美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等−ぱらぶら屋書店目録


●Home ●目録の見方  ●購入方法 ●Mail ●当店案内 ●店主日誌

程度A 若干のヨゴレやキズがあるがそんなに気にならない程度で、新品に近い本及びほとんど新品本
程度B: ヤケ・シミ、ヨゴレ等が多少あるぐらいで、古本という感じを与える程度の本
程度C: ヤケ・シミ、ヨゴレ等がそれなりにあり、古本らしい古本
程度D: ヤケ・シミ・ヨゴレ等の他、痛みがあり、読む分にも良いが、コレクションには難ある古本

注)一部抜粋。詳細は上記●目録の見方へ

・本の部位について
天:本の上部
地:本の下部
背:棚に置いた時に見える、タイトルが書いてある部分
小口:背の反対側のページ部分


雑誌「アール・ヴィヴァン」特集

Q185 Q186 Q187 Q188
Q189 Q190 Q191 Q192
番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
Q185 アール・ヴィヴァン5号 特集アイリーン・グレイ    西武美術館 1982
初版
\1,600 程度A-〜B+ \1,200
●97歳で世を去るまでに、たった2つの建築と1つの内装しか残さなかったグレイ。建築をメカニズムのアナロジーともメタファーとも捉えず、透明度の高い空間でありながら“気配”を感じさせ、それを包み込む建築を成し遂げた稀有な作家。コルビュジェ、バウハウス等の巨大な影響を脱しつつも、ポスト・モダニズムと名付けられる新たなフォルマニズムに陥ろうとしている現在の建築の表層性を見る時、彼女の漂わせた“両性具有的”作法こそが、我々の触れていたいものではないだろうか。
Q186 アール・ヴィヴァン6号 特集ニューペインティング    西武美術館 1982
初版
\1,200 +(裏表紙見返し値札剥がし痕少) \1,200
●絵画という媒体の復権。芸術上の主観性の回復を求める動きが、1980年を境に急激に表面化しつつある。欧米の幾つかの都市でパラレルに発生し、主知的になり過ぎたミニマル・アートへのリアクションとも受け取れるそれらの現象は、“ニューペインティング”あるいは巨大なキャンパスに展開される、一見投げやりとも受け取られる画面から“ニュー・バッド・ペインティング”とも呼ばれ、美術市場をも巻き込んで、今旋風を引き起こしつつあるという。
Q187 アール・ヴィヴァン13号 特集アルテ・ポーヴェラ    西武美術館 1984
初版
\1,200 程度B+ \1,200
●熱気を孕んだイタリア60年代の空気を収斂するように、ローマ、トリノ、ミラノで浮上し、“アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)”と名付けられた動きは、生きた動物、火、土、水、樹木など、物質の存在それ自体に含まれる裸形の時間性、空間性を、鮮明な輪郭をもって提出して人々の度肝を抜いた。それはまた欧米のミニマル、コンセプチュアル、日本のもの派などと通底するグローバルな同時性を示していた。参加したアーティストのその後の稜線を辿ると、様々な現代美術のパラダイムを読み取ることができる。
Q188 アール・ヴィヴァン21号 特集再構成:日本の前衛1945−1965    西武美術館 1986
初版
\1,600 程度A- \1,200
●「再構成:日本の前衛1945−1965」と題する展覧会がオックスフォード近代美術館で開催された。“日本戦後社会”という体験的時間が存在しない海外で、また日本とは比較にならない実質を備えた“美術史”という西欧的認識が前提になる場で、日本の戦後美術なるものがいかに理解可能かという問いに独創的見解をもって答えようとする試みであった。同展は多様な評価をもって受け入れらたが、“なぜ戦後美術なのか”という問いを始めとして、国際的な場で日本国内の諸問題が逆照射されて浮かび上がる結果となった。
Q189 アール・ヴィヴァン22号 特集ミノトール    西武美術館 1986
初版
\2,200 程度A- \1,200
●1933年6月、危機的な予感を孕んだその年、パリで1冊の芸術誌が創刊された。「ミノトール(ミノタウロス)」―迷宮の奥にひそむ怪物―という名を持つその芸術雑誌は、その後、ブルトン、ダリ、エリュアール、マン・レイ、エルンスト等の寄稿者を得て、必ずしも標榜したわけではないにせよシュルレアリスムの機関誌的色彩を強めてゆくことになる。「ミノトール」を舞台に繰り広げられた芸術家たちの華々しい舞踏は我々の眼を奪う。
Q190 アール・ヴィヴァン23号 特集横尾忠則ノート・ブック    西武美術館 1987
初版
\1,300 程度A-〜程度B+ \1,500
