果かリィとランディまで…。トレジャーガードの神堂とリョウ、ブライアント社のスペンサー。壮絶なる争奪戦が、今始まる!(『ワンダーボックス』)。
H1664 酔っ払いマルメラードフ(高堂要戯曲集) 高堂要 花神社 2000
初版
\1,400 程度A-〜B(裏表紙見返し値札剥がし痕)、帯 \6,695
●国際ドストエフスキー演劇祭特別賞受賞・酔っぱらいマルメラードフ、池袋演劇祭最優秀賞受賞・陰府がえりのお七など全11編を収めた、現実を垂直に断ち切ったところから生まれる葛藤を追求する“垂直軸の演劇”ともいえる形而上的ドラマ。
E101 戯曲&小説 ロマンス つかこうへい トレンドシェア 2010
2版
\800 程度A- \2,000
●水泳の元オリンピック候補シゲルに惚れて、そばで尽くすようになった牛松。そして今、時間のとまった酒場で、自分と同じ、秘めた「愛」を生きようとする息子によろこびと苦渋にみちた、過ぎ去った青春の日々を。「愛」を問いつづける作家の宿命のラブ・ストーリー。オリジナルシナリオと小説「ロマンス」を併録。
H572 高校生のための実践劇作入門PartU 北村想 白水社 2001
初版
\800 程度A- \1,680
●分かりやすく簡潔に、しかも面白く、初心者に向けて劇作のコツを手ほどきする入門書パート2。著者がひらく劇作塾から巣立った新進女流劇作家の、在籍当時の習作を添削・批評しながら、劇作することのさらに一歩先を学ぶ真の実践編。演劇用語解説や、人気劇作家への執筆方法アンケートも収載。
H1665 演劇は仕事になるのか? 米屋尚子 彩流社 2011
2版
\900 程度A-、帯 \2,625
●「演劇で、食っていこうじゃないか」、「はたして食えるのか?」など、演劇・劇団をとりまく経済的側面とその未来について、アーツ・マネジメントの分野ではもっとも事態の本質をつかんでいるといわれる著者が詳細に分析する。演劇についての本は数多にあるが、プロの劇団とは何か、演劇で食っていくとは具体的にどういうことなのかについて書かれた本は、ほとんどみあたらない。そしていま我が国では「劇場法」という法律の制定が動いており、この国の文化政策が新たな局面を迎えようとしている。
劇団員も劇団をひっぱっていく座長や、公共施設を活用したいと考えている自治体の職員も必読の書。
H1666 雑誌「えんぶ」2018年10月号 (株)えんぶ 2018
初版
\400 程度A \499
●ロングインタビュー「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」「上川隆也」。ステージ&インタビュー「ゴースト(浦井健治)」「BOAT(藤田貴大)」。ステージ&レビュー「ナイツ・テイル」「君の輝く夜に」他。

新着・再入荷本第604弾(1月20日付)
       
F685 F686  F687  A474 
       
 X241 X242  X243   J222
番号 書名 著者・訳者・
出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
F685 水の鏡≪新装復刊≫ ロジェ・グルニエ/須藤哲生訳 白水社 2001
初版
\800 程度A-〜B、帯 \2,575
●信ずるものもなく、愛のうちにも激しい不安を覚えながら、心もとない日々を送る女たち。彼女たちの眼前に広がる水が映し出すものは果たして何であろうか。「船旅」「女像柱」の2編収録。
F686 シティ・ライフ ドナルド・バーセルミ/山形 浩生訳 白水社 1995
初版
\600 程度A-〜B、帯 \1,800
●アメリカ小説の鬼才が贈る、知的な「遊び」満載の短篇集。表題作ほか、「お父さんが、泣いてる」「パラグアイ」など14篇を収録。ココロとタマシイが癒される「聖なる」小説。
F687 黒い時計の旅 スティーブ・エリクソン/柴田元幸訳 白水Uブックス 2005
初版
\500 程度A-〜B \1,260
●仮に第二次大戦でドイツが敗けず、ヒトラーがまだ死んでいなかったら…。ヒトラーの私設ポルノグラファーになった男を物語の中心に据え、現実の二十世紀と幻のそれとの複雑なからみ合いを瞠目すべき幻視力で描き出した傑作。
A474 優雅な生活が最高の復讐である カルヴィン・トムキンズ/青山南訳 新潮文庫 2004
初版
\800 程度B \540
●あのフィッツジェラルドが憧れ、『夜はやさし』のモデルにしたという画家ジェラルドとセーラのマーフィ夫妻。ヘミングウェイ、ピカソ、レジェ、コール・ポーターにまで及ぶ夫妻の華やかな交友関係を、さまざまなエピソードで綴る。1920~30年代の文化人たちの群像を浮き彫りにしたノンフィクションの名著に、ジェラルドの没後、新たな情報と写真とを加え最終章を書き直した決定版。
X241 雑誌「トーキング・ヘッズ叢書」NO.33特集「ネオ・ゴシック・ヴィジョン」    アトリエサード 2008
初版
\500 程度A-〜B \1,500
●ゴシック精神で生き延びよ!ゴシックの潮流を俯瞰しながら、その先のヴィジョンを探る。アンダーグラウンドアートの現在(サンテリネロス他)、座談会/小谷真理×高原英理×樋口ヒロユキ、ゴシック・ロリータという美学、ラヴクラフト論、ケン・ラッセル論、絵金、Rose de Refiul et Guiggles、BONZIN等。
X242 雑誌「トーキング・ヘッズ叢書」NO.52特集「コドモのココロ(危ういイノセンス)」    アトリエサード 2012
初版
\500 程度A- \1,500
●子どもの心に垣間見るちょっとした危うさ/ダークさの魅力。ねこづるy(山野一)インタビュー、ウィリアム・ロップインタビュー、図版&紹介[下田ひかり、大澤幸恵、たま、黒木こずゑほか]、対談・清水真理×相馬俊樹、超幼形ファム・ファタールの世界、子どもの絵画表現における認識の変化とその特徴、キャロルの少女愛ほか。
X243 澁澤龍彦 ドラコニア・ワールド 澁澤龍子・編/沢渡朔/写真 集英社新書ヴィジュアル版 2010
初版
\400 程度A- \1,260
●澁澤龍彦愛蔵のオブジェを沢渡朔が撮りおろす。澁澤龍彦が残したオブジェに纏わる文章を龍子夫人が精選、写真家・沢渡朔撮りおろしのオブジェ写真を付して構成するヴィジュアル版新書。初公開を含む愛蔵品の数々を紹介、澁澤の新しい魅力を掘りおこす。
J222 昭和夢草紙 滝田ゆう 新潮社 1980
3版
\500 程度A-〜B、帯 \1,100
●少年の頃、夢中で駆けまわった裏町裏通り、横丁や小路。ベーゴマやちゃんばらに明けくれた。しかし、そこは玉の井、大人の町、ちらりちらりと大人の世界がかいま見える。その町も今はなく、ただただ夢、幻として想うばかり…。少年時代に育った懐しい町を絵とエッセイで描き出す。

  『新着本紹介』で紹介した後、各々のジャンルの目録に振り分けられます。


■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/グラック/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲演劇ぶっく
▲海外(外国)の演劇/ダンス他
▲劇書房・而立書房ー海外(外国)の演劇・戯曲
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等

・ご購入のお知らせはこちらから

 

・ご注文・お問い合わせはこちらから 


トップページへ戻る