●画家横尾忠則によって、新作のために同時平行的に掃き進められた5冊のクロッキー・ノートを再現・収録した。絵画のためのエスキースであると同時に、散りばめられた“横尾絵画”の発想の種子でもある。また新作についての画家自身と評論家三浦雅士の対談は、ルネサンス絵画からピラミッドにまでわたる図像学的地平で縦横に読み取られ、語りつくされている。作家論、作品論を超えて、絵画の必然性を、さらに時代の危機を明示する1つの回路を浮かび上がらせている。
Q191 アール・ヴィヴァン25号 特集骰子の七番目の目    西武美術館 1987
初版
\2,200 程度A- \1,200
●「骰子の七番目の目」とは何か?立方体の骰子に対して、七番目の、第七の面をイメージした時、超現実がはじまる。詩人ジョルジュ・ユニエによって言葉や写真やティポグラフィ、装本を含めて精妙な詩の循環器官が書物の形式で想定された時、書物は感情を持ち、オブジェに近づく。イメージの解放地帯、シュルレアリスムが夢見た注目すべき精華が見事に実現されている。
Q192 アール・ヴィヴァン26号 特集モンドリアンとデ・ステイルの建築    西武美術館 1987
初版
\1,500 程度A- \1,200
●「デ・ステイル」誌に拠ったメンバーは、モンドリアンの主唱する新造形主義の概念に沿って、造形領域の統一を目指した。彼が同誌を去る1925年までに多くの作品が生み出されたが、特に建築の分野でその成果が現れた。バウハウスやコルビュジェ、あるいは「装飾美術展(アール・デコ展)」などの声高な喧伝の陰で純粋な造形を目指した運動の同時代の資料にけって検証する。

Q214 Q174 Q170 Q082 Q204 Q026
Q132 Q154 Q155 Q113 Q148 Q142
番号 書名 著者・訳者・編者 出版社 発行版 売価
(税込)
状態 定価
Q090 ウィリアム・モリス(ラディカル・デザインの思想) 小野二郎 中公文庫 1992
初版
\500 程度A \583
●天性の詩人、真の人間解放を求めユートピア社会主義に傾倒したモリスは、一方アーツ・アンド・クラフツにすぐれた理論と実践を示した工芸家でもあった。今日あらためて大きな関心が寄せられているモリスの業績を、そのデザイン思想を軸にたどる。
Q005 アンリ・ルソー楽園の謎 岡谷公二 中公文庫 1993
初版
\500 程度A \660
●素朴画家に位置づけられながら、素朴派をこえる色彩豊かで不思議な画風と、画壇とは無縁な場所で生きたルソーの謎めいた足跡を辿り、不遇だったこの天才の実像を描き切った本格精緻な評伝。
Q077 20世紀の芸術を生きる ペギー・グッゲンハイム自伝 ペギー・グッゲンハイム/岩本巌訳 みすず書房 1994
初版
\4,000 程度A- \8,000
●キュビスム、シュルレアリスム、ダダの作品の粋を収集し、著名なコレクター、20世紀最大のパトロネスとなったベギー・グッゲンハイム。彼女をめぐる綺羅星のごとき前衛芸術家たちの姿、彼らとの愛と情事も数々をも含めて語る。ベケット、エルンスト、タンギー、ボロック、ブランクーシ、ダリ…。<現代美術のミューズ>の赤裸々の告白録。
Q206 夢と光の画家たち(モデルニテ再考) 坂上桂子 スカイドア 2000
初版
\1,000 程度A-、カバー表紙天・地シワ \2,940
●スーラ、ピサロ、ドガら19世紀後半の「近代性」を題材とした画家たちの作品を取り上げ、美学的側面と、主題の背景に潜む社会的要素を考察する。『コンテンポラリー・アーティスツ・レヴュー』連載テキストを再編集。
Q169 「生誕100年記念 アルプ展」図録 富山県立近代美術館+生誕100年記念アルプ展図録編集委員会 現代彫刻センター/美術館連絡協議会 1985
初版
\1,000 程度B+(裏表紙背に接する部分、縦全体に約2センチ弱の色落ち)
●1985年に富山県立近代美術館をはじめとして全国6ヵ所で開催された「生誕100年記念 アルプ展」図録。全201頁。
Q167 エブドメロス ジョルジュ・キリコ/笹本孝訳 思潮社 1971
再版
\1,000 本体程度B-、カバー程度C、タイトル頁2頁分に各蔵書印・所有者氏名記載あり \900
●20世紀芸術に一大衝撃を与えたキリコの絵画の独特な幻想と感覚の魔力。この接続詞なき詩的散文に脈打っている光と闇が溶け合う謎と郷愁の空間。キリコの芸術解明上重要な位置を占める出口なき迷路を持つ幻想小説。
Q170
画像
ロルカ・ダリ 裏切られた友情 A・ロドリーゴ/山内政子・天童匡史・小島素子訳 六興出版 1986
初版
\1,600 程度A-、帯 \3,000
●詩人ガルシア・ロルカ、画家サルバドール・ダリ、そして映画作家ルイス・ブニュエル―この3人の青春時代を、1920年代のマドリ、グラナダ、そしてカタルーニャを舞台に生き生きと描き出すノンフィクション。
Q081 クレーの手紙(1893〜1940) パウル・クレー/南原実訳 新潮社 1989
初版
\2,800 程度A-、函 \4,300
●両親、姉マティルデ、妻リリー、息子フェリックス、その妻エフロシナ(フロスカ)宛て等クレーの家族へ宛てた書簡集。
Q082
画像
マルク・シャガール シドニー・アレグザンダー/加藤弘和訳 芸立出版 1993
初版
\2,800 程度A- \4,800
●ユダヤ人、画家、詩人、そして人間シャガール。激動の時代を生き抜いた波瀾の生涯と、独特な創造性に支えられた芸術世界を、シャガールをめぐる人々の生きた言葉を軸に描き出す異色の評伝。
Q113
画像
シャガールとの出会い(空飛ぶベラ)[新装版] ベラ・シャガール/池田香代子訳 柏書房 1995
初版
\800 程度A-、帯 \1,800
●“愛と幻想の画家”マルク・シャガールの最愛の妻、ベラが死の直前まで綴った一冊のノート。そこには二人の出会い、そしてその舞台ともなった故郷の町、ユダヤ式の生活が独自の感性で広がる。シャガールのオリジナル挿絵付き。
Q084 シャーガル わが回想(朝日選書270) マルク・シャガール/三輪福松・村上陽通訳 朝日新聞社 1989
6版
\500 程度A- \1,000
●ロシア生まれのユダヤ人、幻想の画家マルク・シャガールが、愛と死、戦争と革命、触れ合った人々の思い出を、肉体と精神の昂ぶりをちりばめて綴った回想の記。シャガール自身によるデッサンの挿絵32点も掲載。
A642 シャガールとの日々(語られなかった7年間)[新装版] ヴァージニア・ハガード/中山公男監訳・黒田亮子訳 西村書店 1997
初版
\1,200 程度A-、帯(少ヤブレ・修復済) \3,045
●巨匠の謎めいた空白の歳月。19455年から52まで、シャガールとともに暮らした著者が、綿密な資料集めと類いまれな洞察力で、当時の知られざる巨匠の生身の姿を浮き彫りにする貴重な一冊。未公開の家族の写真、著者に宛てたシャガールのサイン入りの素描や水彩画など、興味深い図版を多数収録。
Q208 オットー・ディックス展    神奈川県立近美術館 1988
初版
\1,500 程度A-(少ソリ) -
●1988年11月〜89年5月、神奈川、兵庫、宮城で開催された展覧会「オットー・ディックス展」のカタログ。
Q128 カミーユ・クローデル アンヌ・デルベ/渡辺守章訳 文藝春秋 1989
2版
\900 程度A-、(背ヤケ) \2,700
●天才的女彫刻家はなぜ半生を精神病院で過ごさねばならなかったのか。師ロダンへの反逆、愛と自立の間で苦闘した生涯を描いた伝記。
Q217 雑誌「芸術新潮」特集ルネ・マグリットベルギー紳士の謎々生活(1998年5月号)   新潮社 1998
初版
\600 程度A- \1,200
●特集「ルネ・マグリットベルギー紳士の謎々生活」。国民的画家ルネ・マグリットの生誕100年を迎え、ベルギーは国を挙げて大騒ぎ。誰もが一度はその魅力にはまるマグリットだが、意味深な‘謎’に満ちた画面、いったいどう解釈すればよいの?あなたは途方に暮れません?さあ、ご一緒に謎々を解きましょう!
Q214
画像
パトリック・ナーゲル画集 序文/エレナ・G・ミリー、文・ヒュー・ヘフナー他 トレヴィル 1987
2版
\2,400 本体程度A-、表紙カバー程度A-〜B+ \6,000
●日本の木版画に影響を受け、現代女性をクールでセクシー、そしてファッショナブルに表現し爆発的ブームを巻き起こしながら、36歳の若さでこの世を去ったL.A.の天才画家パトリック・ナーゲルのベスト・セラー画集。代表作<サングラス>、デュラン・デュランのアルバム・カバー画他100点余点を収録。
Q116 バスキア ジャン=ミシェル・バスキア(序文・日比野克彦) 角川文庫 1997
初版
\500 程度A \520
●80年代のNYアート・シーンを疾走した天才画家ジャン=ミシェル・バスキア。ストリート・アーティストから時代の寵児となりながら、27歳で夭折した無垢の魂が描き続けた絵を収録したポケット画集。
Q026
画像
黄金期のアメリカン・イラストレーター 津神久三 ブックローン出版 1996
初版
\1,200 程度A(表紙カバー下部微シワ) \2,233
●アメリカのイラストレーションの黄金期と言われる1890年〜1935年に活躍した、ハワード・パイル、フレデリック・レミントン、C.D.ギブソン、マックスフィールド・パリッシュ、H.C.クリスティ、J.C.ライエンデッカー、N.C.ワイエス、J.モンゴメリー・ワイエス、ジョン・ヘルド・ジュニア、ノーマン・ロックウェル、ミゲル・コバルビアスの伝記。
Q049 ヨハネス・イッテン 色彩論 ヨハネス・イッテン/大智浩訳 美術出版社 1989
12版
\1,500 本体程度A-、カバー程度A-〜B(背少色落ち) \3,300
●近代色彩学の偉大な先駆者、バウハウスに参加して色と色彩の基礎的講座を担当したヨハネス・イッテンが、その経験と芸術的直感に基づいて色彩に関する理論を集大成した名著「色彩の芸術」の要約版。色の要因と色彩効果、色の協和、主観的色彩特性、カラー・デザインの理論、12色色環、色彩・色相・明暗・寒暖・補色の対比等を平易に解説。
Q163
画像
ミイラにダンスを踊らせて(メトロポリタン美術館の内幕) トーマス・ホーヴィング/東野雅子訳 白水社 1994
初版
\1,200 程度A \3,200
●沈滞しきっていたメトロポリタン美術館を、全面的な改革によってアメリカ最大の美術館に仕立て上げた元館長が語る興味つきない回想録。館長就任と同時に著者は精力的に寄付を集め、名品を買い入れ、盛大な展覧会を開く。権力闘争とビッグマネーと偉大な美術が混在するショッキングな逸話の数々。
Q033 現代美術事典 中原佑介監修/美術出版編集部 美術出版社 1985
2版
\600 程度A- \1,500
●現代美術史は一面イズムの歴史といってもよいほど、目まぐるしく多様な展開を繰り返してきた。本書は、それらの様々な美術事象、動向、作家、グループ、技法などを簡潔に整理記述。東京、ニューヨーク、パリ、ロンドンなど、現代美術が息づく主要都市の美術ガイドも付記。
Q165 解放の美学(20世紀の画家は何を目ざしたか) 富山妙子 未来社 1980
2版
\1,200 程度B+、カバー天地少シワ \1,800
●目次より、「帝国主義論とダダ宣言」「十月革命・政治と芸術のコミューン」「愛の革命・女の現実参与」「ドイツ十一革命と画家」「ワイマール共和国とバウハウス」「メキシコ革命と壁画運動」「ニュー・ディール美術運動」「反ファシズム芸術戦線」「日中戦争と中国革命」「第三世界から」。
Q174
画像
生と死の美術館 立川昭二 岩波書店 2003
3版
\1,000 程度A- \3,570
●古代ギリシアの彫刻からピカソまで、源氏物語から日本の現代版画まで、西洋と日本のオールカラー50余点の作品を掲げ、各時代・各地域の人々の生・病・老・死を語る。「イエスの集団はまず医療集団だった」江戸時代の歯医者は大道芸人」−意外な事実を含め、筆者は丹念に各作品を読み込んでいく。集大成の1冊。
Q106 20世紀美術(フォーヴィスムからコンセプチュアルアートまで) ニコス・スタンゴス/宝木範義訳 PARCO出版 1985
初版
\900 程度A-、帯(ヤブレ修復済) \2,600
●混沌とした現代美術という集合体を、運動体別に解体し、各々の思想、活動、様式、作品を1980年代の視点で捉えなおしていく。1900年から80年代までを含む、20世紀美術論の決定版。
Q107 行動する画家(印象派よりポップ・アートまで) 東大寺乱 沖積舎 1988
初版
\1,600 程度A-、函 \3,500
●1.印象派、2.新印象派と後期印象派、3.20世紀の開幕、4.野獣派、5.キュビスム、6.ドイツ表現主義、7.エコール・ド・パリ、8.ダダとシュルレアリスム、9.抽象主義、10.第二次大戦後の現代絵画というように10の章立てで書かれた、近代から現代に至るまでの絵画史をわかりやすく論じた書。
Q208 20世紀美術(フォーヴィズムからコンセプチュアル・アートまで) ニコラス・スタンゴス編/宝木範義訳 パルコ出版 1986
2版
\1,000 程度A- \2,600
●マチス、ピカソ、カンディンスキーからローリー・アンダーソンまで、混沌とした集合体、20世紀美術の解体と再生。反伝統への情熱=アバン・ギャルドの試行錯誤を80年代の視点で記述していく同時代的美術史。
Q108 現代美術コテンパン トム・ウルフ/高島平吾訳 晶文社 1987
6版
\600 程度A-(背少ヤケ) \1,262
●絵は誰のために描かれているのか。なんだかよくわからない現代美術って何だ?―ニュージャーナリズムの旗手トム・ウルフが「理論の図解」にしか過ぎなくなってしまった、現代絵画の病根を抉出した才気溢れる痛快レポート。
Q178 モダン・デザイン史(クラフツマンとデザイナー) 若宮信晴 文化出版局 1998
7版
\800 程度A- \2,310
●本書は西洋のモダンデザインがどのような社会的背景の下に芽生えて確立し、展開していったかについて、クラフツマンやデザイナーの作品を取り上げ紹介する。
Q035 デザインの20世紀 柏木博 NHKブックス 1995
5版
\500 程度A- \1,165
●19世紀産業社会が到来するや、デザインを重要なメディアとして人々の生活環境を変革しょうと始まった「近代プロジェクト」。その試みは、イギリスのアーツ・アンド・クラフト運動に始まり、ドイツのバウハウスやロシアのアヴァンギャルド、そしてアメリカのマシン・エイジ等のデザイナーに受け継がれていった。果たして「もののユートピア」の理想と現実とは……。イデオロギー闘争が終焉した今、近代デザインの系譜を捉え直す。
Q209 雑誌「現代思想」8月臨時増刊(荒川修作+マドリン・ギンズ)    青土社 1996
初版
\700 程度A-〜B+ \1,800
●「ARAKAWAの詩学」「科学者とのcollaboration」「ポレミカー、荒川」「Arakawa+Madeline Gins」「肉体の発生」「反転とは何か?内在/場所/超越論的経験論」「建築とは何か?」「ARAKAWAとは誰か?」。
Q204
画像
ヨシダ・ヨシエ全仕事 ヨシダ・ヨシエ 芸術書院 2006
初版
\1,600 程度A \3,990
●文明への告発、すなわち地球を成立させている環境が破壊され、すべての生命体を危機におとし入れるであろうことへの警告を評論の根幹として、戦争、国家、エロスなど、対象範囲が多岐にわたる文章を多数収録する。アート・ファン必読!ヨシダ・ヨシエが現代芸術の構造のすべてを明らかにする。
Q219 ペーター佐藤作品集ポートフォリア ペーター佐藤 玄光社MOOK 1987
初版
\1,000 程度A- \2,800
●ペーター佐藤のポートフォリア作品集。
Q151 バロック論 E・ドールス/成瀬駒男訳 筑摩叢書 1985
5版
\600 程度A- \1,400
●目次より、「折々に記す(チュリゲラ、《野蛮人》、謝肉祭と四旬節他)」、「ロビンソンからゴーギャンまで(遥かなるもの、ロビンソン、ルソー等)」、「岩山の世捨人(一人の《女ロビンソン》、一人の禁欲的ロビンソン他)」、「ボンティーニにおけるバロック論争(解剖学と歴史、《アイオーン》、バロック他)」、「旅(ポルトガル芸術、プサン、クロード・ロラン、ヴァドー他)」。
Q153 [新装改訂版]幻想絵画論 滝口修造 せりか書房 1972
初版
\1,800 程度A-(裏表紙値札剥がし痕微)、ビニールカバー、函 \1,500
●取り上げる画家は、ボッス、グリューネウァルト、コジモ、ラ・トゥール、ルドン、ゴーギャン、アンソール、ムンク、スーティン、クレー、エルンスト、デュシャンの12人。なお、新潮社版から改訂は固有名詞の表記等の訂正やデュシャンの章での加筆訂正など最低限に留める(著者あとがきより)。
Q154
画像
新編 表象の迷宮(マニエリスムからモダニズムヘ) 谷川渥 ありな書房 1995
初版
\1,600 程度A-、帯(微ヤブレ) \3,800
●アルチンボルドからクレリチヘ。<芸術と驚異の部屋>をくぐり、<幻想模様>の表象空間を彷徨う<視>と<知>の冒険の旅へ誘う。
Q155
画像
ロボット・アヴァンギャルド(20世紀芸術と機械) 山口勝弘 PARCO出版 1985
初版
\1,500 程度A-(背微ヤケ)。5頁分に各1行から1ワードほどの線引きあり \2,000
●人間と機械系としてのロボットを軸に20世紀技術文明とアートの地平を探る。目次より、「T.人間の機械化とロボットシアター」「U.環境機械とキネティック・アート」「V.アート・アンド・テクノロジー/作家と作品」「W.環境のロボット化へ」「X.環境の芸術/芸術の環境」「Y.パフォーマンス」。
Q156 グロッタの画家 東野芳明 美術出版社 1976
5版
\1,200 程度B+(裏表紙値札剥がし痕少)、函(微イタミ) \1,900
●目次より、「ボュシュの逆説」「聖グリュネヴルトの誘惑」「ゴヤの韜晦」「マックス・エルンストと怪鳥ロプロプ」「ルドンの眼玉」「自由の騎士ーパウル・クレー」「サルヴァドル・ダリの食肉主義」「ガウディー未来の廃墟」「白昼の喜劇ー伎楽団」「魔の笑ー地獄草紙」「器怪とナンセンスー百鬼夜行絵巻」「グロッタとグロテスク」。著者初の評論集。
Q129 天使のワードロープ(LADY’S BOOKS)(WONDER BOOKSC) 荒俣宏編 みき書房 1995
初版
\700 程度A、バーゲン品 \2,000
●ファッションをテーマにした作品集。19世紀から20世紀にかけてパリで花開いた、優美なモード・デザインの世界の傑作イラストレーションを紹介。
Q132
画像
中国山水画の誕生 マイケル・サリヴァン/中野美代子・杉野目康子訳 青土社 1995
初版
\1,500 程度A- \4,900
●中国の山水画は、岩や木、あるいは山や川ということ言葉を通して語られた、中国人の人生観そのものにほかならない。悠久の風景を写し、時代を超えて人々を魅了する山水画。その漠々たる魅力の本質を語る。
Q112 光の死[SD叢書] H・ゼーデルマイヤ/森洋子訳 鹿島出版会 1976
初版
\600 程度B+、函(少カスレ) \980
●近代芸術論を収めた評論集。目次より、「光の死」、「スレアリスムとシュールレアリスムまたはブルトンとプロティノスについて」、「キルケゴールによるピカソ論」、「偉大な写実と偉大な抽象」、「絵画はどこまで芸術であるか」、「技術時代の危険と希望」「デミウルゴス時代の芸術(1760〜1960年)」、「象徴的絵画」。
Q056 記号と反抗 塚原史 人文書院 1998
初版
\1,200 程度A-、帯 \2,300
●20世紀初頭、奇しくも同年に出た「ダダ宣言」と「一般言語学講義」は記号そのものの自立を説くことにおいて共通していた。シニフィアンの浮遊ー20世紀の文化の諸相は一度は全体主義に回収されながらもこの傾向を強め、’68年の叛乱とその後の「大きな物語」の喪失の時代にことは決定的になった…(中略)、本書は20世紀文化の流れを<意味から記号へ>のシフトと捉え、21世紀の行方を見据える意欲的かつ斬新な20世紀文化地図である。
Q047 東京観音 荒木経惟+杉浦日向子 筑摩書房 1998
初版
\900 程度A- \2,200
●観音さまをさがして、日向子さんとの道行き。楽しかったなあー。東京っていうのは、非日常の空間がいっぱいある。皇居とか空地とか、夜になるとまっ黒な穴になるところ。そんなのが、東京のどまんなかとか、ちょっとその横丁を曲がったとことかに、平気であるんだよ。漢音さまもそうだったねー。単なる現世を超えた異世界とかが、歩いていると突如ポーン、ってそこにあるんだよ。そこを猫が一瞬通り過ぎたり、日向子さんが横切ったりするだけで、余計その場所が異空間、あの世になる。不思議だねえ。(本文より)
Q196 荒木経惟文学全集1 東京情事 荒木経惟 平凡社 1998
初版
\800 程度A-、帯 \1,890
●純写真から純文学へ全8巻のダジャレアリズム。創刊!平成の戯作者アラーキーの艶笑世界。
Q097 宮沢賢治の「夜」(フォトミュゼ) 文・宮沢賢治/写真・畑沢基由 新潮社 1995
初版
\700 程度A- \1,800
●美しいほどに華やかで、怖いくらい不思議な、賢治の「夜」。「祭の晩」「よだかの星」「月夜のでんしんばしら」「月夜のけだもの」の童話4編に幻想的なカラー写真を組み合わせて贈る写真絵本。
Q215 IZIS(イジス写真集2/少年の日々)    A TREVILLE BOOK 1989
初版
\700 程度A- \1,700
●誰もが心の中に秘められている過ぎ去りし少年の日々。毎日が驚きに満ち冒険の連続だったあの頃。イジスの優しい視線が、街をかけ動物たちと戯れサーカスや遊園地に遊ぶ子どもたちを詩的にとらえる。
Q121 わがままいっぱい名取洋之助 三神真彦 ちくま文庫 1992
初版
\600 程度A- \1,000
●名門の家庭に生れた洋之助は、小学四、五年生の頃はじめて会った若く美しい叔母に花束を捧げて周囲を驚かせ、中学五年生にして待合から学校に通う早熟な不良少年だった。学校を卒業できる見込みはなく、十七歳の時ベルリンに留学する。そこでカメラに自らの才能を発見することになる。こうして彼の破天荒の人生の幕があける……。
Q216 ロベート・ドアノー(イコン・シリーズ) ジャン=クロード・ゴートラン タッシェン・ジャパン 2003
初版
\700 程度A \1,575
●「ありふれた状況下の普通の人びとの普通の振る舞い」をとらえ続けたロベール・ドアノー。シンプルな写真として永遠に定着させた出来事により切り取られた多くの瞬間。詩的情感とユーモアのこもった写真集。英文仏文併記。
Q198 1920’s The Hulton Getty Picture Collection Nick Yapp KONEMANN 1998
初版
\1,300 程度A -
●The Hultonn Getty Picture Collectionから1920年代を扱った写真集。(英語、日本語、中国語の3ヵ国語版)
Q199 1930’s The Hulton Getty Picture Collection Nick Yapp KONEMANN 1998
初版
\1,300 程度A -
●The Hultonn Getty Picture Collectionから1930年代を扱った写真集。(英語、日本語、中国語の3ヵ国語版)
Q200 1940’s The Hulton Getty Picture Collection Nick Yapp KONEMANN 1998
初版
\1,300 程度A -
●The Hultonn Getty Picture Collectionから1940年代を扱った写真集。(英語、日本語、中国語の3ヵ国語版)
Q202 1960’s The Hulton Getty Picture Collection Nick Yapp KONEMANN 1998
初版
\1,300 程度A -
●The Hultonn Getty Picture Collectionから1960年代を扱った写真集。(英語、日本語、中国語の3ヵ国語版)
Q203 1970’s The Hulton Getty Picture Collection Nick Yapp KONEMANN 1998
初版
\1,300 程度A -
●The Hultonn Getty Picture Collectionから1970年代を扱った写真集。(英語、日本語、中国語の3ヵ国語版)
Q179 雑誌「太陽」特集100NUDES(100人の写真家による裸体と肉体の150年)(創刊28周年記念特集号、1991年7月号)    平凡社 1991
初版
\600 程度A-〜B+ \1,200
●特集「100人の写真家による裸体と肉体の150年(構成/飯沢耕太郎・笠原美智子・金子隆一・松本徳彦)」。「『存在と時間』か『存在と空間』かーヌード写真のために(栗本慎一郎)」「ヌードの時間の終焉ーフェミニズムとヌード写真(笠原美智子)」「死体と裸体と動物園(井上章一)」「ヌードの誘惑(植島啓司)」他。
Q180 雑誌「芸術新潮」特集性表現の50年史(1994年2月号)    新潮社 1994
初版
\600 程度A \1,200
●特集「性表現50年史(構成・伴田良輔)」―“性”をいかに表現するか?―その座標軸が大きく揺れ動いている今、さまざまなアーティストたちによる記念碑的作品を辿り、性表現50年の歴史をここに総括する。
Q023 不思議な建築(甦ったガウディ) 下村純一 講談社現代新書 1986
初版
\400 程度A- \600
●天空に向かって螺旋を巻き続けるサグラダ・ファミリア、聖母マリアの子宮のように人々を包み込むコロニア・グエル…。植物の蔓のように丘陵に延び拡がる地下鉄、ゆるやかに波打ち、フワリと膨らむ壁や窓…。アントニア・ガウディの作品を幹に、ヨーロッパ各地に梢を繁らせる、生命ある建築の不思議な魅力を、豊富な写真で物語る。
Q147 雑誌「ユリイカ」(特集ーガウディ、1982年1月号)    青土社 1982
初版
\500 本体程度B+カバー程度B \780
●主な執筆者―飯島耕一、澁沢孝輔、岩成達也、正津勉、白石かずこ、対話<現代建築と聖なるもの>白井晟一/栗田勇、原広司、飯沢匡、神吉敬三、樺山紘一、磯田光一、饗庭孝男、司修、奥野健男、朝倉摂、堀越孝一他。
A215 ミース・ファン・デル・ローエ(SD選書) D・スペース/平野哲行訳 鹿島出版会 1988
初版
\600 程度A-、函 \1,545
●20世紀モダニズムの建築の巨匠、ミースの建築家としての歩み、人、作品と理論を、同時代の社会との関連づけに重点をおいて考察する。ミースの建築哲学と建築形態の考え方を学ぶ上で、もっとも優れた入門書といえる。
Q142
画像
テクノロジカルなシーン(20世紀建築とテクノロジー) 八束はじめ INAX 1991
初版
\900 本体程度A-、カバー程度B、帯 \2,000
●クリスタル・パレスからスカイスクレーパー、未来派、メカノモルフィスムを経て、電子テクノロジーの被膜に覆われた新世紀末へと至る20世紀建築の軌跡を13のレイヤーによって透視、建築とテクノロジーの錯綜した物語を鮮やかに切開する。
Q143 雑誌「ユリイカ」(臨時増刊ー総特集 ル・コルビュジエ) 多木浩二・八束はじめ共同責任編集 青土社 1999
11版
\900 程度A \1,575
●目次より、「ル・コルビュジエとその時代」「総論」「オブセッション」「モデュール」「都市計画」「ヘルメティズム ミトロジー―絵画・建築・詩」「オリジナル・テクスト」「ル・コルボュジエ再考」「エロティシズム」「パトロネージュ」「ル・コルジュジエを継承する」他。
Q144 小さな家 ル・コルビュジエ/森田一敏訳 集文社 1995
6版
\500 程度A- \1,236
●近代建築史上における彼の地位を不動のものにした作品、1928〜31年のポワッシーのサヴォワ邸に結実するシトロエンに始まる1920年代の、いわゆる“白の時代”の作品系列に属する小住宅ー隠居する彼の“両親の家”を扱う。80頁足らずの小冊子であるが、彼自身の執筆による最適なル・コルビュジエの入門書とも読める(著者あとがきより)。
Q148
画像
アール・デコの摩天楼(SDライブラリー@) 小林克弘 鹿島出版会 1990
初版
\1,800 程度A-、函、帯 \3,502
●1920〜30年代のニューヨークの摩天楼を分析し、アール・デコの摩天楼のデザインとはどんなものか、またアール・デコの時代とはどんな時代であったかを、今日的問題にひきつけて詳細にかつ興味深く紹介する。
Q149 摩天楼(アメリカの夢の尖塔) ポール・ゴールドバーガー/渡辺武信訳 鹿島出版会 1988
2版
\1,000 程度B+(裏表紙見返し値札剥がす跡微)、※注:下記参照 \2,900
●「摩天楼の歴史を建設技術の発展史の業績の歴史としてではなく、建物を生み出した社会の、あるいは都市の歴史の一環としてとらえ、次々と登場してくてくる建物が街の人々のどのように受け取られたか、また現在どのように思われているか、を記録しようと努めている(訳者あとがきより)」。※(注)使用感はほとんどありませんが、本体紙面、天地小口から内側へ平均約5〜10ミリに渡り微ヤケ、気になるものではありませんが)
Q145 錯乱のニューヨーク レム・コールハース/鈴木圭介訳 ちくま学芸文庫 1999
初版
\700 程度A、帯 \1,575
●過剰な建築的欲望が作り出したニューヨーク/マンハッタンを総合的・批判的にとらえる伝説の名著。
Q052 宇野亜喜良全エッセイ 薔薇の記憶 宇野亜喜良 東京書籍 2000
初版
\700 程度A- \1,785
●イラストレーター宇野亜喜良が約33年間にわたって書いた文章を集めたエッセイ集。
Q164 まんがのカンヅメ(手塚治虫とトキワ荘の仲間たち) 丸山昭 ほるぷ出版 1993
初版
\500 程度A- \1,300
●戦後の初期まんがブームをみごとに演出した裏方(編集者)からの唯一、初めてのインサイド・レポート。
Q063 まぼろしの戦争漫画の世界 秋山正美編著 夏目書房 1998
初版
\600 程度A-、帯 \1,800
●1930年代戦争と共に突如現われ、終戦と共にまぼろしのように消えていった戦争漫画の評論。登場する漫画家たち、笹本金次/大城のぼる/吉本三平/岡朔朗/田河水泡/阪本牙城/林田正/新関青花/芳賀まさを/井上一雄/倉金良行/うがひののの/湯浅粂策/謝花凡太郎/大槻さだを/弓田宇左/小林カツ久/センバ太郎/河島浪夫/澤井一三郎/山川哲/佐次たかし/うがひまもる/小川哲男/原一司/山川惣次/横井福次郎/奈加志馬三郎。
Q220 喝采 SHIBUYAから BUNKAMURA編 文化出版局 2009
初版
\700 程度A-、函 \1,680
●渋谷の地に文化発信の場所を築いて20周年を迎えたBunkamura。構想5年の後、オープンにこぎつけるまでの歩みと、施設の思想と特性を、かかわった人々の心の交流を交えながら紹介。

■ぱらぶら屋書店目録
▲新着本&再入荷紹介
▲トリスタン・ツァラとダダ
▲アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム
▲コクトー/アポリネール/ジャリ/ルーセル
▲アルトー/クノー/アラゴン/ドーマル
▲マルセル・デュシャン/マン・レイ/ブラッサイ
▲ロシア・アヴァンギャルド/ドイツ表現主義/バウハウス
▲1920年代、30年代文化
▲1920、30年代を彩った女性たち(モダンガールズ)
▲世紀末とベル・エポック
▲寺山修司&天井桟敷  ▲唐十郎&状況劇場 (日本の演劇)
▲つかこうへい  ▲野田秀樹  ▲鴻上尚史 (日本の演劇)
▲竹内銃一郎/岡部耕大/山崎哲/川村毅 (日本の演劇)
▲渡辺えり子/如月小春/岸田理生/劇団「青い鳥」 (日本の演劇) 
▲北村想/高取英/小松杏里 (日本の演劇)
▲別役実/清水邦夫(日本の演劇)
▲斉藤憐・串田和美/岩松了 (日本の演劇)
▲井上ひさし/筒井康隆(日本の演劇)
▲松尾スズキ/宮藤官九郎/中島かずき「劇団☆新感線」 (日本の演劇)
宮沢章夫/平田オリザ (日本の演劇)
▲成井豊とキャラメルボックス/横内謙介/高橋いさを (日本の演劇)
▲永井愛/高泉淳子/飯島早苗(自転車キンクリート)/柳美里 (日本の演劇)
▲坂手洋二/鐘下辰男/大橋泰彦/鈴江俊郎 (日本の演劇)
古城十忍/和田憲明/砂本量―/マキノノゾミ (日本の演劇) 
▲日本の演劇(劇作家別あ〜か行)
▲日本の演劇(劇作家別さ〜た行)
▲日本の演劇(劇作家別な〜は行)
▲日本の演劇(劇作家別ま〜わ行)
▲日本の演劇(演劇評論・教本/俳優自伝/雑誌・ムック/ミュージカル/その他)
▲外国の演劇/ダンス(外国編)
▲幻想・奇想・異端・エロス
▲海野弘
▲日本人著作(ノンフィクション・フィクション・エッセイ他)
▲アメリカ・イギリス文学その他の国々の文学及びSF・ノンフィクション等
▲フランス文学
▲ドイツ(オーストリア)/チェコ/東欧文学
▲ラテンアメリカ/スペイン/ポルトガル文学
▲イタリア/ロシア/ギリシア/アフリカ文学
▲映画・舞台芸能/テレビ・音楽等
▲美術・写真・ファッション・建築・広告・マンガ等


・購入方法のお知らせはこちらから


・ご注文・お問い合わせメールはこちらから


トップページへ戻る